2008/07/26 Sat
今日は、隅田川花火大会の日。

地元の僕なのですが、
今日は彼女と、
越谷の花火大会へ行って参りました。

隅田川の花火も、
もちろん素晴らしいのですが、
何せ人が多いのと、
高い建物が結構多くて、
しっかり見えるポイントが、
限られてるんです。

そしてそのポイントは、
当然、地元の人たちに取られてしまうので、
場所取りも大変。

去年は散歩がてら行きましたが、
結局、ビルの谷間で見る羽目になりました。

なので、今年はパス。
越谷には、
花火開始の2時間前に到着。

駅前のイトーヨーカドーでお惣菜やお菓子、
飲み物などを調達し、
打ち上げ場所の傍まで行きましたが、
まだ結構場所があいていて、
いい位置に陣取ることが出来ました。

2時間前で良い場所を取れるなんて、
隅田川では考えられません。

実際、花火が始まると、
本当に近くて、
あまりにも近いので、
見上げる首が痛くなり、
最終的には寝転がって見たくらいでした。

寝て見る花火は、
どっちが上か下か混乱するような、
不思議な感覚を呼び起こす感じでした。

そして、それだけ近いと、
灰が雨のように降ってきます。

でもでも、
花火の魅力は、
これなんですよね!

全身で音の響きを感じ、
色や演出、構成の美しさを目に焼き付ける。

花火はカメラじゃなくて、
心で撮るものです。

越谷の花火は、
間近で見られる分、迫力があって、
地元の家族たちがほのぼのと楽しむなか、
花火大会や花火の醍醐味を感じられる、
素敵な催しでした。

川沿いで風が流れて、
ここ数日の暑さからは考えられなかった、
涼しい夜。

やっぱり花火は、
日本で見るのが一番ですね★



関連記事
comment
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する