2008/09/17 Wed
アメリカの保険最大手、
AIGの株式約80%を担保に
FRBが850億ドル(約9兆円)の
巨額つなぎ融資に応じました。

前例のないことです。

あまりにも幅広く、
根深く、色んな分野に根を張る金融界の巨人を、
さすがのFRBも
放っておくことは出来ませんでした。

日本のマスコミは、
それにしても、
煽りすぎです。

特に、経済ジャーナリストを自称する荻野博子さんは、
株式を運用ポートフォリオに加えているという理由で、
日本の年金資産運用を、

「危険だ、これだけここ最近損失を出している」

と仰ってましたが、
これはいけません。

日本の年金資産は、
世界基準で見ても、
債券運用の割合が大きく、
むしろ安全志向過ぎるほどの運用で有名だからです。

最近の損失にしても、
逆に少ない方。

年金資産という失敗が許されない資産運用にあっては、
かなり優秀な運用であるということが出来ます。

この状況で利益を上げる為には、
商品市場にも資金を回す必要があり、
実際利益を上げている年金基金は、
原油等の商品関連もポートフォリオに含めています。

それによってどうなったかというと、
先日の原油高騰、
インフレ懸念の元凶となりました。

日本の巨大な年金資産が
商品市場に更に回ったらどうなるか、
自明なところ。

この番組を見た人は、
年金に対して更に不信感を持ったでしょうね。

テレビでまともなことを言っていたコメンテーターは、
僕の観たところでは、
経済評論家の山崎元さんくらい。

さすが。

不安を煽った方が、
マスコミとしては注目され、
視聴率を稼げるのかもしれませんが、
公共の電波に乗せる以上は、
しっかりとした人を呼んで欲しいです。

今回の金融不安で、
せっかく投資に回した資金を、
売却して大きな損失を出した方がたくさんいます。

「こんなにテレビで危ないって言ってるんだから、
早く売らなきゃ!」

経済の本質的醍醐味から言えば、
今は絶好の買い場であり、
むしろチャンスです。

長期でホールドされている方は、
今は我慢の時期、
もしくは買い足しのチャンスでしょう。

ただ、その前提となるのは、

「余裕資金を投資にあてる」

ということ。

それが「余裕資金」である以上は、
当面使う予定のない資金であるのならば、
ほったらかしでも問題ないはずです。

経済は、
いつまでもドン底ではありません。

上がってきたら、
売ればいいのです。

マスコミは、
ただただ面白がって不安を煽るだけではなく、
有効な情報の提供と選択肢の提示をして、
きちんとした投資教育の一翼を、
担って欲しいです。

FPとしては、
歯がゆいところですね。


※これまで書いてきたことは、
あくまでも僕の個人的意見ですので、
最終的な投資判断は、
自己判断でお願い致します。



関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する