2009/09/30 Wed
明日10/1から、
荒川で新ルール
適用されるのだそうです。


ゴルフの練習禁止とか、
バーベキュー禁止などに加えて、
自転車のことも。


もともと
自転車も含めてすべての車両は、
20km/h制限になっているのですが、
ロードバイクで20km/hって、
かなりのんびりな走行なので、
守っている人は、
とても少ないのです。


荒川は、
時間帯によって、
野球少年や
サッカー少年を始めとする子供たち、
犬を散歩させるおじいちゃんなどなど、
混雑していることも多いので、
その中を自転車で爆走することは、
確かに危ないんですよね。


どこか思いっきり練習できるような、
本当に自転車専用の道路を、
作ってもらいたいナ。


自民党新総裁の谷垣禎一氏は
生粋のロードバイク乗りなのだそうですが
野党になってしまいましたからね・・・。


あまり期待できないかもしれません。

    ≫ read more
2009/09/29 Tue
こんばんは!


先のロードバイクでの
ツーリング旅行で、
日焼けした腕と足の
皮がむけ始めました。


「汚い!」


と、彼女。


ここまでむけるのは、
久しぶりです。


しかも何故か、
右側だけ。


朝から北に向けて走ったので、
東からの日射しで、
強く焼けてしまったのかも
しれません。


次は本当に、
どこ行こうかなぁ★

    ≫ read more
2009/09/28 Mon
1ドル80円台に突入した今日、
wataqoo、
満を持して(?)、
FXを始めました。


といっても、
ドル円の買い一本、
レバレッジ2倍という、
ローリスクな形です。


とかく
ハイリスク・ハイリターンの
代名詞として紹介される外貨FXですが、
元手を多めに用意することで、
レバレッジを抑えることが出来、
レバレッジを抑えることで、
手数料の安い、
外貨預金的な
良質の資産運用手段となります。


短期的な利益ではなく、
あくまで長期的な視野で、
活用していきたい。


為替は、
なかなか理論の通用しない
難しい世界ですが、
実際に運用していくことで、
体でFX、
覚えていきたいと思っております。

    ≫ read more
2009/09/27 Sun
前売り券を購入して用意していた、
横浜・開国博Y150も、
今日で最終日。


早起きして、
行って参りました。


残暑でしょうか。


強烈な日差しのなか、
予想を超える人、人、人の波。


メチャメチャ混んでました。


Y150昼の蜘蛛


「はじまりの森」で、
まだお休みしていた、
巨大蜘蛛、
La Machine。


日産PIVO


「ドリームフロント」にて、
日産PIVO。

3人乗りの電気自動車。

コックピット的な運転席が
クルクルと回り、
それに合わせて、
タイヤの向きを
変えることが出来ます。

可愛い~♪


日産NUVU


こちらはもっと、
実用的なデザイン。

でも内装は、
やはり実験的であります。

これからの車は、
こうでなくっちゃ!

夢とロマンがあります。


Y150夜の蜘蛛・水吐き


そして夜。

文化祭のような、
退屈で安っぽいY150に、
辟易していた僕らも、
彼には圧倒されました。

ようやく動く蜘蛛、
La Machineを、
見ることが出来たのです。

間近で見ると、
物凄い迫力!

宮崎駿 meets AKIRA。

そんな感じです。

ブッシャーッ。

口とお尻から、
水を霧吹きます。


Y150夜の蜘蛛


ガッシャン、ガッシャン。


結局、
Y150で見るべき価値があったのは、
La Machineと、
未来の映画はこうなるのかなと感じさせてくれた、
スーパーハイビジョンシアターの音響と映像だけでした
(『BATON』は期待外れ・・・)。


