2017/02/14 Tue
wataqoo

何度か呟いているが僕が最も好きな画家はエゴン・シーレ。自らの生を削って打ち込まれるように描かれた線。暗く陰鬱でさえあるのに熱い情熱を感じる色。大胆かつ本能的な構図。『死と乙女』をウィーンで見た時は、衝撃で動けなかった。映画、見たい。https://t.co/VXjeNdn3wq
02-13 22:42

関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する