2017/02/02 Thu
wataqoo

伊東潤さんの『走狗』を読んだ。日本警察の父、川路利良の余りにも人間臭い人生を通して、幕末から明治草創期の激動が描かれる。病みあがりなのに夢中になって読んでしまい「治す気があるのか!」と妻に怒られても、やめられない筆致はさすがの一言… https://t.co/nC449n2ewc
02-01 23:56

関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する