2012/01/28 Sat
「もうお腹いっぱいで珈琲飲めないよ」

という彼女をなだめすかしつつ、
恵比寿駅近くの猿田彦珈琲へ。



見た目はスタバやエクセルシオールにそっくり。

コンセプトは
「紙コップでスペシャルティーコーヒーを持ち歩いてもいいじゃないか」。



彼女はもう飲めないというので、
グアテマラのエル・リバノを100円増しの480円でテイクアウト。

抽出はペーパードリップ。

「ありがとうございました」

若いご夫婦で経営されているのでしょうか。

お店を出て写真を撮って、
飲み口から香りを嗅いで驚愕。

フルーティーなそれは、
先日堀口珈琲の千歳船橋駅前店のゲイシャブレンドに近く、
ウチで自家焙煎したパナマのベルリナにも似ています。

期待を込めて一口。

あぁ、旨い…

香りと味が完全に一致。

「これさ、絶対好きな味だよ!」

と彼女に渡したところ、
だからお腹がいっぱいだと文句を言いつつ彼女も一口。

「美味しい!」

おおっ!珈琲の苦手な彼女をも唸らせる逸品。

また面白くて挑戦的で、
素敵なお店が出来ましたね!

恵比寿に来た時には、
是非また伺いたいです。

ご馳走様でした★

猿田彦珈琲コーヒー専門店 / 恵比寿駅代官山駅

昼総合点★★★★ 4.0


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する