これで定価2,400円は、
ぼったくりすぎです。


「全体的に子供向けだよね」


とは彼女の弁ですが、
もうちょっと、
大人も楽しめるような工夫が、
欲しかったです。


赤レンガ倉庫夜景


夜の横浜、
赤レンガ倉庫。

横浜は、
昼も開放的で
気持ちが良いのですが、
それでもやっぱり、
夜ですね☆


横浜コスモワールド夜景


夜のよこはまコスモワールド。


キラキラ★

    ≫ read more
2009/09/26 Sat
今日は、
前売りを買ってある、
横浜「開国博Y150」に、
早起きして行くつもりでした。


でも、
朝起きられず・・・。


それで予定を変更して、
ロードバイクに乗ろうということに。


ところが、
朝と昼を兼ねたブランチを
食べ過ぎてしまった為に、
一旦、おウチで
お腹をこなしてからにしようと
いうことになりました。


帰ってから、
Wiiでモンハン3を始めた僕。



彼女は・・・。


ベッドでぐっすり。


結局今日は、
ロードバイクに乗ることは、
出来ませんでした。


まぁ、のんびり出来たから、
いいですかね。

    ≫ read more
2009/09/25 Fri
自分を
より厳しい環境に置いて、
更なる高みを目指すか、
安全で楽なところにいて、
好きなことをして
人生を楽しむか。


難しい選択ですね。


どっちにいても、
その逆をきっと、
渇望するのだと
思います。


無い物ねだり、
ですね。

    ≫ read more
2009/09/24 Thu
今日は出勤だったのですが、
2週間くらい休みだったかのような、
久しぶりの感覚でした。


それくらい、
リフレッシュ出来たという
ことなのでしょうか。


ロードバイクでの旅行を経て、
食べてもすぐに、
しかも異常にお腹がすくので、
代謝も良くなったのかもしれません。


見ると、
彼女も、
凄い食欲です。


こりゃまた、
ちゃんと乗らないと、
二人して、
逆に太ってしまうかも!?

    ≫ read more
2009/09/23 Wed
シルバーウィーク
最終日の今日は、
一日、
のんびり過ごしました。


筋肉痛まではいかないのですが、
太ももの前面と背面、
ふくらはぎが、
若干重いです。


本当は早起きして、
パシフィコ横浜で、
今日まで行われていた、
海のエジプト展に、
行くつもりだったのですが、
昨夜リサーチしたところ、
あまりにも混んでいるらしいので、
やめました。


明日明後日、
またお仕事をすれば、
お休みです。


今月は、
気候も過ごしやすく、
ずっとしたくて、
でも出来なかったことをして、
肉体的にも精神的にも、
充実しております。


9月って、
いいですね。(笑)

    ≫ read more
2009/09/22 Tue
こんばんは!


無事に茨城までのツーリングから、
帰ってきました。


それで、簡単ではございますが、
旅行記を書きました。


茨城サイクリング・1日目
茨城サイクリング・2日目
茨城サイクリング・3日目


いまこうしてブログを書いてますが、
一度本当に、
車に轢かれそうになりました。


急に左折してきた車の、
内輪差に、
巻き込まれそうになったのです。


それでも、
とても楽しい旅に、
なりました。


僕と彼女の中では、
実は、行く先は重要ではなくて、
まずはロードバイクで、
走り回りたかったのです。


国道は危険で、
空気も悪かったのですが、
思う存分、
走ることが出来ました。


ロードバイクも旅も、
自然も田舎も、
大好き!


また明日からの活力を、
もらうことが出来ました。

    ≫ read more
2009/09/22 Tue
茨城サイクリング3日目
1日目はこちら
2日目はこちら)。


今日は曇り空かと思ったら、
一気に陽が射し、
一転して快晴に。


今回も
天気に恵まれた。


朝食後、
10時のチェックアウト近くまでゆったりし、
東京へ向かう。


国道6号が嫌だと言う彼女の為に、
ガーミン 3.5インチポータブルナビゲーション NUVI205を駆使し、
他の道を探そうとするが、
どうもうまくいかない。


正直、このナビ、
使えない・・・。


真っ直ぐ行けば到着するところも、
やたら右へ左へ、
曲げようとする。


自転車モードを選べる割には、
やはり車用のナビなのであって、
自転車では厳しい道にも、
ナビゲートしようとする。





4時間という、
連続稼働時間も、
ロングライドを考えると、
全然足りない。


結局、一番役に立ったのは、
道すがらの看板と、
方位磁石だった。


アナログ万歳!


