2013/12/23 Mon
wataqoo

今回の今日と旅行では3つの珈琲店に伺いました。六曜社さん(地下の方)、Elephant Factory coffeeさん、そして喫茶葦島さん。場所は全部三条に固まっています。珈琲の旨さでは断トツ六曜社さんが好みでした。圧倒的。インドとブレンドの豆も購入。噂のドーナツも絶品でした。
12-22 01:58

エレファントさんは、HARIOで淹れられてたのが残念。折角の深煎りの苦味とコクが、HARIOの場合薄まってしまう。KONOならもっと活かせると思うけど、好みの問題ですかね。喫茶葦島さんは雰囲気が最高。今まで訪れたすべてのカフェの中でも3本の指に入る居心地の良さ。ただ珈琲は…残念…
12-22 02:01

喫茶葦島さんの抽出はカリタ。今どき自家焙煎店では珍しいです。期待して頂いたブラジルのパンタノという一杯。ボディーも弱く酸や甘みも無く、もちろんコクもなく、すっかすかでした…お湯で薄めたかのような印象。好みと言ってしまえばそれまでですが、恐らく抽出というより焙煎自体の問題でしょう。
12-22 02:12

「京都の人は薄めの珈琲が好きなのかな?」と妻に言ったら「そうじゃなかったら『ちゃーひー』なんて生まれないでしょ?」と返され、妙に納得しました。あっでも喫茶葦島さん、妻が頂いたジンジャーエールは、自家製と思われるシロップが個性豊かに主張して喉越し良く、非常に美味しゅうございました。
12-22 02:17

関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する