2009/10/31 Sat
Happy Halloweenの今日は、
まずロードバイクを駆って、
なるしまフレンドへ。


彼女と僕の
ロードバイクを、
点検&調整してもらいました。


彼女は、
ハンドルの軋みと
ブレーキを調整してもらい、
僕は、
タイヤの振れと、
ワイヤーの伸びを、
イジってもらいました。


さすがプロ。


帰途の乗り心地は、
素晴らしかった!


僕の乗っている、
GiantのDefy1は、
自分で言うのもなんですが、
色味といいスタイリングといい、
本当にクールなんですが、
残念ながら2010年バージョンは、
配色が変わってしまいました。


なるしまフレンドに、
そんな僕のと同じ、
2009年バージョンのDefy1が、
まだ売ってましたよ!


お勧めです★


それで帰ってから、
マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を、
観てきました。


もうこれは。


エンターテインメント好きなら、
エンターテイナーなら、
エンターテイナーを目指していた人なら、
観るべきです。


究極のエンターテインメントが、
最高のプロフェッショナリズムが、
画面に音に、
溢れています。


イントロで、
心が躍ります。


声に、
心が震えます。


最初から最後まで、
涙と鳥肌が、
止まりませんでした。


やっと見つけたんだ。


僕が求めていたもの。


物心ついた時から、
最期の時まで、
エンターテイナーだった人。


もう彼のような人は、
現れ得ない。


不世出の人。


どうか最後まで、
席を立たないで。


2週間限定の上映。


本当にありがとう、
MJ。




    ≫ read more
2009/10/30 Fri
今日は、
健康診断でした。


ここ2年間、
連続で高血圧気味と診断され、
今年もドキドキでした。


血圧計を購入し、
普段からウチでも計っていたのですが、
自宅だと、
高くないんです。


でも、いざ健康診断で、
さぁ計るぞとなったら、
緊張してしまう。


今日も、
例に漏れず、
血圧の順番待ちをしている間、
心臓はバクバク。


必死に腹式呼吸を繰り返し、
呼吸を安定させようとするのですが、
順番が近づくにつれ、
心拍も増していきます。


「あぁ、今年も高血圧の診断か・・・」


ブルーになりつつ、
血圧計に手を入れると・・・。


「おっ、今年は一回でOKですね」


と、看護師さん。


見ると、僕の健診票に、
120の文字が。


やった!


やりました!!


まさかの大逆転。


遂に高血圧気味の診断から、
逃れることが出来たのです。


だって、wataqoo、
タバコも吸わない、
お酒も飲めない、
運動もする、
肉よりも野菜や魚が好き。


何故、血圧が高くなるのか、
意味が分かりません。


これからも健康を維持して、
毎日を楽しみたいと思います★

    ≫ read more
2009/10/29 Thu
細野真宏さんの、
「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?』を
読みました。


期待していた年金の話は、
後半の一部だけ。





未納者=自営業者や無職の人など
国民年金の第一号被保険者の一部として、
その割合は、全公的年金被保険者の、
わずか5%に過ぎない
    ↓
だから、未納者が増えたところで、
大勢への影響は限定的である



というのが要旨なわけですが、
保険料が足りない分を、
年金積立金から補充するとして、
その減った積立金そのものについては、
特に言及がありません。


積立金自体が減っていけば、
やはりどこかで
その穴埋めをしなければならず、
それは結局、
第二号被保険者を始めとする、
厚生年金の被保険者から、
大部分を確保することに
なるのではないでしょうか。


未納者が増えても
年金制度において
他の人にしわ寄せがくることもない



と断定してしまうのは、
やはり暴論だと思います。


実際に払う『保険料』よりも、
将来もらえる『年金』の方が多くなる



という点も、

・将来インフレになる可能性
・個人で同じ金額を運用した場合との差

に言及していないので、
マクロ経済スライドに対する視点も含めて、
ポジティヴに捉えすぎなのでは?


そもそも、
この借金大国日本にあって、

「いざという時には税金がある」

的な記述が多いところも、
気になりました。


とは言っても、
wataqoo、
年金保険料は払っておくべき派です。


障害年金や遺族年金は、
素晴らしい制度だと思いますし、
何より、僕らの払う保険料が、
今の高齢者を支えているのです。


皆さま、
ちゃんと保険料、
払いましょうね!


あと、この本を読んで、

「社会に出てからの数学の活かし方」

について、
考えさせられました。


「こんな計算出来たって、
社会に出たら何の役に立つの?」


と、文句を言って、
数学を途中で放り出し、
文系まっしぐらで来た僕。


「何のために数学を勉強するの?」


と聞いても、
誰も納得する答えを、
与えてはくれませんでした。


論理的思考を身につける為に、
数学を勉強するのだと、
誰かが教えてくれていたのなら、
もっと数学というものを、
身を入れて、
勉強したのではないかと思います。


数学的思考力は、
間違いなく、
社会に出てから
役に立ちます。


文系に勝ち目があるとしたら、
論理からはなかなか生じ得ない、
飛躍したアイデアであったり、
右脳的なイメージしかないと思うのですが、
それにしたって、
数学的思考力が
あるに越したことはありません。


今なら
数学の価値がわかる。


そんな思いを、
この本を読んで、
強くしたのでした。

    ≫ read more
2009/10/28 Wed
今日の、
高城剛氏のブログ。


二十倍底。


曰く、


今後、いまの二十倍の不況が来る、と思ってよい。


サブプライム問題の後は、
プライムバブル。


世界中を旅して、
各地の景気を体感している彼だけに、
説得力のある話です。


景気も持ち直してきて、
新興国の株価も上がって、
さぁこれからという感じもするけれど、
世界中にバラ撒かれた
CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)や、
モーゲージ証券(住宅抵当証券)は、
まだまだ隠されて実態が見えていないだけで、
未だ解決されていない、
不良債権なのです。


問題は、
いつそれが表面化するか。


その時には、
高城氏が書くように、

この間、ほんの一握りのパワーエリートや現状を理解している者は、
最後の荒稼ぎをし、逃げ出す準備に余念がない。
彼らは、最後に盛り上がるパーティで笑いながら、シャンパン片手に


いつの間にか出口を
出ていることでしょう。


今は無理な投資を控え、
来るべき時の為に、
充電しておく方が
良いのかもしれません。


wataqoo、
何だか嵐の前の静けさというか、
不気味な「平穏」を
最近感じていたので、
高城氏の記事には、
ドキッとしてしまいました。

    ≫ read more
2009/10/27 Tue
鈴木義幸さんの著作、
「で?」の一言で、部下の意欲に火をつける』を
読みました。





12年のコーチ経験を、
一冊の新書に、
巧みにまとめてあります。


情報をもったいぶらず、
公開する人のところには、
また新しい情報が、
自然、舞い込むのだそうです。


この本には、
コーチングの秘訣が、
エッセンスが、
凝縮されています。


僕は、
いわゆる
セルフ・コーチング、
自分で自分を、
コーチング出来るように
なりたいので、
最近そういう本を、
よく読んでいます。


「パコ」。

Permisshon and consensus、
許可と同意。


一旦許可をとってしまえば、
断りにくくなる。


早速、営業にも、
活用しております。


それから、
ドクロマークの話。


マイナスの感情を、
「ドクロマーク」と銘打って、
意味づけすることによって、
出来るだけ早く、
自分の中の「物語」に取り込む。


自分の物語になってしまえば、
それを消化して、
昇華して、
前に進むことが出来るのです。


普段、意識せずにしていることでも、
こうして文章として
形になったものを読むと、
頭の中が整理されます。


今の僕の要望に、
スッとフィットする
本でした★

    ≫ read more
2009/10/26 Mon
昨日の夜、
魔法のフライパンに、
油を染みこませました。


それをすることで、
準備OKになるのだそうです。


そして今夜は、
彼女がそのフライパンで、
野菜炒めを作ってくれました。


XO醤を効かせて、
海鮮の風味。


美味しかった★


僕も今度、
チャーハンを
作ってみよっと♪

    ≫ read more
2009/10/25 Sun
今日は、
朝こそ雨が降っていましたが、
午後にはあがったので、
ロードバイクを駆り出して、
走ってきました。


ライトサイクルさんのグローブ
僕には良かったのですが、
彼女には、
イマイチだったみたいです。


「パットが厚すぎて、
ブレーキに指が届かないの。
指を届かせようとして、
ギュッと手のひらをハンドルに押し付けるから、
逆に手が痛くなっちゃうの。

このグローブ、
手が大きい人、
男の人向けなんじゃないかな」


と、彼女。


うーん、
残念。


セラ・イタリアのサドルの方も、


「後ろの方が、
もっと小さい方がいいかも」


と、あまりお気に召さない様子。


「もうちょっと乗ってみてから、
判断するね」


うんうん。


僕の方はというと、
フィジークのサドル、
とっても快適です。


ジャイアントのデフォルトよりも、
お尻の接地面が小さくなり、
硬さも丁度良い。


何より前方が細いので、
ペダリングが
本当に楽になりました。


風が強く、
冷える一日でしたが、
その分、
荒川サイクリングロード(荒川CR)、
空いていました。


気持ちよく、
走れましたよ★

    ≫ read more
2009/10/24 Sat
錦見鋳造の、
魔法のフライパンが
届きました。


注文したのは・・・。


いつだったか
忘れてしまったのですが、
かなり前です。


「2年以上前だと思うけど」


と、彼女。


とにかく、
そのくらい長いこと待って、
文字通り忘れた頃に、
届いた次第です。


一つ一つ、
職人の手作りなので、
時間がかかるのですね。


魔法のフライパン


注文したことを、
ブログに書いたと思っていたら、
書いてなくて・・・。


「いつも書くことないって言ってるのに、
肝心なこと、書いてないんだから」


と、彼女。


魔法のフライパン


でも、
それくらい人気があるだけあって、
実物は、
素人目にも、
見事な仕上がりです。


芸術的。


実家で母が、
鉄製のフライパンを、
大切に使っていたことを、
思い出します。


油をしっかり染みこませて、
長く大事に、
使いたいと思います。

    ≫ read more
2009/10/23 Fri
Kindle(キンドル)、
楽しいです。


新聞の配信は、
アメリカ時間みたいで、
毎日新聞と言えども、
朝ではなく、
夜に配信されてきます。


日々英語に触れる為には、
とってもイイ感じの
デバイスなのです。


このクオリティーで、
もし日本語版が出来て、
例えば日本のアマゾンが
配信など始めたりしたなら、
日本の出版業界は、
一気に崩壊しかねません。


さすがに、
紙ならではの、
一覧性や速引き、
数冊を並列するのは難しいので、
一冊をじっくりという読み方に、
向いています。


本屋さんも淘汰されて、
所々に細々と、
まるでアンティークショップのように
残る状況になるかもしれません。


今のところ、
日販や東販などの取り次ぎ業者を中心に、
抵抗がとても強いようですから、
難しいのかもしれませんが・・・。


幼少期から本が好きで、
本独特の匂いとか、
紙の質感とか、
トビラや裏表紙のデザインを、
大切に思っていた僕。


そんな僕でも、
Kindleの、
液晶ではない、
目に優しい感じに、
感動しました。


ロンリー・プラネット(Lonely Planet)も、
キンドルバージョンになっているので、
旅行前に落として、
持っていくことも可能です。


あのブ厚さは、
やっぱり荷物になりますから、
そういう本が何冊も入るという意味でも、
Kindle、
凄いです。


って、
なんだか、
キンドルの営業みたいに、
なってしまってますが・・・。


本好き、
洋書好き、
英語好きの方には、
間違いなくお勧めの逸品です。

    ≫ read more
2009/10/22 Thu
我が家に、
Kindle(キンドル)が
やってきました。


前回記事にしてから、
色々とリサーチして、
Amazon.com(アマゾン)に
注文してしまったのです。


279ドルで購入したのですが、
先ほどメールが来て、


「259ドルに
割引することになったから、
20ドル返すね」


とのことでした。


バーンズ&ノーブル(Barnes & Noble)が
『nook』発売を発表したり、
GoogleやAppleからも
ライバル機種が
発売されそうな雰囲気だから、
今のウチに
売っておきたいのでしょうか。


あぁっ!

20ドルも安くなるんだったら、
本皮の専用ケースも、
一緒に注文すれば良かった・・・。


Kindle


アメリカから来たダンボールは、
とても軽かったです。


Kindle


画面が既に映っていますが、
実は電源、
入ってないんです。


Kindle


同封物は
この3点だけ。


ケーブルは、
プラグ部分を外すと、
USBになります。


よく考えられてますし、
オシャレなデザイン。


マニュアルは、
超薄いですが、
操作性に優れているので、
それで充分な感じです。


Kindle


薄さはこんな感じ。


ボールペンと同じくらいです。


Kindle


ヴァージニア・ウルフの
スクリーンセイバー。


何度も言いますが、
電源、切れてます。


Kindle


E-INKの実力は、
想像以上!


PCや携帯の画面と異なり、
とっても目に優しく、
電池も食わず、
エコなのです。


フォントは6段階くらいで
大きさを変えられますし、
本当に読みやすいですよ。


早速、シェイクスピアの全作品集と、
オスカー・ワイルドの全作品集を、
Amazonで購入。


上記全部で
9ドル(800円)くらい。


著作権の問題なのか、
古典ものは、
とにかく安く買えます。


これだけでも、
一生楽しめるくらいの、
コレクションですが・・・。


ただ、
アメリカ以外では
買えない本も多いです。


ハリー・ポッターは、
アメリカでも、
Kindle対応していないそうです。


本以外にも、
新聞や雑誌も購入できます。


新聞は、
毎日自動的に、
配信してくれるんですよ。


でも残念ながら、
The Wall Street Journal(WSJ)は、
アメリカ国内版でないと、
ダメみたいです。


とりあえず、
毎日新聞の英語版を、
トライアルで入れてみました。


本当は日経新聞が
良かったのですが、
配信があるのは、
今のところ毎日だけです。


あと、TIME誌やNewsweek誌も、
インターナショナル版だと、
写真無しなのだそうです。


価格も、
少し割増し。


でも、
接続料は無料。


一瞬で、
自宅にいても外出先でも、
欲しい本を手に入れられると思えば、
軽く持ち歩けると思えば、
安いものです。


期待していた英英辞書は、
まず代表的な意味が下に表示されるので、
意味が多義に渡る単語の場合、
しっくりこなくて、
辞書の方に一度飛ぶという
操作が必要なことが多いかもです。


とは言っても、
辞書に飛ぶのも、
本に戻るのも簡単なので、
それほどの手間ではありません。


感動したのは、
音読してくれる機能。


男性の声と女性の声で選べるのですが、
男性の声の方だと、
リズムも発音も、
かなりネイティヴな感じです。


たくさん音読してもらって、
とにかく英語を、
目と耳から
頭に入れていきたいと
思っています。


とにもかくにも、
いらっしゃい、
Kindle君。


ただ、実は、
ウチにきたこの子。


最初は全然
動かなかったんです。


届いて箱を開けて、
プラグとアダプターを差し込んで、
電源ボタンをヒュッと動かせば、
サクサク動くはずだったのですが、
ウンともスンとも、
言わなかったんです。


点灯するはずの充電ランプも、
点灯せず。


慌ててマニュアルを見たら、


「電源が入らなかったり調子が悪かったら、
プラグを外して、
電源ボタンを15秒くらいスライドしてね。
リセットされるから」


と書いてあったので、
そのようにしたところ、
無事に充電ランプは点灯しました。


一安心。


ところが、
電源ボタンをスライドさせても、
肝心の電源が入りません。


本当に不良品なのではないかと、
焦りました。


それで何度か、
同じように
リセットの操作を繰り返していたら、
ようやく無事に、
動くようになったんです。


ホッとしました・・・。


そんなワガママな子ですが、
色んなところに連れていって、
大切にします。


嬉しいナ♪

    ≫ read more
2009/10/21 Wed
今日は、
無性にケンタッキーを
食べたくなって、
夜に買って帰って、
ご飯と共に
食しました。


うーん、
ジャンク。


動物性の脂が多く、
味が濃い。


体に良くないと
分かっていながら、
たまに、
食べたくなります。


同じく味の濃い、
コールスローサラダも合わせて、
満足、満足。


実は明日、
お休みなんです♪


平日に
ロードバイクで、
思いっきり走るという、
夢のようなことを、
するつもりです。


幸せで、
ワクワクします。


更に更に、
明日には、
密かに注文していた、
オモチャも
届く予定なんです。


明日の日記に、
書けると思います。


他にも、
まだまだ先だと思っていた物が、
急に届くことになったりして、
なんだか楽しみが
いっぱいなのです。


そのことも、
届いた時に、
ブログに書きたいと思います。


おっと。


出ていくお金も多いから、
頑張って働かなきゃだよ、
wataqoo。

    ≫ read more
2009/10/20 Tue
僕らがロードバイクを購入し、
お世話になっている、
なるしまフレンド。


会長の鳴嶋英雄(なるしまひでお)さん、
73歳の大御所が、
なんと映画になりました。


ドキュメンタリー映画『なるしまフレンド 俺っち自転車道』


cyclowiredにも、
告知がされています。


なるしまフレンド会長の自転車世界を映画化


会長、
映画になっちゃうなんて、
面白すぎます。


僕らがお世話になっているのは、
社長の方なので、
会長にはお会いしたことがないのですが、
やけに惹かれます。


彼女に、


「ねぇねぇ、見に行く?」


と聞いたら、


「えー?寝たらゴメンね」


と、言われました。


あまり乗り気じゃ
ないみたいです。


50年も
現役で自転車に乗り続けるなんて、
凄いです、会長。


こういう元気な
おじいちゃんおばあちゃんが増えれば、
日本の医療費をはじめとする社会保障費も、
かなり助かるでしょうね。


日本人も、
ただただ寿命を延ばすのではなく、
「健康寿命」をこそ、
延ばしていきましょう!

    ≫ read more
2009/10/19 Mon
元ザ・フォーク・クルセダーズの、
加藤和彦さんが亡くなりました。


遺されたのは、
いま聴いても、
キラキラしている
メロディーたち。





ご友人たちにギターを送るなど、
突発的ではなく、
計画的な決意であったところに、
また悲哀があります。





キラキラ・・・。


本当に素敵な
ミュージシャン。


どうぞ安らかに、
お眠りください。

    ≫ read more
2009/10/18 Sun
2009年10月の新月、
ムーンデイである今日は、
たくさんお金を使いました。


まず、
銀座の伊東屋に行って、
文房具を物色。


レターオープナーとか
トンボの加圧ボールペンとか、
+dのニンジャピンなどを購入。







何を見ても、
気に入ったものに対して、

「可愛いね!」

と言ってしまう自分に気づいて、

「今から僕、
『かわいい』って言うの、
禁止だから」

と、彼女に伝えることで、
自分にルールを課しました。


可愛い可愛い言うことで、
便利に気持ちが伝わってしまうので、
他の日本語の表現力が、
削がれてしまう気がして・・・。


そんな風に、
僕があまりにも、
文房具に目を輝かせるものだから、


「女の子みたいだね、オトメンだね」


と、彼女に言われました。


その後、ランチをとってから、
有楽町のITOCIA・丸井の、
ローテイト・ストアへ。


普通の自転車系ブランドかと思っていたら、
自転車大好きな丸井の社員さんが、
会社に企画書を提出して、
社内起業した、
言わばプライベートブランド的な
オリジナル商品も揃えた、
セレクトショップなのだそうです。


こちらのお店では、
思いのほか、
彼女の方が喜んで。


購入するつもりだった
ポケッタブルナイロンリュックの他にも、
オリジナルのウェアまで、
買ってしまいました。


このリュックは、
雑誌で見て注目していたのですが、
折りたたみでありながら、
肩に掛けるところの幅が広いので、
wataqoo的に、
超お勧めです!


ボトルを入れるネットがサイドにあったり、
欲しいところにポケットがあったり、
随所にリフレクター(反射材)があったり、
何より本当に軽いので、
自転車だけでなく、
普通の旅行にも使えます。


二人してテンションが上がったので、
そのまま歩いて
(もちろんMBTシューズで)、
秋葉原までテクテク、テクテク。


彼女のずっと使っていた
小型の一人用スーツケースが、
鍵が壊れている上に重いので、
粗大ゴミに出すことにして、
新しいものを見に行ったのです。


シフレ(Siffler)のスーツケース、
Green Worksを購入。



とっても安く買えた上に、
鮮やかな黄色を選んだので、
気持ちまで明るくなります。


まだ使おうと思えば使える
(ベルトを巻いて使ってました)
古いスーツケースを捨てるのも、
気がとがめるのですが、
こればかりは、
今までの感謝の気持ちを込めて、
思いきらなければなりません。


元々は彼女のですが、
僕ら二人用の新しいものを
最近になって買うまでは、
一緒に共有して、
グアムやバリに、
持って行っていました。


今まで、
ありがとう!


新しい黄色君も、
大切にします。


これから、
色んな所に行こうね。


よろしくね★

    ≫ read more
2009/10/17 Sat
今日は、
彼女とロードバイクを駆り出して、
荒川サイクリングロード(荒川CR)を
気持ちよく走ってから、
平井のライトサイクルさんへ
伺いました。


店長のブログで拝見した、
ライトサイクル・オリジナルグローブを、
買いに行ったのです。


試着してみると、
かなりイイ感じ。


デザインこそ
シンプルすぎるほどシンプルなのですが、
機能には期待出来ますし、
こだわりを強く感じますし、
何より値段が2,000円!


即購入しました。


ちょうど今日、
グローブを忘れてしまったので、
そのまま装着。


そしてついでに(?)、
サドルの相談にも、
乗って頂きました。


「60kmくらい走ると、
お尻が痛くなっちゃうんです」

「いや、そのくらい走れば、
程度の差こそあれ、
誰でも痛くなりますよ」


と、店長。


そ、そうなんですね。


それで、
僕の骨格を見て、

「これなんて合うんじゃないかな?」

とお勧めして頂いたのが、
フィジークのサドル。


「試してみる?」

「是非!」

とのことで、
僕のロードバイクのサドルを、
一旦フィジークに付け替えて、
試走させて頂きました。


すると、
サドルの先端が
とても細くなったので、
ペダリングをしても、
太ももがサドルに当たりません。


今まで、
当たるのが当たり前だと思っていたので、
これは衝撃でした。


メチャメチャ快適!


ちょっとした試走では、
お尻の痛みについてまでは、
正直わからなかったのですが、
購入して、
交換して頂きました。


フィジーク ARIONE CX K:ium 2008TEAM(テープツキ) シルバー/ブラック




かっちょ良くなりました!


ついでに彼女のも、
セラ・イタリアの女性用サドルに、
替えてもらいました。


これでロングライドも、
更に快適になるでしょうか。


次にまた乗る時が、
楽しみです♪

    ≫ read more
2009/10/16 Fri
今日は仕事を終えてから、
久しぶりに、
サイゼリヤへ行ってきました。


サラダからドリアからパスタから、
エスカルゴからピザまで食べて、
お腹いっぱい。


2人で
2,000円かかりませんでした。


なにやら為替デリバティヴに失敗して、
サイゼリヤ、
最終損益にして48億円の赤字に
なるのだそうですが、
この安さとこの美味しさ。


これからも強気に、
頑張って欲しいです。


それで、
水野俊哉氏の、
「ビジネス書」のトリセツ』を
読みました。





勝間和代さんに対するイジり方が、
何しろ面白いです。


ビジネス書の
いわゆるベストセラー作家の方々が、
いかに胡散臭いかという・・・。


今のビジネス書ブームって、
一過性のブーム的な匂いもするので、
決まった人の本が売れる、
狭い世界になっています。


なので、
この本でも、
若干、
著者の知り合いの本については、
評価が甘い気が、
しないでもないです。


その辺はお互い、
持ちつ持たれつなのでしょう。


巻末には、
行動経済学や投資・マネー、
効率的な勉強法や経営者など、
テーマ別に、
著者が厳選した
10冊ずつのお勧め提示があったのですが、
ここはさすが、
名著が揃っていて、
参考になりました。


「不況になると
資格や自己啓発の本が売れる」


こうした、
解説書さえ
売れてしまう。


まさに今、
ビジネス書ブームなのです。

    ≫ read more
2009/10/15 Thu
職場の同僚が、
インフルエンザに感染しました。


普段、
とても忙しい彼なので、
この機会にゆっくり休んで、
早く良くなりますように・・・。


それで今日は、
職場の皆で、
一日マスクをして
過ごしました。


その状態で、
お客様と、
電話でたくさん話をしていたら、


クラクラ・・・。


酸欠状態に
なってしまいました。


話に熱中しているうちに、
マスクが口に、
張り付いてしまったみたいで・・・。


そういえば、
マスクをして
歩いただけでも、
呼吸が制限されることで、
肺機能を
鍛えることが出来るのだそうです。


明日も勤務中、
マスクをするつもりですが、
ほどほどに、
様子を見つつ、
したいと思います。

    ≫ read more
2009/10/14 Wed
今日は、
帰宅する時に、
丁度、
大雨になりました。


折りたたみ傘を持っていたのですが、
かなり濡れてしまいました。


帰宅してみると、
小雨になってました。


人生って、
そんなもんですよね★


最近になって、
ようやくお仕事も、
忙しくなってきました。


忙しさにかまけるのではなく、
会社の内で外で、
少しでも自分を高めていけるように、
励みたいと思っています。


今の会社に限らず、
どこに行っても、
どんな環境でも、
たった一人でも、
通用するように、
したいですからね!


それで、
波紋を呼んでいる、
前原国交相の、
羽田ハブ化発言。


wataqooとしては、
大歓迎です。


羽田をより国際化したところで、
どっちみち滑走路は足りないわけですから、
それで成田の地位が、
揺らぐわけでもないでしょう。


森田千葉県知事としても、
分かっていての、
パフォーマンスだったのだと思います。


知事にも、
何も言わないと言わないで、
色々なところから、
圧力がかかるでしょうし、
どちらの顔も立てたという形でしょう。


折角、政権交代をしたのですから、
民主党には、
立ちはだかる様々な壁たちを、
打ち壊していって欲しいです。


頑張って!

    ≫ read more
2009/10/13 Tue
彼女が観ていた、
ドラマ『リアル・クローズ』を、
見るともなく見ていたら、
黒木瞳演じるデキる女性が発する、
数々の名言が
耳につきました。


「アナタ、つまらないものを着ていると、
つまらない一生になるわよ」


とか、


「外見がすべてじゃない?
外見がすべてよ。

中身が見た目ににじみでるのよ。
だから、人間は見た目で分かるの」


とかとか。


wataqoo、
最近はまったく洋服を買っていません。


最後に買ったの、
いつだろう・・・。


最近、
スタイルさえ良ければ、
服は何でも似合うという思いを、
強くしているのですが、
洋服を選んだり、
試着したり、
買ったり、
毎日のスタイリングに悩むことも、
やっぱり楽しいですもんね。


こないだ代官山で、
それこそオシャレなお店の数々を、
見てまわっていたら、
自分の中の、
色んなアンテナというか、
センサーが刺激されたみたいで・・・。


洋服、好きだ。


でもでも、
洋服にお金を使っていたら、
それこそキリが無いですし、
それなら旅行とか、
他のことに・・・って、
思ってしまうんですよね。


いかに安くセンス良くというのも
オシャレですが、
かといって、
使い捨てというのも、
抵抗があります。


先日、ユニクロに行って、
ジルサンダー(JIL SANDER)のデザイナーと
コラボして話題の、
+J」を見てみたのですが、

「おっ、これは!」

と思って手に取ったカットソー。


切りっぱなしの袖が気に入って、
でも、襟がいかにもユニクロで。


あと一歩。


結局は、
しっかりした服を買って、
長く着るというスタイルに、
なってしまうのですが・・・。


「アナタ、つまらないものを着ていると、
つまらない一生になるわよ」


み、妙に説得力があります。


ただでさえ、
保守的になりがちな年代。


もうちょっと、
洋服を楽しんでみよう★

    ≫ read more
2009/10/12 Mon
ツール・ド・フランスを7連覇した、
帝王ランス・アームストロング著、
ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』を
読みました。


原題は、
"It's Not About the Bike"、
『自転車のことじゃない』。


彼の生い立ちから、
トライアスロン選手時代、
ロードレースへの転向、
睾丸ガンの告知と克服を経て、
1999年にツール・ド・フランスを
初制覇するまでを、
彼自信の言葉で、
鮮やかに描いています。





生まれつき、
天性の心肺機能はあったようなのですが、
それ以上に、
人並み外れた、
驚異的な練習を
していたことが分かります。


アメリカ人の彼が、
ヨーロッパで、
グランツールで、
ツール・ド・フランスで、
勝つことがいかに難しいことだったか。


生存率3%だったという、
肺と脳にまで転移したガンを、
やっつける為の化学療法が、
どんなに過酷だったか。


本当に映画のような人生。


でも、
リアルなんですよね。


この本が胸を打つのは、
彼のワガママであったり、
嫌な部分、
人に嫌われるようなところも、
ありのままに
書いているところ。


人間、
ランス・アームストロングを、
身近に感じられるからこそ、
病気の克服や、
ツールを勝つ場面で、
より心が動くのでしょう。


"How do you like them apples?"


これで、

「やったぜ!どうだ!」

という意味の、
スラングなのだそうです。


原書で読む時、
こういう言葉が、
壁になるんですよね・・・。


しかも、
そういう言葉に限って、
作品のKeyになっていたりします。





この本が
アメリカでベストセラーになった2000年、
彼はツール・ド・フランスを、
連覇しました。


そしてそれが、
その後の7連覇に、
つながっていくわけです。


天才とは、
つくづく、
努力の才能がある人のことを、
言うんですね。


読んでいて、
勇気をもらえる、
佳作でした★

    ≫ read more
2009/10/11 Sun
今日は、
まさしくノープラン。


ノープランなまま、
彼女とウチを出て、
方向だけ決めて、
電車に乗り込みました。


「普段行かないところに行こう」


ということで、
世田谷の方に行くことに。


学生時代などは、
しょっちゅう通っていた辺りですが、
最近では、
近くに行くことすらありません。


渋谷で降りて、
三軒茶屋まで歩きます。


途中、道玄坂の上の方で、
はしばやん」というお店で、
ちゃんぽんを食べました。


ちゃんぽん好きなwataqoo。


とても期待して入ったのですが、
麺は延び延びのやわやわ、
スープは魚介のダシが薄いのか、
パンチが無い。


スープにパンチが無いのに、
生卵がサービスで(?)
乗ってくるので、
さらにマイルドになって、
何だかよくわからない、
特徴のない味になってしまっています。


つまりは、
美味しくなかったんです・・・。


軽くショックを受けつつ、
池尻大橋を過ぎて、
三軒茶屋まで歩きました。


丁度今日はお祭りをしていて、
賑やかでした。


でも、立ち寄った
BELDA CAFE(ベルダ・カフェ)」は、
かなりイマイチ。


彼女の頼んだフルーツパフェは、
アイスクリームが溶け溶け。


「だいぶ前から作ってるなぁとは
思っていたんだけど、
これで出してくるなんて、
ありえないでしょ?」


と、彼女。


僕が頼んだティラブランも、
可もなく不可もなく、
それ故に、
満足感も無く・・・。


エスプレッソも、
まぁ、普通でした。


全粒粉や玄米を使った
ダイエットメニューが売りのようなので、
デザートだけでは何とも言えませんが、
雰囲気的にも場所的にも、
リピートは無いかな・・・。


ちゃんぽんに続いて
カフェでもハズし、
更に凹んだ僕ら。


彼女が、


「代官山に行ったことないんだー」


と言うので、
気を取り直し、
またまた思いつきで、
代官山まで歩くことに。


大体の方向と感覚だけで歩き出し、
中目黒を過ぎ、
代官山に到着。


さすが、
センスのいいお店が多い!


あっちもこっちもと回るうちに、
段々とテンションも上がってきました。


なので、
代官山を後にしてから、
そのテンションのまま、
また歩きだします。


渋谷を通り、
青山を通り、
赤坂を通り、
皇居を周り、
有楽町を過ぎ、
銀座と日本橋を経て、
ウチまで、
歩いて帰ってしまいました。


もちろん、
各所で寄り道を楽しみながら。


僕も彼女も、
MBTシューズ。


距離にして、
35kmくらい。


MBTじゃないと、
たぶん、
腰が痛くなったり、
足の裏が痛くなったり、
したと思います。


腰にも膝にも、
嫌な痛みはまったくなし。


逆に、
太ももやふくらはぎ、
腹筋や背筋には、
筋肉痛的な痛みが残りましたが、
トレーニングになったと思えば、


「運動した!」


という感じの、
実に気持ちの良い痛みです。


凄いぞ、MBT!


「何だか、
夜のピクニック』みたいだね!」


と、彼女。


というか、
三軒茶屋から歩いて帰ってくるなんて、
そんなことに付き合ってくれて、
もしかしたら、
僕以上に楽しんでしまう女性は、
そうそういないと思うんですよね。


本当に、
ありがとう☆★

    ≫ read more
2009/10/10 Sat
彼女が京都から、
無事に帰宅しました。


普段、休日は
いつも一緒に過ごしているので、
今日は一日独りでいて、
なんか一人で行動することに
慣れない感じで、
無為に過ごしてしまいました。


何の予定も立ててなかったのですが、
今度こういうことがあったら、
一人で出掛けるなり、
友達と約束するなり、
何かしよう。


まぁ、明日も明後日もお休みですし、
ゆっくり出来たということで、
よしとしましょう!


「ロードバイクの人もね、たくさん見たよ」


と、彼女。


京都でサイクリングって、
なんだか贅沢な感じでいいですね。


鴨川沿いとか、
ポタってみたいです。


「清水寺でもね、八坂神社でもね、
結婚式してたよ」


とのこと。


京都だったら、
お寺や神社で挙式も、
素敵ですよね!


京都。


何気に、
中学校の時の
修学旅行以来、
行ってないです。


「今度はさ、wataqooと行きたいナ」


と、彼女。


僕も!


さっき写真をPCに取り込んだので、
後で一緒に見てみようと思います。


おかえりなさい★

    ≫ read more
2009/10/09 Fri
こんばんは!


