2005/12/08 Thu
このブログを始めた初期にご紹介したことがある、
きっこのブログ
という人気ブログ。

ここがまた社会を動かしています。

いま一番の話題と言えば、例の建築設計問題ですが、
こんなに話題になる前からその核心をついて、
マスコミの一歩も二歩も先ゆく報道(?)をしてました。

彼女によると、彼女が書くことは、
ほとんどのマスコミが既に掴んでいるネタだけど、
上からの圧力で公表できないものらしいです。

そしてこれは多分本当のことで、
莫大な数の読者を持つ彼女のもとには、
ガセも含めて凄い数のネタやタレコミメールが届くのでしょう。

そして彼女には恐らく優秀なブレーンやツテがあって、
裏が取れたものだけ監修を受けて書いている感じです。

マスコミの記者たちも、
せっかく掴んだ特ダネを圧力で揉み消されたらたまらないし、
それでは収まらない正義感や使命感が、
内部告発やネタ提供につながるのでしょう。

書けばすぐ一般に公表できる、
ネットならではのムーヴメント。

現にいまも、きっこのブログでは、
マスコミの先ゆくネタが書かれています。

ただ、書きっぱなしが可能なだけに、
読者の目が重要になりますが、
そうしたことが逆に、新聞やテレビのニュースを丸のみすることなく、
まずは自分の中に入れて噛み砕いて考える、
そうした視聴者の目を鍛える、育てることになるかもしれません。

ネットの情報をそのまま信じるのは危険ですが、
従来の択一的で一方的な報道にはなかった
「視聴者の選択」という権利が生まれ、
政府によるマスコミを使った情報操作は難しくなったのでは?

あっ、でも、先の選挙結果などを見ると、
そんなこたぁ、ないのかな…。

自民党が電通にメディア戦略を依頼する
→電通の敏腕広告マンたちが最も効果的なキャンペーンを考える
→普通にネットに触れるなかでいつの間にか洗脳される
→あれだけ選挙に大勝出来る
という構図。

今まで新聞やニュースを見なかったような人々も、
気軽にネットでニュースに触れられるから、
逆に簡単に操作されるようになってるのかも…。

何はともあれ、ブログが人々に影響し、
マスコミがそれを追いかけるという構図は、
なんとも奇妙なものです。
関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック