2012/11/24 Sat
先日伺った吉祥寺の珈琲店・海豚屋(いるかや)さん。

完全予約制で、
予約をしていない場合は、
伺う15分前には必ず電話で連絡を入れないといけません。

携帯電話は店内では見られませんし、
1時間に最低1杯はオーダーしないといけません。

店内はもちろん、店外も撮影禁止なので、
写真はありません。

だから予約の電話をした時も、
ドアを開ける時も、緊張しました。

でもドアを開けたら、
そこには優しいマスターの笑顔があり、
穏やかでゆるやかで、居心地の良い空間がありました。

36gの豆から30cc。

フレンチを突き抜けてイタリアンにまで深く煎られた豆から
ネルでじっくり点てられる珈琲は、
ランブルさん、大坊さん、北山珈琲店など、
正統派の系統。

きっとこうした珈琲は日本でしか飲むことが出来ないから、
僕はこれこそが、日本の正統派だと思うのです。

「エクアドルに大好きな農園がありまして、
でもその豆だけだとどうしても出したい味にはならないので、
モカやマンデリンをブレンドしているんです」

旨い。

作り手の矜持を感じることが出来る珈琲には、
安心して身を任せることが出来ます。



「東京には良い珈琲屋さんがたくさんあります。
そこには多くの常連さんがいて、毎日珈琲を楽しんでいる。
そうした姿を見て、『毎日飲める珈琲ではかなわないな』、
そう素直に思ったんです」

カウンター4席、デミタスとアレンジ珈琲のみという営業スタイル。

それで続けていける、
多くの常連さんに愛されていることの凄さに感嘆した僕に、
マスターが語ってくれました。

「だったら毎日飲めない珈琲、
でも月に1度は飲みたくなるような珈琲を追求してやろうと思って、
今のやり方に踏み切ったんです」

お店も珈琲もマスターの自己表現だとすれば、
当然、それが合う人もいれば合わない人もいます。

色んなお店があっていい。
色んな珈琲があっていい。
色んな考え方があっていい。

そこにPhilosophy(揺るがぬ信念・哲学)があれば、
誰が何と言おうと、格好いいんです。

とても勉強になりました!

美味しい珈琲を、
ご馳走様でした★

関連記事
comment
#
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/05(金) 11:04:54 | | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する