2012/11/17 Sat
シェ・イノの存在はさすがに知っていました。

先日、平日休みの日にどこかでランチを楽しみたいと思い、
「予約をとるのは難しいだろうなぁ」と思ったら、
ネット経由ですぐ予約することが出来ました。



京橋の大通り沿いにある店構えは、さすがの重厚感。

今回は4,800円くらいのランチコースを頂きました。



前菜、僕は牛喉肉のサラダを選択。

鴨肉やフォアグラも載っていて、
酸味が爽やかなドレッシングと一緒に口に含むと、
カリッと焼かれた喉肉の食感も相まって納得の美味しさ。



彼女が選んだ魚肉と牛肉のテリーヌも、
口に入れた瞬間とあとに残る味に変化があって、
奥深い味わい。

特に魚肉の方が美味しかった〜。



メインは、僕がホーボーのソテーを選択。

サフランがしっかり効いて、
魚肉はプリプリで新鮮。

非常に丁寧な仕事です。



そして今回のwataqoo的ベスト、
思わず瞳孔が開いて口角がグッと上がり、
「美味しい!」と叫んでしまったのがこの逸品、
彼女がチョイスしたメイン、仔牛のカツレツでした。

この赤ワインのソースが、もう何というか、
究極に幸せでした。

舌にこのソースが載っている、
いや触れているだけで、
恍惚のアドレナリンが脳内を駆け巡るんです。

フレンチといえばソース!

だとすればこのソースこそ、
まさしくフレンチ!!

あぁ、また食べたい…

中毒性のある麻薬的な旨さでした。



デザートとカフェを堪能してお店を後に。

僕はフレンチに、サプライズを求めます。

シェ・イノさんには、
「こんなの初めて!」的なサプライズは、正直ありませんでした。

ただ、今までにも食べたことがある味なのに、
こんなにも美味しい!というサプライズに溢れていました。

本当の実力者であればこそ、基礎や基本を大切にするもの。

まさにフレンチの横綱。
揺るがない強固な土台を実感したランチとなりました。

ご馳走様でした★

シェ・イノフレンチ / 京橋駅宝町駅銀座一丁目駅

昼総合点★★★★ 4.5

関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する