とにかく途中からは、
国道6号に合流してしまったのだが、
無事帰宅することが出来た。


本日の走行距離、
60kmくらい。


今日もやはり、
車は渋滞している箇所が多く、
その脇を通っていくことは、
怖かった。


・ドアが急に開く。

・いきなり左折してくる。

・対向車線の車が渋滞の間から右折してくる。

・幅寄せをされる。


路肩を広めにするか、
歩道の段差を無くして歩行者と自転車を分けるか、
自転車専用道路を作るか。


ヨーロッパのように、
もっと自転車で
安全に走れる環境を、
民主党や各自治体に、
期待したい。


~ 茨城サイクリング3日間 ~
総走行距離:255.4km
 平均速度:22.3km/h
 最高速度:47.2km/h

    ≫ read more
2009/09/21 Mon
茨城サイクリング2日目
1日目はこちら)。


今日も快晴。


事前に予約をしていた、
朝食へ。


ホテルは
チサンイン土浦阿見。


1階ロビーが食堂にもなっているのだが、
席が少なすぎるので、
宿泊客が行列している。


30分ほど並んで、
ようやく食べることが出来た。


少し休憩してから、
準備をして出発。


良かった、
盗難にあうことなく、
ロードバイクは無事だった。


今日は更に国道6号を北上し、
水戸へ向かう。


連泊なので、
大部分の荷物を、
ホテルに置いてくることが出来たのだが、
むむぅ、
お尻が痛い。


昨日の痛みの余韻が、
残っているのかもしれない。


それでも順調に漕ぎ進み、
無事、水戸に到着。


日本三名園のひとつ、
偕楽園へ。


水戸偕楽園・階段


ロードバイクは、
駐車場の看板の、
太い柱に地球ロック。


夏日で、
日射しが痛い。


水戸偕楽園


これが有名な、
好文亭。


うーん、
渋くていい感じ。


水戸偕楽園・好文亭内部


内部の襖絵。


水戸偕楽園・好文亭見晴台より


よく管理された庭園。


水戸偕楽園・梅園を歩く


全部が梅。

視界のすべてをピンクに染める、
シーズンの景色を、
夢想する。


水戸偕楽園・吐玉泉


吐玉泉からは、
こんこんと湧き水が。

滝のように沸いているが、
本当に湧き水!?


水戸光圀像


ロードバイクで少し移動し、
水戸光圀公を写真におさめ、
帰路につく。

    ≫ read more
2009/09/20 Sun
今日から、
茨城までロードバイクで、
彼女と二人、
サイクリング旅行。


起きると快晴。


「台風が来るかも」


という心配をよそに、
天気に恵まれる。


まずホテルまで60km。


国道6号をひたすら北上。


交通量が多く、
渋滞箇所もたくさん。


車の列の脇、
路肩をひた走る。


遅々として進まぬ列に、
嫌気がさしたのか、
ウィンカーも出さず、
急に脇道目指して左折してくる車に、
2回、轢かれそうになる。


内1回は本当に危なくて、
数十センチの距離で、
後輪を横に滑らせ、
何とか回避。


怖すぎる・・・。


ロードバイク、
命がけ。


彼女は、
キャリアにORTLIEB (オルトリーブ) バックローラークラシックを固定し、
リュックを背負わない作戦。





やはり車体の重量が増える分、
登りが辛そう。


「でも、肩は痛くならないよ」


と、彼女。


僕はリュックで、
車体を軽量に保つ方法を選択。


サドルにかかる重量が増すので、
お尻が痛くなるのが欠点だが、
車体は軽く、
キビキビ動いてくれる。


どちらを取るか。


アップダウンが続き、
3度ほど休憩と補給をし、


「キツイ・・・」


と、音をあげそうになった頃、
ホテルに無事到着。


チェックインまで時間があったので、
荷物を預けて体と自転車を軽くする。


ホテル裏手の
ボーノパスタでランチ。


カプレーゼパスタ、
美味しかった!


