2011/11/27 Sun
本八幡から船橋に移動してLoftで買い物。

すっかり長居してしまい、
外に出ると既に陽が落ちて、暗くなっていました。

「小腹が空いた」

彼女が言うので、早速美味しそうなお店を検索。

サールナートというインドカレー屋さんに行くことに。



船橋から15分ほど歩いて到着。

思っていたよりもずっと小さなお店で、
店名から勝手にインド人のシェフを想像していたら、
キッチンに立っていたのは日本人の男性でした。

photo_org (2)_R

まず頼んだのはタンドリーチキン。

2本で800円弱のプライスは高いなぁと思っていたのですが、
サーヴされたのは大ぶりのチキン。

レモンをたっぷり絞って食べたこの鶏肉は、
いま思い出しても口の中がジュワッとするくらい、
絶品の美味しさでした。

インドカレー屋さんですけど、
カレーよりも何よりも、このチキンがベスト。

photo_org (1)_R

肝心のカレーについては、
僕がマトンカレーとナンを、



彼女はバタークリームチキンカレーとナンをオーダー。

タンドリーチキンがあまりにも美味しかったので、
自然、カレーにかかる期待は大きくなっていたわけですが、
残念、カレーは錦糸町に数あるインド人シェフのそれには、
ちょっと負けてしまっていたかな…

マトンについては、
完全にクセが消されてしまっていたのですが、
もう少し残っている方が、個人的には好みです。

また、バタークリームチキンに関しては、
クリームが多すぎて、若干重いというか、
食べ続けるのがキツかったです。

それとナン。

僕はナンだけで食べても美味しい、
バターが塗りこんであるような甘めのナンが好きなのですが、
こちらのナンは普通のパンに近いシンプルな味でした。

うーん。

総じてタンドリーチキンは絶品だったものの、
値段が安いわけでもなく、自宅から近いわけでもなく、
彼女も「苦手な味」とのことなので、
再訪はないかな…

サールナートインドカレー / 大神宮下駅京成船橋駅船橋競馬場駅

夜総合点★★★☆☆ 3.5


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する