2012/02/22 Wed
銀座で旨い珈琲を飲みたいと思った時、
思い浮かぶお店は、定番中の定番ですが、
カフェ・ド・ランブルか十一房珈琲店。

今日は十一房にしました。



今回で4回目か5回目の訪問ですが、
座れなかったことはありません。

でも、ガラガラの時は一度もなく、
大体8割方、席とカウンターが埋まっています。

今日もそうでした。

さすが人気店ですね!

カウンターに座り、
父の好きなキューバ・クリスタルをオーダー。

父は良質な酸味のある珈琲が好きなので、
先日実家でそれを淹れてもらった時も、
中煎りの焙煎で豆の風味がフワッと香る、
スッキリとしたキューバでした。

でも、十一房のはフレンチロースト。

どんな味になるのか興味を持って、
女性マスターのしなやかなネルドリップを見つつ待ちます。



Wedgwoodのカップで供されたキューバは、
豆を贅沢に使った深煎りで、
ネルドリップ特有の、ねっとりとまろやかな口あたり。

苦味とコクが口に拡がり、
酸味はほとんど感じません。

ゴクリと喉を通すと、
後にスッと甘みが残ります。

うん、これが深煎りの良さ。

ドリップ後に温めなおしているので、
かなり熱々の状態で供されますが、
冷めるごとに変化する味も楽しみます。

旨い。

スペシャルティコーヒーの果実味と、
それを活かす浅めの焙煎も好きですが、
やっぱり一番好きなのは深煎りです。

大坊ではあまり感じられなかったのだけれど、
十一房で、それを再確認できました。

美味しい贅沢珈琲、
ご馳走様でした★

十一房珈琲店コーヒー専門店 / 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅

昼総合点★★★★ 4.0


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する