2012/06/26 Tue
駒込の百塔珈琲さんには、いつか行ってみたいと、
常々思っておりました。

ただなかなか池袋方面に出かけることがないため、
先延ばしになっていました。

そうして先日、コーノ式珈琲塾のセミナーが巣鴨であった為、
その帰りにようやく訪れることが出来ました。

photo_org (3)_R

お店は2階にあるのに、
お客さんがひっきりなしに来ます。

凄い!

店内はPentax K-5を持って来なかったことが悔やまれるほど、
美的センスに溢れていました。

入り口の木のドア、
白壁、壁の時計、フジローヤルの赤い焙煎機、
アンティークなランプシェード、ディスプレイされた本や雑貨、
温かみのあるテーブルと椅子、ところどころに散りばめられたビロード、
店内に心地良く響くクラシック。

コーノ式のペーパードリップを、
ランブルポットと見せかけての
カリタ・コーヒー達人で抽出しているところに、
ちょっとした遊び心を感じます。

お店のどこに目をやっても、
オーナーである李容氾さんの「美学」とも言うべきこだわり、
チェーン店にはない良さが凝縮されています。

こういうお店、大好き!

初めての一杯は、ケニアと迷って、
イエメン・モカとチーズケーキをオーダー。

堀口珈琲で勉強をされたことが、
豆のラインナップからも想像されます。

photo_org (4)_R

チェコ製のカップはお店の雰囲気にこそピッタリなのですが、
たっぷりの珈琲を抱えた豊かなボディーには繊細すぎる持ち手で、
僕の苦手な形。

両手で壊さないようにカップを抱えて、
ゴクリ、口に含むと、イエメン・モカ独特の果実味が、
鼻孔をスッと突き抜けます。

これぞ、ザ・ナチュラル。

先日、代官山のモカ・カフェで頂いたソマラ山を、
もう少し飲みやすくしたようなボディー感。

期待通りのモカ。
美味しい!

そして可愛らしい小ぶりのチーズケーキの、
芳醇で珈琲に合うことといったら!

あぁ、ウチの近所にこんなお店があったら、
お気に入りの本を持って、ゆっくりするのに。

また近くを訪れた際には、
是非是非お邪魔したい素敵なお店。

ご馳走様でした★

roastery百塔珈琲コーヒー専門店 / 駒込駅西ケ原駅巣鴨駅

昼総合点★★★★ 4.0

関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する