お腹が落ち着いてから、
牛久大仏へ向かう。


牛久大仏・遠景


写真では大きさが伝わりにくいが、
世界最大級の青銅製仏像であり、
その大きさは、
ニューヨーク自由の女神の3倍、
手のひらに奈良の大仏を
乗せることが出来るのだとか。


牛久大仏・らほつ


頭を飾る
螺髪(らほつ)一つの直径が1m。


牛久大仏・近景


近づいて見上げると、
こんな感じ。


牛久大仏・近景バックショット


後姿はこんな感じ。


背中側のかかと下辺りから、
中に入ってエレベーターに
乗ることが出来る。


牛久大仏が出来るまで


浄土真宗東本願寺派
本山東本願寺が作ったそうだが、
大仏の中にエレベーターを作るなど、
信者の所業とは思えないのだが・・・。


牛久大仏・胸の穴から


エレベーターを上がり、
胸の穴からの眺め。

高さ80mくらい。


牛久大仏・公園


蓮の台座に出て見た公園。

色とりどりの花が咲く。

春の光景を、
簡単に想像することが出来る。


遠ざかる牛久大仏


さぁ、帰ろう。


牛久大仏とラベンダー


夕方に近づき、
肌寒くなってきた。


牛久大仏夕景・遠景


その後、
あみプレミアムアウトレットへ。

駐車場からも、
大仏が見える。


牛久大仏夕景・アップ


夕景もまた、
綺麗。


周りに何も建物が無いことが、
牛久大仏の存在感を際立たせている。


阿見プレミアムアウトレット


アウトレットからも、
大仏が見える。


神戸元町ドリア


神戸元町ドリアで、
ドリアを食べて、
ホテルに戻る。


珍しいお店なのかと思ったら、
サンマルク系の、
よくあるチェーン店だったみたい。


美味しかったから
良いのだけれど。


途中、街灯がほとんど無く、
持参したライトだけでは、
道を照らすことは出来なかった。


通り過ぎる車のライトを頼りに、
路面の状態を確認するという、
非常に怖い状態。


何とかホテルに辿り着いたが、
夜に乗るのは、
控えよう。


危険すぎる。

    ≫ read more
2009/09/19 Sat
こんばんは!


2009年9月の新月、
ムーンデイである今日、
お仕事を終えて、
上野のワイズロードへ。


ポケッタブルのウィンドブレーカーを
彼女の分と共に
仕入れてきました。


携帯性を重視して、
凄くちっちゃくなるものに、
しましたよ☆


これでもし途中で寒くなっても、
大丈夫。


明日から、
茨城まで、
ツーリングに行って参ります。


ホテルには駐輪場も無く、
前回の川越のように、
施錠可能な室内に保管して頂くことも
出来ないとのことなので、
輪行バッグを持参して、
部屋に持ち込むことにします。


重くなってしまいますが、
しょうがない・・・。


なんだかんだで
荷物が増えてしまったのですが、
こればっかりは、
ロードバイクでの旅行に
慣れていくしかないのかもしれません。


段々と荷物が減って、
スリムに旅行出来るように、
なるのだと思います。


また帰宅したら、
旅行の模様、
書きたいと思います。


イタリア旅行記も
まだなのですが・・・。

    ≫ read more
2009/09/18 Fri
Nacoさんの、
ツール・ド・フランス~君が教えてくれた夏~』を
読みました。





Nacoさんの書いた
最初の本とのこと。


昨日の記事に書いた、
土肥志穂さんの、
人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』に比べると、
読者に迫る迫力、筆致、
内容の深みという点では、
やはり遠く及ばないのですが、
Nacoさん自身の、
一個人としての観戦記と読むと、
なかなかに個性があって、
楽しく読むことが出来ました。


