2011/05/30 Mon
朝は6時に起床。

窓を開けてテラスに出ると、心地よい風と波の音。

Aloha!

サーフを楽しむ人たち。
でも波はそうでもない感じです。

買っておいたバケットを父が切り、
ガーリックバターを塗りこみます。

僕は卵とハムを焼く担当。

バケットは僕がオーヴンで焼いたのだけれど、
失敗してカピカピになってしまいました。

テラスで海を眺めながらの朝食。
母が小鳥にパンくずをあげていました。

食事を終えたら出発。
アラモアナショッピングセンターまでバスで行き、
乗り換えてノースショアを目指します。



市営バスは、
その名も"The Bus"。



観光客はあまり乗っていなくて、
ロコの利用が目立ちます。

「次、止まります("Stop riquested")」

の合図は、窓に這わせた紐を引っ張る仕組み。

少々粗い運転を堪能しつつ、
まずはドール・プランテーションで降ります。



パイナップルの生育過程などにふむふむしたら、
パイナップルジュースとパイナップルソフト、
パイナップルのスライスを食べました。





「もうパイナップルは当分ええ」

とは父の言。



でも、新鮮で濃厚。
とても美味しかったですよ!



次のバスが来るのをのんびり待ったら(バスの間隔は約30分)、
ノースショアのハレイワへ向かいます。





「ハレイワの朝市は日曜日にしか開かれないんじゃ。
13時で終わってしまう」

寂れた田舎町のハレイワ中心部は通り過ぎ、
父の行きたかった朝市の会場へ一目散。



到着したのが13時過ぎ。



皆さん、片付けの真っ最中でした。
ザッと見たところでは、
地産地消を主目的にしたイベントという感じ。



父も残念そう。

もう少しゆっくり見たかったね。



ランチは近くの有名店(?)、
Hareiwa Joe'sでシュリンプのフライを頂きました。









まぁ美味しいけど、
これで16ドル以上するのは取りすぎ。

折角ノースショアに来たのだから、
ジョバンニのガーリックシュリンプ、
食べてみたかったナ。

他にも期待していた巨大な波や地元サーファーの妙技は見られず、
あったのは穏やかなファミリー向け海水浴場でした。



彼女に後で聞いたのですが、
いまの時期のノースショアは、
とても凪いでいるのだそう。



またバスに乗り込み、
ハレイワを出てオアフ島の北端にある
タートル・ベイ・リゾートをウロウロしてから、
東海岸を南下してワイキキまで帰ってきました。







その間の景色が素晴らしいらしいという父の勧めと、
ちょうどその辺りがホノルルセンチュリーライドのコースになることから、
頑張って起きていようと思ったのですが、
いつの間にかウトウトしていたようで、
起きたらホノルル中心地でした…

アラモアナのスーパーで食材を追加購入し、
夜は母がステーキを焼いてくれました。

炊飯器があるのでお米も買って炊いたのですが、
コンドミニアムに泊まる方々は、
お米や油、主要な調味料は日本から持参するのだそうです。

考えてみたらそうですよね。

コンドミニアム初回の我が家は、
全部を現地調達しているので、
とにかく割高な滞在となってしまっております。

といっても、なんだかんだ言いつつ一緒に調理したり準備して、
広い部屋でのんびり食べられるのは、
この上ない贅沢な気持ちになります。

ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジの中に、
Kona Mountain Coffeeというお店があるのですが、
そこの豆を購入し、今夜は父が淹れてくれました
(コーヒーメイカーも備え付けなんです)。

深煎りのコクと苦味の奥から顔を出す甘さを満喫。

約200gで16ドル以上と高級ですが、
僕も買って帰ろう!

そうして2日目も終了。



明日はバスで史跡巡りの予定です。



おやすみなさいませ★


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する