2005/11/28 Mon
パラセーリング

海に着くと、早速パラセーリングをしている人々がいた。
ただその数は非常に少なく、むしろ閑散とした印象。

バリの海は、
「砂が茶色いので見た目綺麗じゃない」
と聞いていたのだが、
実際は、珊瑚系白砂の遠浅で、
いわゆるエメラルドグリーン!

遠浅と言えども底がよく見えるくらい、
水の透明度も高い。

恐らく、同じバリでも場所によって海の様子も違うのだろう。

ガイドのサナさんに案内され、オーナーを紹介される。
今回の無料オプショナルはパラセーリングだけなのだが、
案の定、他のマリンスポーツも一緒にやらないかと勧められる。
もちろん、有料。

色々と相談した結果、
パラセーリングに加え、
体験ダイビングとフライフィッシュというものもやることにした。

値切って値切って、
これら全部で約9500円。

ダイビングは90分以上も体験出来るし、
こんな値段は、やはりバリ以外では、あり得ないだろう。

第一、ダイビングに到っては、日本では免許がないと、
体験さえさせてもらえないらしい。

その交渉の場でオーナーが、
「普段は絶対にこんな値引きはしないけれど、
テロの影響で日本人観光客が激減したので、
しょうがないのです」
と嘆いていたのが印象的だった。

とにもかくにも、速攻で水着に着替えると、
砂浜に向かい、まずはパラセーリング。

パラシュートを背負ってボートに引っ張られ、空高く飛ぶ。

一気に舞い上がった空からは、
海と砂浜、周辺集落などが一望でき、
まさに絶景だった。

あっという間に終わってしまったけれど、
初めてのパラセーリングは、最高に気持ち良かった
(写真は初めてのパラセーリングに狂喜するwataqoo)。

その次はフライフィッシュ。
これは新しいマリンスポーツらしいのだが、
ひらべったいゴムボートに掴まり、
それを高速ボートで引っ張り、
風の抵抗でゴムボートが浮き上がるスリルを楽しむというもの。

フライフィッシュ

(写真向かって左からwataqoo、EVA、Singo。
出発前のこの時は、まだ余裕の表情)

お客さんが少ないということで恐らくサービスしてくれたのだが、
あまりにも激しくて、あまりにも長くて、
掴まっているのがやっと。

終わってみれば楽しかったが、
やってる最中は、いつ振り落とされ、
海面に叩きつけられるかという恐怖との戦いだった。

その証拠に、手の甲は擦りむけ、足にも血がにじんでいた…。

まぁ、色々とあって、
楽しかったんですけどね!

というわけで、ダイビングに続く★
関連記事
comment
wataqoo #5bLo/Hcg
サイパンでパラセーリングですか!
またバリとは違った美しさがありそうです。

マニャガハ島ですか?

僕もサイパン行って楽しんだのですが、
ブログにまだ書いていないんです。

ボンズさんのHPにも、
遊びに行きますね!
2006/12/25(月) 16:01:12 | URL | edit
ボンズ #-
初めましてボンズです。

僕も初めてパラセーリングをサイパンでやってきました。

いつのまにか上空に上がっていたって感じで怖くは全然無く、美しいという事しか感じられませんでした。

又やりたいです~♪

良かったら遊びに来てくださいね~!
2006/12/25(月) 15:54:43 | URL | edit
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
創業者、ハリー・ウィンストンはニューヨークの宝石商の息子として 1896年誕生(1978年没)。父親、ヤコブ・ウインストンは1890年、 ニューヨークに宝石店を開いていた。幼いころから宝石の真価を 見分ける優れた能力をもっていたハリーは、12歳のとき、ある店で
2005/12/07(水) 15:10:24 | Fuyuu Japan