後半は、
名選手等のエピソード的な
エッセイになっていたのですが、
観戦記とエッセイと、
どちらかに統一した方が、
一冊の本として、
もっとまとまりが出たと思います。


パッケージツアーではなく、
自身でホテルも手配して、
自由にフランス旅行を楽しみつつ、
ポイントポイントで
ツールを観戦する旅もまた、
楽しそうですね★

    ≫ read more
2009/09/17 Thu
土肥志穂さんの、
人はなぜツール・ド・フランスに魅せられるのか』を
読みました。





サッカーのワールドカップ、
オリンピックと並ぶ、
世界三大スポーツの一つ。


去年の7月、
南仏に行った際、
観光からホテルに帰って
どっかりとベッドに座り、
テレビをつけると、
毎日、その日のツール・ド・フランスの映像が
流れていました。


昔を振り返ると、
学生時代など、
深夜にテレビで放送していたことがあって、
その映像を流しながら、
筋トレに励んだりした思い出があります。


当時は面白さがまったく分からず、

「景色が綺麗だなぁ」

とか、

「何だか単調だなぁ」

とか、
そんな印象を持ったことを、
覚えております。


それが今では、
彼女と共に、
ロードバイク・ライフを
楽しんでおります。


この本は、
先日読んだ小説、
サクリファイス』と相まって、
まったくの無知であった僕に、
ツール・ド・フランス、
ひいてはロードレースという競技の楽しみ方を、
醍醐味を教えてくれます。

もちろん、
帝王ランス・アームストロングや、
ヤン・ウルリッヒ、
ホセバ・ベロキ、
ファン・アントニオ・フレチャ、
ローラン・ジャラベール、
マルコ・パンターニ、
イヴァン・バッソ、
アレクサンドル・ヴィノクロフなどなど、
名選手による、
数々のドラマがあったことも。


テレビで見ても大迫力の走り。


チーム・タイムトライアルの轟音。


ヒルクライムに挑む選手の表情。


是非、生で、
見てみたい。


人生の目標がまた一つ、
増えました。




    ≫ read more
2009/09/16 Wed
こんばんは!


