2012/12/14 Fri
貴重な平日休み、
若松河田のナーガルジュナさんまで
ランチに伺ってきました。

大通りから少し入り、
病院の間を抜ける坂を下り、
住宅街に入るか入らないかという境界線に
お店はありました。

こんな不利な場所にありながら
口コミで人気が拡がるのですから、
期待が膨らみます。




内装は80年台に流行った喫茶店のようにも感じられます。

壁や床の色はファンシーで明るいのですが、
照明が暗いので不思議な雰囲気。

Aコース1,600円を蟹のカレーでオーダー。

程なくしてまずはサラダが供されます。




ブルーチーズの風味を微かに感じる濃厚なドレッシング。

もう少し酸味が欲しいなと思ったら、
新鮮なグレープフルーツがあって、
ばっちりバランスをとってくれました。

続いてタマネギのスープ。




これが絶品!

タマネギの自然な甘みがミルクに溶けこみ、
振られたブラックペッパーが味を全体をキュッと引き締めていて、
思わず笑顔になる幸せな味でした。

当然、メインのカレーを待ちわびて、胸が高鳴ります。

そして来ました、蟹のカレー!




ソフトシェルの蟹とのことでしたので、
全部殻ごと食べられるのかと思っていたのですが、

「こちら蟹の殻を入れて下さい」

とお皿を出されたので、
そのまま食べられそうなのとそうでないのとを、
分けつつ食べることになりました。

結果、ほとんどの蟹は殻ごと食べられて、
噛めば噛むほど旨味がジュワと染み出し、
美味しく頂くことが出来ました。

ご飯も、玄米が混ざることで食感に立体感が出て、
固めのライスが好きな僕には、好みの硬さで美味でした。

ただ、もちろんカレー自体にも蟹の風味やダシが出ているのですが、
正直、カレーだけだと物足りなかったです。

蟹を殻ごと一緒に食べて初めて、
満足できる味になります。

最後、シナモンとカルダモンの効いたホットチャイはともかく、
デザートのベイクドチーズケーキ(柚子のアチャール付き)の
レベルの高さに驚きました。




インド料理屋さんのデザートとは思えないクオリティで、
程よい甘さのチャイとベストマッチ!

とても美味しゅうございました。

うぅ、最終的な評価が難しいです。

接客は素晴らしく、気持ちが良いです。

ピクルスは、甘い方、辛い方、
どちらも複雑な苦味を感じます。

僕は苦味の世界も大好きなので、
この新しい苦味の境地にビックリ!

奥深い素敵な逸品でした。

サラダもデザートもとても美味しかった!

ただ、一番美味しいと思ったのがタマネギのスープ。

カレーは期待し過ぎたのか、はたまたチョイスを間違えたのか、
インドカレーのめくるめくスパイスの世界を感じることは、
残念ながら出来ませんでした。

ですので、正直に、素直に、
1,600円は高いと思いました。

カレー屋さんだから、カレーこそ素晴らしくあって欲しい。
カレーで唸らせて、昇天させて欲しい!

期待を込めて、次は別のカレーを頂いてみたいと思います。

ご馳走様でした★

ナーガルジュナインドカレー / 若松河田駅曙橋駅牛込柳町駅

昼総合点★★★☆☆ 3.0

関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック