2015/05/05 Tue
wataqoo

ホキ美術館の売店には絵ハガキがたくさんありました。額入りのポスターも。でもここの絵は本当に細かいので、写真や映像におさめると見分けがつかなくなります。髪の毛の線の細さや曲線、白い絵の具の盛り上がりで表現される光の美しさなど、実は写実絵画こそ生で見る価値があると、今日実感しました。
05-04 00:04

圧倒的な作品群の中でもとりわけ僕が惹きこまれて動けなくなったのは原雅幸さんの『モンテプルチアーノ』という風景画。重く立ち込める雲、垣間見える青空と射し込む光。荘厳で神秘的、観る者に風さえ感じさせる世界観。これを人が描いた!?思わず涙… http://t.co/ZucrJEMfUC
05-04 00:12

そして建築。ホキ美術館の建物自体、日本にあることが信じられません。だって建物の先端が30mも宙に浮いているの!この地震大国で!建築好きには堪らないのでは?しかもデザインだけでなく中の導線も機能的かつ美しいの。天井は星のようなLEDがきらめき、トイレまで統一されてる。感動的でした。
05-04 00:19

関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する