先ほど、
近くの自転車屋さんに、
依頼していた彼女のロードバイクを、
取りに行ってきました。


DEFY3に、
ミノウラ MT-800N リアキャリア
装着してもらったのです。



マウンテンバイク用のキャリアということで、
やはり素人には
装着が難しかった様子。


後輪ハブ辺りのダボに
キャリアを当ててみると、
どうしてもシートステーが干渉し、
ネジ穴が合いません。


そこで自転車屋さん、
キャリアを少し削ることで、
その問題を解決してくれました。


更に、
シートステー側のダボも、
リアブレーキに干渉してしまうので、

「ちょっと改造しました」

と、自転車屋さん。


なんと、
シートポストを固定するネジ部分を、
長いネジに交換することで、
直接キャリアを、
固定されてました。


シートポストとリアキャリアを、
同時に固定している感じです。


リアキャリアを装着したDEFY3


プロは凄いなぁ・・・。


もちろん、
リアキャリアを使わない時には、
キャリアをアーレンキーで外して、
シートポスト固定のネジを、
元のネジに交換するだけで、
元に戻ります。


とにもかくにも、
これで彼女も重いリュックで、
肩を痛めることなく、
ツーリングを楽しむことが
出来るはず。


楽しみです☆

    ≫ read more
2009/09/15 Tue
今日は、
朝、出社する時、
小雨が降っていました。


彼女は傘を持って出たのですが、
いつものように、
傘を持たずに出た僕。


「なんで傘持って行かないの?」

と、彼女。

「いや、カバンに折りたたみ入ってるし、
傘さすような雨じゃないでしょ?」

と、僕。

「そもそもさ、
イタリア人は傘ささないってよ」

と、続けて僕。

「ほんっと面倒くさがりなんだから」

と、彼女。


いや、面倒臭いとかではなくて、
傘を持っていくことも、
傘をさすことも、
好きではないのです。


なので、
よほど明確に雨が降っていない限り、
たとえ傘を持っていたとしても、
さしません。


イギリス人もフランス人も、
あまり傘をささないみたいですし、
ヨーロッパでの生活に向いてるのかしら?


なぁんて。

    ≫ read more
2009/09/14 Mon
昨日の今日で、
出勤でした。


時差ボケなのか、
午前中は、
少し気分が優れなかったのですが、
午後からは普通の体調に
戻ってくれました。


仕事にも、
最初こそ戸惑いがあったものの、
すぐに順応してしまいました。


嬉しいやら、
哀しいやら。


ただ、今の僕の環境、
とても恵まれていることは、
確かです。


少しですが日本を離れてみて、
再確認しました。


本当にいつもいつも、
ありがとうございます!


またお仕事の面でも、
周りの方に貢献出来るよう、
日々を積み重ねて参ります。

    ≫ read more
2009/09/13 Sun
ボナセーラ(Buonasera)!


wataqoo、
無事にイタリアから
帰国いたしました。


今年も、
楽しく素晴らしい時間を、
過ごすことが出来ました。


南イタリアを中心に
周ってきたわけですが、
最後に立ち寄ったローマ。


ヨーロッパの色んな都市を
見てきましたが、
圧倒的でした。


たぶん最初にローマを見てしまったら、
他の都市が、
ちゃっちく思えてしまうのでは
ないでしょうか。


もちろん、それぞれの都市には、
それぞれの魅力があるのですが、
ローマには、
スケールの違いを
見せつけられた感じです。


次に印象に残っているのは、
カプリ島の大自然。


トレッキング?


買ったばかりの
MBTシューズで、
毎日毎日、
よく歩きました。


食事は・・・。


ツアーだったからか、
美味しくはあったのですが、
期待を大きく下回りました。


最後のローマ自由時間で訪れた
カンツォーネも楽しめるリストランテは
とても美味しかったので、
もっと自分たちで
お店を選ぶことが出来たのなら、
よりグルメを満喫出来たのかもしれません。


それともやっぱり、
日本のイタリアンの
レベルが高すぎるのかな。


日本でも充分、
美味しいですもんね!


とりあえず、
時差ボケ対策で
今まで起きていたわけですが、
もう限界です。


旅行記はおいおい、
書いて参ります。


去年、中途半端で終わってしまった分、
今年はきちんと、
書いていきたいと思っております。


写真を多めに入れていきますよ!
    ≫ read more
2009/09/06 Sun
おはようございます!


今日からwataqoo、
イタリア旅行に
行ってきます。


まずナポリに向かい、
ポンペイを経て
カプリ島へ。

翌日は
カプリ島を堪能。

三日目は
マテーラと
アルベロベッロを探索。

次の日は
カステッラーナ・グロッテを見てから
レッチェを歩きます。

最後の日は、
ローマを楽しんで、
帰国。


6泊8日の日程です。


初イタリア、
楽しんで参ります。

    ≫ read more
2009/09/05 Sat
2009年9月の満月、
ムーンデイである今日。


無事に(?)早起きして、
ロードバイクに
乗ることが出来ました。


暑い一日でしたが、
日が高くなる前に、
荒川CR(荒川サイクリングロード)に向かい、
気持ちよく走ることが出来ました。


往路は、
追い風で楽ちん。


よく言われることですが、
ロードバイク、
人生に似ています。


追い風だと、
あまり意識して漕がなくても、
スイスイ進んでくれます。


とっても気持ち良くて快適で、
スーパーマンになった気分。


「俺って凄い!」


ともすると、
それが自分の実力だと
勘違いしてしまうのですが、
実際は、
周りの環境に支えられ、
他の誰かのお陰だったりします。


逆に向かい風の中にあってこそ、
実力が出るし、
実力が試されるのです。


復路は向かい風で、
足がパンパンになりました。


ロードバイク、
最高!


勉強になります。


先日購入したビブパンツ、
パールイズミ 【T253-3D】プリザーブ プレミアムタンクトップパンツも、
今日は大活躍。





腰にパンツのゴムが無いことが、
こんなにも快適だったなんて・・・。


お腹周りも
しっかり深めに包んでくれるので、
お腹が冷えて、
下すこともありません。


ビブパンツ、
ハマります。


それで帰ってから、
今度はママチャリに足を替え、
日本橋までサイクリング。


本当はロードバイクで行きたいところですが、
鍵をしていても、
アッと言う間に盗まれてしまうのです。


日本橋に行った目的は、
MBTシューズを買う為。


MBTとは、
Masai Barefoot Technologyのこと。


スイスで開発され、
日本には6年前に、
入ってきたそうです。


この間、読了した、
サバイバル時代の海外旅行術』で、
著者の高城剛氏が、
強く勧めていた靴。





事前にネットで調べて
値段を見た時に、
ビビって尻込みをしたのですが、
まずは試しに履いてみよう、
その印象や感触で決めようと
思ったわけです。


そうして、
店頭でMBT専門トレーナーに
アドバイスを受けつつ、
サイズ合わせをして、
実際に履いてみると、
これが実に気持ちがいい!


「面白いね!」


と、彼女もご機嫌。


ビルケンを
初めて履いた時の感覚に似ていますが、
うーん、
それともやっぱり違います。


ビルケンは、
固めの砂浜という印象でしたが、
MBTは、
ふかふかの芝生の上を、
裸足で歩いているような感覚。


彼女の分と2足分を購入。


思いきりました!


「ところでお客様、
姿勢にも歩き方にも
まったく問題が無いのですが、
どこかで訓練されたのですか?」


と、MBT専門トレーナー。


「普通、初めてこの靴を履くと、
バランスを取れなかったり、
重心が崩れてしまいがちなのですが・・・」


確かにwataqoo、
昔、デューク更家氏の
ウォーキング・ワンデイレッスンを受けましたが、
基本は、
ヨガやピラテスを通じて、
常に軸を意識しているからだと思います。


これからは、
この靴を履いて歩くことで、
より体の内奥を意識できるよう、
トレーニングしたいと思います。


歩くことが
楽しくなりそう♪


その後、
ついでに銀座まで足を伸ばし、
久しぶりにスパイス・ピエロ
野菜たっぷりのスープカレーを堪能。


近くに他のスープカレー屋さんもありますが、
僕らはこのお店が
お気に入り。


美味しいです★


Abercrombie & Fitch


お腹いっぱいになって、
自転車を押しながら、
歩行者天国を散策していたら、
プラダの斜め向かいに、
アバクロ(Abercrombie & Fitch)発見!


12月15日に
オープン予定だそうです。


遂に遂に、
もう一つおまけに遂に、
日本に来るのですね。


待ちくたびれてしまった・・・。


思ったより小さいビル。


こりゃ、
オープンしたら、
壮絶な混雑に
なりそうです。


Cafe de L'AMBLE


そんなことを考えながら、
久しぶりの、
カフェ・ド・ランブルに到着。


すると、
入り口横の焙煎室に、
おじいちゃんの姿が!


伝説の焙煎士、
関口一郎マスターです!!


