2012/11/03 Sat
忘れないうちに備忘録、残しておきます。

バリ島に行くのは僕が3回目、彼女は4回目です。

10月19日、仕事を終えて帰宅後、
着替えて羽田空港国際線ターミナルへ。

今回はバリ王のツアーを利用。

何よりもホテルやヴィラを自由に選べるのが魅力でした。

今年の春からガルーダ・インドネシア航空が羽田空港からも飛ぶようになり、
行きは羽田の深夜便を利用します。

日付が変わってからの出発。

時差は1時間。
バリの7時は日本の8時。
当然時差ボケがないのも大きな魅力。

朝にバリに着きますが、かなり早い時間に起こされるので、
ほとんど寝られませんでした。

前回6年前に来た時にはデンパサール国際空港でしたが、
今はングラライ国際空港という名前だそうです(ングラライは独立戦争の英雄)。

入国審査の前に窓口に25ドルを支払い、VISAをもらいます。
日本から25USドルを用意しておきましょう。

空港職員が法外なチップを得る為にスーツケースを勝手に運ぼうとするのと、
「両替はこっちこっち」とワラワラ手を振ってくるところは相変わらず。

レートはどの両替所も一緒なので、当面必要なお金を両替します。

インドネシア・ルピアは、
日本円に0を2桁足したくらいの金額になります。

大きな金額は町中では嫌がられますし、お釣りがないことも多いので、
出来るだけ細かくしてもらうと、お札がかなりの厚さになります。

お金持ちになった気分になるところも、変わらないなぁ。

ジメッとした熱帯の湿度と灼熱の太陽が朝から照りつけるなか、
迎えの車に乗り込んで宿に連れて行ってもらいます。

今回の宿は、クロボカンにある、
ディシニ ラグジュアリー スパ ヴィラス( Disini Luxury Spa Villas )。

荷物を預かってもらい、散歩に出ます。

「レンタサイクル使いますか?」

とペラペラの日本語で言われたので、
マウンテンバイクを借りて行くことにしたのですが、
狭い道路を大量の車とスクーターが行き交う上に、
道もガタガタでとても自転車で優雅に走れる状態ではなかったため、
すぐに戻って自転車を返却し、歩くことにしました。



大量のバイクに対応する為、
そこら中でビン詰めのガソリンを売っています。

インドネシアは産油国というイメージがあったのですが、
実際は1リットル100円くらいとのことですので、
日用品の物価を考えると、かなり庶民にとってガソリンは高価。



この時点で時間は朝の9時半くらいでしたが、
小腹が減ったので、「カフェ・ズッキーニ(Cafe Zucchini)」に入り、
パンケーキを食べました。

周りはオージーだらけ。

彼女と2人分のドリンクと食事で1,600円くらいしたので、
バリにしてはいきなり割高な食事となりました。

味も、う〜ん。

クロボカンの辺りはかなり物価が高いです。



アートを売るお店もかなり増えてますね。



スミニャックの方に向かって歩くと、
ハンモックの専門店がありました。



バリではお盆の時期だったようで、
メイン通りに手作りの飾り付けがされています。

毎日お祭りも行われていて、
後からタクシーの運転手さんに教えてもらったのですが、
10月は結婚式のベストシーズンなのだそう。

お祭りと思っていたのも、どうやら結婚式とのことでした。



スミニャックのビンタンスーパーマーケットでお買い物。

6年前は2階が土産物屋でしたが、
今回は文具売り場になっていました。

照明がやたら暗いのは相変わらず。



お寺の入口に虎が。



お昼は、スミニャック通りからアビマニュ通りを曲がって少し先にある
ワルン・ミンピにて。

彼女はミーゴレンを、



僕はナシゴレンをチョイス。

かなり濃い目の味つけでしたが、美味しかった!
ボリュームも満点でお腹いっぱい!

ここは飲み物と2人分の食事で1,000円くらいでした。

周りはやはりオージーばかりだったので、
観光客向けのワルン(食堂)なのかもしれません。



さすが赤道直下に近いだけあり、
昼間のバリの太陽は凄まじく強烈。

炎天下の散歩はかなり体力を消耗します。

この日はタクシーを使わず終始歩いたので、
汗だくになってヴィラに戻り、ようやく14時にチェックイン出来ました。

充分な大きさのプライベート・プール。

あぁ、バリに来たんだ。



開放的なヴィラでウェルカムドリンクの良く冷えたレモングラスティーを頂き、
冷たいおしぼりで汗を拭き、バトラーがいなくなったら、
もうそこは僕らだけの空間。

鳥の声と水が流れる音がするだけの静かな空間で、
のんびりプールで泳いだり、ソファーで本を読みながらゴロゴロして過ごしました。

何もせず、どこにも行かず、
日がな一日、ヴィラでのんびりする。

一番の贅沢です。



バスルームは完全な室内にあり、
洗面もバスタブの左右に1つずつあるので、
僕と彼女、それぞれの専用にしました。



ベッドは天蓋付き。

これがしっかり蚊帳になるので、
蚊対策も万全です。

何より天井が高いのが嬉しい!



夜は贅沢にルームサービスにしちゃいました。

ナシチャンプル(ご飯の周りにインドネシアの各種おかず)に、



ガドガド(インドネシア風サラダ)に、



グリーンカレー(かなりココナッツが効いてミルキー)。

カレーは美味しかったのですが、
ナシチャンプルとガドガドは、もう一歩!

さすがにルームサービスは割高で、
全部で3,000円ほどかかりました。

部屋付、チェックアウト時の後精算です。

この日は食後、早めに休みました。

明日の予定ですか?

何も決めていません。

だってここはバリ島で、
ヴィラで、現地7日間あるんですから。

のんびり、のんびりするのが目的です。
関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する