2012/06/26 Tue
コーノ式珈琲塾が行われる珈琲サイフォン株式会社の傍で、
昼の休憩時間にランチを摂れるお店を探していた時、
忽然と現れたのがこのお店、
リストランティーノ ラ ブォナ フォルケッタ( LA BUONA FORCHETTA )さんです。

半地下の入り口を除くと、
なんだかとても雰囲気が良くてセンスを感じる、
でも少し高そうだなと思って入口のメニューを見ていると、
上品な顔立ちのイケメン君が

「いらっしゃいませ、どうぞ」

と呼び込み。

お店の感じからすると手頃なお値段でしたので、
お邪魔することにしました。

パスタランチのAコース(1,200円)を注文。

珈琲塾の昼休憩は1時間ですが、
場所はすぐそこ、コース内容も前菜とパスタとドリンクのみ。

充分余裕があるだろうと見込んでの選択でした。

photo_org (3)_R

まず前菜ですが、最初の前菜が出てきたのが15分すぎ。

ハムのサラダと自家製パン。

どちらも期待を超える美味しさ!
このお店、かなりアタリなのでは!?

photo_org (2)_R

続いて別の前菜が2皿。

鶏レバーペーストを載せた、塩を使っていない自家製パンと、
冷製カポナータ。

これがまた絶品!

特にカポナータは、
優しい味わいながらしっかり野菜の旨味が引き出されていて、
野菜が大好きな僕にとっては、
小さな前菜としてではなく、ボウルで食べたいくらい好みでした。

この時点でお店への期待が確信に。

しかし、この段階で30分を過ぎています。

「休憩時間に間に合わないかもしれない...」

かなり焦ってきました。

photo_org (1)_R

結局パスタが供されたのは、
50分を過ぎた頃。

急いでかきこみます。



特にカジキとケッパーの入った自家製タリアテッレは、
イタリアンでは初めての食感で、
誤解を恐れずに言えばチキンラーメンのような麺。

トマトの酸味が隠し味のように全体のバランスをとっていて、
イタリアンパセリの苦味も渾然一体、絶妙の美味しさでした。

あぁ、でもそれをゆっくり楽しめない辛さ。

そんななかでも、
思わず笑顔になるほど美味しかったんです。

前菜も小さいながら種類が多く出てきて、
お得感もありました。

まだお若いだろうシェフの腕とこれからのポテンシャルを、
ヒシヒシと感じました。

ホールのイケメン君の、一生懸命な真摯さも、
心地良い接客でした。

それでも、あのメニューでパスタが出てくるまで50分は、
時間がかかり過ぎだと思うんです。

いや、もっと時間のある時に伺うべきだったのかもしれません。

シシリアンルージュとフレッシュバジルのトマトソースのスパゲッティーニを
少し残してしまったのは、純粋に時間が無かったからなのです…

次はゆったり、
イタリアンタイムを楽しむ余裕のある時に、
再訪したいと思います。

ご馳走様でした★

リストランティーノラブォナフォルケッタイタリアン / 千石駅巣鴨駅駒込駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する