2008/09/27 Sat
北山珈琲店

今日は、
彼女と自転車デート。

まずは、
浅草を経て上野まで走らせます。

浅草では、
人力車に乗っている
新郎新婦の姿を見ました。

提灯持ちの人までいて、
なんだか風情がありました。

それで上野に着いて、
入谷口そばの
北山珈琲店に。

ずっと行ってみたくて、
でもなかなか行けなくて、
ようやく今日、
訪れることが出来ました。

お店の入り口には、
有名な手書きの張り紙。

・待ち合わせお断り
・滞在は30分まで
・携帯電話の使用はダメ
・店内撮影禁止

ただ、言葉は、噂に聞いていたよりも、
丁寧な書き方になっていました。

店内に入ると、
澁谷珈琲などの珈琲問屋さんと同じ香り。

またまた噂で聞いていた
マッキントッシュの重厚なスピーカーから、
ジャズが流れています。

先客は中年のカップル一組だけ。

カウンター周りには、
オーナー夫婦と二代目?

若い男性が豆を挽いたりしていました。

僕はブラジル、
彼女はキリマンジャロを注文。

「ウチの珈琲は濃いんですが、軽くしますか?」

と聞かれ、

「いえ、結構です」

と、僕ら。

「ミルクと砂糖はお使いになりますか?」

と聞かれ、

「いえ、大丈夫です」

と、僕ら。

「気が変わったら仰って下さい」

と、オーナー。

うーん、楽しみ♪

どうやってドリップするんだろう。

と、カウンターの中を覗くと、
カウンター内は板で仕切られていて、
まったく中が見えません。

あぁ、見たかったのに見えない!

企業秘密なんでしょうか。

そうして、10分くらい待ったかな。

遂にコーヒーが運ばれてきました。

まずは香り。

あれれ?

そこまで強くは香りません。

次に味。

一口で分かる、
あまりにも濃い濃厚さ。

深煎りで細かめに挽いた豆を、
贅沢な量で使い、
ゆっくりゆっくり落としているに
違いありません。

猫舌の僕でもスッと飲める温度からしても、
どれだけドリップに時間をかけているのか、
分かります。

彼女と交換して、
お互いに飲んでみたのですが、
当たり前ですが、
それぞれに明確な個性があって、
どちらも美味しゅうございました。

なので、豆も購入。

挽き売りもしてくれますよ★

今度訪れた時には、
「雫」という生コーヒーと、
靖(せい)というオリジナルブレンドのセットにしよう。

濃いコーヒーが好きな方には、
たまらないお店なのではないでしょうか。

そんな北山珈琲店を後にして、
今度は昭和通りを走らせて、
銀座へ向かいました。

銀座はいつ行っても、
混み方が適度で、
しかもお洒落な人が多いので、
楽しいです。

銀座デートに慣れちゃうと、
なかなか新宿や渋谷や池袋には、
行けなくなってしまいます。

人が多すぎるんですよね・・・。

色々とお店を見た後、
ダメもとでH&Mにも寄ってみたのですが、
200mくらいの行列を見て、
呆れつつ断念。

H&M、
そこまで魅力的ですか??

ヴィトンも大盛況で、
不況とか経済が落ち込んでいることとか、
まったく関係ないような世界でした。

ヴィトン、
そこまで魅力的ですか??

パリはシャンゼリゼ通りの本店で、

「パリにあって
日本にはまだ無いモデルってありますか?」

と店員さんに聞いたら、

「いえ、実は日本の方が今は早いんですよ。
まず日本で先行発売するんです」

との回答でした。

日本人は、
どれだけヴィトン好きなんでしょうか。

ともあれ、
ディナーはスパイスピエロ
スープカレーを堪能。

前回、とても美味しかったので、
再訪です。

今回は彼女がホワイト、
僕がグリーンにしましたが、
やっぱり美味しい!

とにかく野菜が美味しいんです☆

ここはホント、
お勧めですよ。

特に黒!

素敵な休日でした。

ではでは、
明日はwataqoo、
ヨガります。


関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する