2012/02/11 Sat
アカペラの世界最高峰、
TAKE 6がすみだトリフォニーホールにやってくると、
喜び勇んでチケットを取ったのが
一昨年の年末か去年の年始くらい。

その時は僕は仕事の関係で行けない予定で、
彼女がお母さんと行くはずでした。

そうしたら3月にあの震災があって、
5月の来日が中止に。

ブルーノート東京の公演に振り替えになりました。

2月なら僕も行けるので、
彼女のお母さんにも了承を頂いて、
僕と彼女の2人、待ちに待った今日、
遂に行ってきました!



わぁ…感動。

少しでもアカペラの世界に身を置いたことがある方なら、
わかりますよね?



19時から整理券配布と聞いていたため、
並ぶつもりで17時半過ぎに受付に行ったのですが、
なぜか既に配っていて、受け取ることが出来ました。

並ばなくて済んだのはラッキーでしたが、
よくシステムがわからない…

とにかく近くでベトナム料理をゆっくり食べて、
指定された時間に会場へ。

ど真ん中の前の方、かぶりつきの良席をゲット!



時間にして、約1時間強のステージ。

でも感覚的には2時間以上楽しんだ気分だったので、
アンコールが終わって時計を見た時に、ビックリしました。

帰路は興奮して、自宅に着くまで彼女とふたり、
微笑みを抑えられませんでした。

呼吸、バランス、グルーヴが…って書くのは、
やめておきます。

もうその場にいられることが幸せで、
胸が熱くなりました。



「音を楽しむ」と書いて音楽。

それを僕らに、
純粋に思い出させてくれた。

そんなかけがえのない時間でした。

Simply Divine...
We just love IT!
Thank you guys.
You are the best!

とってもとっても楽しかった!!

~ TAKE 6 Members ~
Alvin Chea(vo)
アルヴィン・チーア(ヴォーカル)
Joel Kibble (vo)
ジョーイ・キブル(ヴォーカル)
Mark Kibble (vo)
マーク・キブル(ヴォーカル)
Claude McKnight(vo)
クロード・マックナイト(ヴォーカル)
David Thomas(vo)
デヴィッド・トーマス(ヴォーカル)
Christian Dentley(vo)
クリスチャン・デントリー(ヴォーカル)
関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する