2005/12/01 Thu
Surfer Girls

こっち(バリ)に来るまで、
エステなんて何の興味もなかった。

ただ、師匠が、
「バリほど安くエステを受けられるところはないよ」
と言うので、TOMOOとSingoと3人で体験してみることにした。

一昨日、現地でしっかり予約をしていたので、
送迎付きにてスムースに到着。

マハタ・ティラールという、
アロママッサージで有名なエステだ。

エステだけに、受付の女性たちは、とても可愛らしい。
インドネシアンビューティー。

鳥のさえずりや水の音が涼しく、
楽園然とした空間に癒される。

まずは短パンに着替え、上からガウンをはおる。
ジャグジーに通され、冷たいスイカジュースを飲む。

水温が低く、バリでは割と涼しい日だったので、
ジャグジーの激しい泡で冷たさが増し、凍える。

熱い日だったら、気持ち良かっただろうけれど、
本当に寒かった…。

濡れた短パンのままガウンを掛けて外に出ると、
いよいよ個室に通され、乾いた短パンに着替える。

来たのは先ほどの受付嬢。
まさか彼女がエステティシャンだったとは。
か、可愛らしい人。

別に悪いことをするわけじゃないのに、変にドキドキする。

最初にアロマオイルを選ぶのだが、一通り嗅がせた後、
「お勧めはこれです」
と言われ、それに従った。

うつ伏せにされ、ふくらはぎからマッサージスタート。
ちょっと強すぎて痛い。
でも、多分そういうものなのだろう…。

「マッサージOK?」
と聞かれたので、イタタ…と思いつつ、
「OKテリマカシー」
と答える。

ヤバい!
典型的な、Noと言えない日本人…。

ふくらはぎが終わると、あとはもう痛いことはなく、
くすぐったさやヤマシイ妄想との戦いを乗り越えれば、
とても気持ちのよい世界。

肩や腰を中心に背中が終わると、仰向けにされる。
TOMOOは、綺麗なエステティシャンとずっと喋ってたらしいが、
僕は特に何も話さずマッサージに集中して、
気持ちよさのあまり、何度か眠ってしまった。

特に気持ち良かったのは、
顔、頭皮、手のひら、くるぶし、足の裏。

顔をマッサージされながらうとうとしていると、
「Finish.」
と笑顔で言われる。

シャワーを浴びるか聞かれるが、
この心地よさまで流れてしまいそうな気がして固辞。

部屋を出ると、ジンジャーの温かいお茶が出され、
残りの二人を待った。

いい天気なのだが過ごしやすい日。
全身、非常にオイリーなのだが、いい香り♪

とっても癒された。

二人が来たのでしばらくゆっくり談笑し、
そろそろ行こかと会計すると、
なんとChristmasサービスとキャンペーンが重なったらしく、
30%も安くなった。

まったく考えてなかったので、嬉しい誤算☆

1月中旬までキャンペーンを続けるらしく、
笑顔で再会を請われるが、
さすがに行けないなぁ…。

写真を撮るのをすっかり忘れて後で後悔するのだが、
そのままヴィラまで送ってもらう。

しばらく休み、Singoを誘って海まで散歩。
歩いて5分くらいで、すぐに着いた。

色んな話をする。

夕方になって、どうしても夕陽が見たくなって、
またSingoと海まで散歩。

夕方になると昼間とは雰囲気が変わり、
たくさんの人が海を眺めて、
思い思いにゆったりしている。

あいにく天気が悪く、夕陽は見えなかったが、
きっとこうなんだって想像することは出来た。

空と海の景色がとても広いから、
想像以上の絶景に違いない。

明日の夜には、もう飛行機の中。

楽園バリでの一週間は、
早く足早に、過ぎていく。

今度来た時は、絶対に夕陽を見るのだ。

僕は自分自身に、約束した。

部屋に帰ると、
呼び出されていた女子部屋に向かう。

そしたらびっくりサプライズ!
なんと僕のお誕生日ケーキが置いてある。

僕は今月が誕生月なのだ。

こういうのは、いくつになっても、
嬉しくてたまらない。

ありがとうございます、師匠!

ありがとう、
皆々様☆★
関連記事
comment
wataqoo #5bLo/Hcg
性悪猫さん、ありがとうございます!

今日、早速、★の鍵を試してみたのですが、
ちゃんと使えました!

当たり前ですが…。

バリ日記は、もう少し続きがあるので、
楽しみにしていて下さいね!
2005/12/10(土) 21:57:07 | URL | edit
性悪猫 #KD5XUSzs
バリいいな~
★の鍵もかわいいしv-25
おもしろかったです^^
2005/12/10(土) 20:52:29 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック