2005/12/30 Fri
James Blunt

ここ最近数年の僕の音楽的趣向は偏っていて、
男性シンガーソングライターにまず目がいってしまう。

このJames Blunt『back to bedlam』は、以前HMVで見かけて、
その時はまだ輸入盤しかなくて、試聴が出来なくて、
気になってはいたけれど、見送ってしまった。

その時点でUKチャートを賑わしていた彼だけれど、
忘れた頃に日本盤が出ていたので、やっと購入。

声は、今はやりのMaroon5やColdplay系の中性的な感じ。

僕の好きなGavin degrawの声を、もっと線を細く、
ハスキーにして癖を少し抜いた感じだ。

歌は熱く感情を吐露する感じ。
言葉に説得力があるから、心にグッとくる。

最近だとDamien Riceに近い存在感だ。

元軍人だとか、そういう売り文句は取っ払おうと思ったけれど、
コソヴォなどで実際に戦地に接して生まれた言葉が、
メロディーが、きっと彼の中には流れているのでしょう。

5曲目の『Tears And Rain』には、
僕の大好きなOscar Wildeの小説から、
Dorian Grayが引用されています。

2曲目の出世曲『You're Beautiful』には、
男なら誰しも共感できる普遍性があります。

やっぱりこの曲が一番好き。

4曲目の『Goodbye My Lover』は、
切なさと痛みに溢れていて、
音楽が本当に必要な時は、
楽しいときでも幸せな時でもなく、
きっと辛く苦しい時なのだろうと、
実感することが出来ます。

手放しでお勧め出来る、良盤です☆★
関連記事
comment
wataqoo #5bLo/Hcg
鈴之助さん、ありがとうございます。

僕も、Jason Mraz好きなんです。

今度の来日、
是非チケットをゲットしたい!

他にもお勧めのアーティストがいましたら、
教えて下さいね!

また遊びに行きます☆
2005/12/31(土) 01:22:36 | URL | edit
wataqoo #5bLo/Hcg
masuokaさん、ありがとうございます。

シンガーソングライターよりも
バンドがお好きなんでしょうか。

僕も曲の強さにやられました。

HP、また遊びに行きますね!
2005/12/31(土) 01:20:44 | URL | edit
鈴之助 #-
TBありがとうございます。
こちらからもお返ししようとしましたがなぜかうまくいかないので、コメントだけでも。
シンガーソングライター系はもともとすきなのですが、今年は自分の中でUKは本当に当たり年でした。
ドラマに曲が使われるし、来年かなり流行る感じですよね。
2005/12/31(土) 01:02:26 | URL | edit
masuoka #-
TBありがとうございます。

実は洋楽では男性シンガーソングライターはあまり聴いたことがないのですが、一瞬でとりこになりました。これからも期待大ですね。
2005/12/30(金) 23:29:59 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最近僕のデスクのiTunesのヘビロテ楽曲をご紹介まずはSting「Sacred Love」いやー、やっぱいいねSting。なんかね、ビートが強くなれば強くなるほど、せつなくなってくる声ってあるのよ
2006/01/05(木) 02:47:28 | 語ろうよFISH!