今日で、
今週も終わりです。


炊飯器に残ったご飯を、
彼女がいつも、
ラップに包んで冷凍してくれるのですが、
今日、僕は忘れてしまって、
さっきご飯を食べようと思ったら、
カピカピになっちゃってました。


「電気代が勿体ないし、
ご飯もカピカピになっちゃうよ」


どうしていつも冷凍するのか聞いた時に、
彼女が言ってました。


むむぅ、
はからずも、
証明されてしまった次第。


そのカピカピのご飯に
納豆をかけて、
冷奴と一緒に、
食べましたよ。


んー。


パスタやカレーや、
チャーハンなら作れるのですが、
一人だと逆に、
作る気にならないものですね。


そんな今夜は、
ちょっと寝不足なので、
早めに、
休もうと思います。


明日から
3連休。


嬉しいナ♪


ロードバイク乗ったり、
本読んだり、
モンハンしたりして、
のんびりするつもりです。

    ≫ read more
2009/10/08 Thu
今日から
彼女が、
京都へ旅行中です。


僕はお留守番。


というか、
お仕事。


帰って、
やきそば作って食べて、
思う存分、
モンハンをやっていたら、
彼女からメールが到着。


「やぁ、ハンター」


あれれ??


何故バレたのでしょう。


凄いタイミングで台風が来て、
新幹線が止まってもおかしくなかった状況で、
無事に京都までたどり着いて、
今日一日、
満喫したみたいです。


なにより、
なにより★


僕は明日もお仕事ですが、
彼女には是非、
リフレッシュしてきて欲しいです。


「お漬物を
クール宅急便で送ったから」


とも、
メールに書いてありました。


千枚漬けかなぁ。


嬉しいナ♪

    ≫ read more
2009/10/07 Wed
遂に、
Amazon.comで、
Kindleを日本でも、
購入できるようになるそうです。


いわゆる電子ブックで、
1,500冊の本を収納でき、
一度充電すれば、
2週間使えるのだそうです。


日本語の書物には、
残念ながら
まだ対応していないそうなのですが、
洋書って、
独特の形状で、
かなり場所をとりますし、
重いですから、
普段洋書を読む方には、
かなり重宝されるのではないでしょうか。


wataqooがいいなと思ったポイントは、
辞書を内蔵していて、
不明な単語があっても、
簡単な操作で、
すぐさま意味が表示されるところ。


もちろん、
英語の意味を英語で表示する、
英英辞書での表示になりますが、
僕、学生時代から、
英英辞書が大好きなんです。


すっかり英語に触れなくなって、
読み書きにも不安を覚える今日この頃。


279ドルですから、
円高である今、
大体25,000円くらい。


うーん。


迷うところです。


Appleからも、
似たような端末の発売が、
予定されているようですし、
もうちょっと待っても
いいかもしれませんね。

    ≫ read more
2009/10/06 Tue
坊主だった頭も、
だいぶ伸びてきました。


もともと柔らかい髪質なのですが、
毛の流れが集中して、
密集している部分が、
ゴワついてきました。


なので、
すきばさみを買ってきて、
昨日の夜、
彼女にすいてもらいました。


見た目はあまり変わらないのですが、
かなり量が少なくなって、
軽くなりました。


ありがとう☆


毛先を不揃いに、
ジャキジャキにしておくと、
ある程度伸びた時でも、
ワックスで動きが出たりして、
自然、
見られる髪形になります。


少し先のイメージは、
シド・ヴィシャス★


Sid Vicious


どんな風に伸びていくのか、
楽しみです♪

    ≫ read more
2009/10/05 Mon
先日、高島屋の、
「ウィーン世紀末展」を訪れた際、
同じ階で、
「北海道の物産と観光大北海道展」を
やっていたのですが、
そこで購入したタコわさが、
本当に美味しいんです。


今夜も、
サバみりんと一緒に、
美味しく頂きました★


それで、
最近読んだ2冊の本が、
とても対照的だったので、
ご紹介したいと思います。


まず、苫米地英人氏の、
苫米地式コ-チング』。



典型的な、
金返せ系です。


抽象的で、
一般的で、
聞き飽きたような記述を、
延々繰り返される苦痛。


その胡散くささには、
宗教的な臭いさえします。


字のフォントを大きくし、
余白を多めにとることで、
無駄にページ数を稼いでいます。


多作な作家によく見られる、
印税狙いの、
薄っぺらい、
悪質な内容でした。


それに比して、
対照的だったのが、
木戸一敏氏の、
あたりまえだけどなかなかできない質問のルール』。



内容がとにかく実践的で、
具体的。


すぐにでも使えるものばかり。


質問のスキルというのは、
営業に限らず、
プライベートの雑談も含めて、
様々な場面で活きるものです。


見開き2ページに、
一つの質問技法について、
上手くまとめているので、
いわゆる「隙間時間」にも使え、
読み手のことを、
よく考えて編集されています。


この点も、
『苫米地式・・・』とは、
一線を画すところ。


『苫米地式・・・』でも、
質問スキルが重要だという記述はあるのですが、
上っ面をなぞり、
数行登場するだけで、
実践には触れていません。


一体何が
「苫米地式」で、
そのどこがオリジナルなのか。


まったく理解できません。


一方、『質問のルール』の方は、
実際コーチングにも役立つものばかり。


具体的事例が、
経験に基づいて、
巧みに紹介されているので、
読み手にも
イメージされやすいのです。


丁寧な作りにも、
好感を持ちました。


同時期に読んだ本ですが、
ここまで違うと、
逆に面白かったです。


もし自分が本を書くとしたら、
知名度を利用して、
ただ数をこなす為の、
内容の無い本にだけは、
したくないものです。

    ≫ read more
2009/10/04 Sun
2009年10月の満月、
ムーンデイである今日は、
早起きして、
ロードバイクで
彼女と荒川に向かいました。


東京サイクリング協会主催の、
都民スポレクふれあい大会、
荒川ハーフセンチュリーライドに
参加してきたのです。


センチュリーは、
英語で100。


100マイル→160kmですから、
ハーフセンチュリーで、
80km。


記録は彼女と同じで、
3時間50分ちょっと。


トップタイムの人は、
2時間47分でした。


速すぎる・・・。


途中、結構休憩を入れたのですが、
まずは気持ちよく走れたことに、
満足しております。


今日はほとんど風が無かったのですが、
風があったら、
足がヤバかったかもしれません。


先日茨城に行った時には、
一日に100kmくらい走りましたが、
それは一日かけて走った距離ですから、
一度に走った距離としては、
初体験でした。


他の参加者の方々を見ると、
とっても年齢層が高い!


でも、すれ違う時に、
歯を見せて爽やかにご挨拶を頂いたり、
皆さま、とってもお元気でした。


「wataqooもさ、
あんなおじちゃんになる?」

と、彼女。


うん、あんな風に歳を重ねられたら、
素敵だと思います☆


ハワイで毎年行われる、
ホノルルセンチュリーライドを走ることが、
自転車の上での、
僕らの当面の目標ですが、
まだまだ、
精進が必要です。


「センチュリーだとさ、今日の倍だよ!」

「無理無理!」

「でもさ、ホノルルとかだったら、
ずっと景色が変わって行くから、
今日より走りやすいかもだよ」

「でも、坂とかあるんでしょ?」

「うーん、ちょっとしたのはあるかもね」


来年、行けたらイイナ♪

    ≫ read more
2009/10/03 Sat
こんばんは!


まず、恥ずかしながら、
昨日の日記について訂正があります。


皆さまご存知の通り、
アメリカの雇用統計、
昨日の日本時間夜9時には、
発表になっておりました。


すみません、
日付と曜日の感覚が・・・。


何はともあれ、
やはりまだまだ、
本格的な景気回復には、
時間がかかりそうです。


来週の為替がどう動くのか、
注目していきたいと思います。


それで今日は、
日本橋の高島屋まで、
『ウィーン世紀末展』を
鑑賞しに行って参りました。


僕の最も好きな画家が、
エゴン・シーレ。


シーレの作品が日本に来ることは、
とっても少ないので、
貴重な機会です。


しかも
クリムトも一緒の来日。


ずっとずっと、
お待ちしておりました。


開店に合わせて、
朝早めにウチを出たのですが、
人が少なく、
ゆったり見ることが出来ました。


上野で開催される美術展はどれも、
満員電車のような人ごみになりがちですが、
デパートの美術展は、
最高です!


Egon S<br />hiele


シーレもクリムトも、
出品数自体は少なかったものの、
全体的にバランスが取れていて、
満足しました。


「なんか私、苦手かも・・・」


と、シーレの作品を見て、彼女。


「シーレはね、スペイン風邪、
今でいうインフルエンザで
28歳の若さで亡くなったんだけど、
当時妊娠中の奥さんを看取ってから、
後を追うように亡くなったんだよ」


力説する僕。


「自画像がとても多くてね・・・」

「ナルシストなの?」

「うーん、そういう気はあるかも。
実際ハンサムだったんだけど、
自分でもその自覚はあったんだと思うよ」

「でも、ちょっと怖いな・・・」

「うん。僕はこのね、
人生を、いまこの瞬間を生きているということを、
そのままキャンバスに叩きつけたような、
彼の激烈さに惹かれるんだ」

「色づかいも暗いよ」

「そうだね。
だからなかなか売れなかったみたいでさ、
お金の無心ばかりしてたんだよ」

「それじゃ嫌われちゃうね」

「うん、でもこの肖像画の人、
アルトゥール・レスラーはね、
そんなにお金持ちじゃなかったみたいなんだけど、
ずっとシーレのことを支えて、
見捨てなかったんだよ」

「そっかぁ」

「シーレはね、
線や『手』の表現に
とにかくこだわってね、
ほら見て、この輪郭線・・・」


大好きな画家のことだけに、
ついつい、
力が入ってしまいます。


彼女はもっと、
静かに鑑賞したかっただろうと
思うのですが・・・。


ごめんね。


Gustav Klimt


幸運なことに、
2度に渡ってウィーンに旅行した際、
クリムトの『接吻』や、
シーレの『死と乙女』など、
代表作は、
ほぼ鑑賞することが出来たwataqoo。


ただ、そのレベルの作品は、
なかなか現地に行かないと、
見ることが出来ません。


それを楽しみに、
ウィーンを訪れる人も、
多いくらいですから。


Gustav Klimt


それでも、
こうして来日してくれた作品たちを、
ここ日本で見られるということ。


しかもゆったりと、
じっくりと、
間近に楽しめるなんて!


主催者の方々に、
感謝感謝★


日本橋高島屋では、
10月12日(月・祝)までの開催です。


    ≫ read more
2009/10/02 Fri
明日は
中秋の名月ですね。


雨の予報ですが、
夜にはやむのだとか。


どうか綺麗に、
晴れますように。


さて、
始めたばかりのFX(外国為替証拠金取引)ですが、
ちょっと手を加えて、
120円台に入ったところで、
ユーロ・円の買いも加えるなど、
ポジションを若干変更しております。


明日10/2の夜には、
アメリカの雇用統計が発表になります。


毎月この前後は、
為替も大きく動くので、
FXに投資する場合、
とっても重要な指標になるのです。


ここ最近の流れから、
僕なりの予想は立てておりますが、
為替を予測することは
かなりギャンブルなので、
どちらに動いても耐えられるだけの、
証拠金を準備することが、
まずは大切でしょう。


wataqooの場合、
低レバレッジの長期志向、
為替差益狙いなので、
そこまで過敏になることもないのですが・・・。


投資は、
小さな利益であっても、
ほったらかしの方が、
なんといっても、
気が楽。


ロードバイクで飛ばすのではなく、
のんびりポタリングって感じが、
好みです★


とにもかくにも、
どっちに流れが向いていくのか、
注目したいと思います。

    ≫ read more