2012/05/09 Wed
大好きなお店が、また増えました。

平日休みの今日、
彼女と白金台のフレンチ・OZAWAさんにて、
ランチを頂いてきたんです。



美容院の脇から地下に降りるこのお店。

最初は入り口を見逃し、
通り過ぎてしまいました。

中はまるでコンサートホールのよう。

「こんにちは」

上着を預けて席に座ると、
早速カウンターキッチンに小沢貴彦シェフが!

おお!目の前で小沢シェフの調理される姿を見られるんですね。
ただ、残念ながら手元はカウンターに隠れて見えず…

彼女と二人、5,250円のコースをオーダー。



一品目は今日のスープかひとくちのオードヴルを選びます。
彼女はひとくちのオードヴル。
サーモンとビーツを使ったひとしな。



僕はかぼちゃの冷製スープ。
間違いない味ですが、丁寧に下ごしらえされていることがわかります。



続いてオードヴル。
彼女は帆立とウニと、ミョウガのジュレを使ったもの。
一口もらったのですが、初めての新鮮な味!

色んな食感が楽しめ、しっかりミョウガの風味が感じられて、
後味スッキリの、夏に合いそうな一皿でした。



僕は車海老とトマトのゼリー寄せ・赤ピーマンのソースを。
これを頂きたくてこのお店を選んだようなもの。

そこはさすが小沢シェフ。
その期待を超えてきます。

目にも素敵な美しい盛りつけ、
口に含んだ時のトマトの優しい酸味と爽やかなソース、
海老のプリプリとした食感。

美味しい~★

トマト好きの僕にはたまりません。



続いて魚料理。

彼女はこのお店のスペシャリテ、
オマール海老の茶碗蒸しを選択。

「ふぁ、美味しいよ…」

ため息混じりの声にならない声の後、
溢れる笑顔。

うんうん、その笑顔が見たいから、
その笑顔を見られるから、
彼女と一緒に来たんです。

僕も少しもらいましたが、
次は絶対これを頼むんだ!

香りがとっても香ばしくて、
口に含んでからも更に風味が拡がって、
一言で言えば地中海の味。

大好き!



僕は今日のお魚料理、パリパリにグリルした桜鯛を、
トマトとバジルのソースで、ズッキーニなどと共に頂きます。

あぁ、いま思い出しても口の中が…

素揚げされたバジルの葉と一緒にパクリといけば、
まろやかな旨味の世界が花開きます。



そして肉料理。

彼女は本日のお肉料理、
赤ワインで煮込んだ牛タンのマスタード焼きをチョイス。

これも一口頂きましたが、
噛まなくてもホロッと崩れるほどの柔らかさ。

野性味溢れる大人の味。



僕は、フォアグラを詰めた和牛ミンチを薄揚げしたものをオーダー。

チェリーのソースがフォアグラの癖とバッチリ噛みあって、
これも新鮮な味わいでした。



オープンキッチンのなかでは、
常に小沢シェフが黙々と腕をふるっていらっしゃいました
(写真の方は小沢シェフではありません)。

なんて贅沢なんでしょう!



最後はデザート。

彼女は杏のタルトにタイムのアイスクリームを添えて。

「わぁ、こんなの初めて!凄いよ!」

彼女の瞳孔が開きます。

どれどれ…うぁ、確かに凄い!!



僕も負けずに洋梨のケーキを頂きます。

程よい甘さはコーヒーにもよく合って、
美味しゅうございました。

いつもこうしたレビューに書いていますが、
僕がフレンチに求めるのは新しい味との出逢い。

今日のランチで、小沢シェフは僕らに、
たくさんの「はじめまして」を下さいました。

しかもそれらは奇をてらった斬新さではなく、
確かな技術と経験を感じさせる深みのある新しさでした。

僕らはハーブやスパイスに目がないのですが、
特にハーブの使い方が絶妙!
そして濃すぎない優しい味わい。

また大好きなお店が増えました。

本当に美味しかった!

ご馳走様でした★

オザワフレンチ / 白金台駅目黒駅高輪台駅

昼総合点★★★★ 4.5

関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する