1914年(大正3年)のお生まれだそうですから、
今年で御歳95歳。


僕らが入店した時は、
焙煎したばかりの豆の
仕上がり具合を、
チェックされていたようでした。


凄い・・・。


本当に、
まだまだ現役で
いらっしゃるんですね。


背中を拝見しただけですが、
初めてお目にかかることが
出来ました。


そして今日は、
カウンターをゲット!


職人技のドリップショーを
すぐ近くでじっくり見させて頂きつつ、
極上の珈琲を堪能。


モカハラーの濃厚を、
頂いたのでした。

    ≫ read more
2009/09/04 Fri
彼女が、
自転車で旅行する時、
リュックだとどうしても
肩が痛くなると言うので、
キャリアとバッグを
注文しました。


彼女のDEFY3には、
ダボ穴がちゃんと付いているので、
安定したキャリア(荷台)を
付けることが出来ます。


MINOURAのリアキャリアだけで
1.2kgの重さ。


軽さが重要なロードバイクを、
重くしてしまうことには、
疑問が残るものの、
どうせなら快適な方が、
いいですもんね!


僕はリュックで、
参ります。


DEFYと言えば、
2010年のGIANT、
各モデルが発表になりました。


初めて設定された
SCR1の
ピンクバージョンが、
可愛いです。


今の子たちも、
まだまだピカピカなのに、
ついつい、
新しいモデルも、
欲しくなってしまいます。

    ≫ read more
2009/09/03 Thu
先日、仕事終わりに、
知らない番号から
携帯に電話がありました。


「誰だろう?」


と思いつつ出てみると、

「神戸クリニックの○○と申します」

とのことで、
レーシック手術を受けた、
神戸クリニックからでした。


「その後いかがですか?」

目の調子を聞かれ、

「またいつでも無料で
検査・診察を致しますので、
ご予約されて、
是非いらして下さいね」

と、言われました。


きっと、銀座眼科の事件があって、
レーシックの悪評が立ってしまった為に、
何とかその信頼を回復しようと
フォローの電話を
されてるのでしょう。


口コミが
大きく集客に影響する業界。


神戸クリニックは、
永久保障が売りですから、
こういうアフターケアは、
嬉しいです。


「ところで周りの方で、
レーシックにご興味がおありの方は
いらっしゃいませんか?」

と、しっかり営業もかけられましたが、
今後とも誠実に、
運営をして頂きたいです。


神戸クリニックには、
僕の目を、
こんなに快適にして頂いて、
今でも本当に、
感謝しております。


これからも、
長い付き合いになりますが、
よろしくお願い致します。

    ≫ read more
2009/09/02 Wed
今度の
シルバーウィーク。


自転車旅行をすることに
決めました。


彼女と二人で、
2泊3日。


今回は茨城まで、
行ってこようと
思っております。


人気の連休ですから、
宿を取るのに
手間取るかなと思ったら、
UCのゴールドカード付帯の、
クラブ・オフを通して、
スムースに予約することが出来ました。


初めて使ったけれど、
クラブ・オフ、
横浜開国博Y150のチケットを1000円で買えたり、
ゴーギャン展やトリノ・エジプト展のチケットも
かなり割引で買えたりと、
使えるサービスかもしれません。


今までは楽天トラベルを
よく利用していたのですが、
次からは、
クラブ・オフとどちらが良いか、
比較してみたいと思います。


旅行に向けて、
また足を慣らしていかないと!


楽しみが
増えました♪

    ≫ read more
2009/09/01 Tue
高城剛氏の、
サバイバル時代の海外旅行術』を
読みました。


高城剛氏といえば、
あの沢尻エリカさんの
旦那さん。


テレビで見る限りでは、
何の仕事をしてるのかも分からない、
ただの若作りのオジサン
という感じだったのですが、
この本を読んで、
イメージがガラリと変わりました。





僕らでもすぐに実践できるような、
実用的で有用な情報を、
惜しげもなく公開されています。


海外旅行好きには、
たまらない一冊では
ないでしょうか。


早速、
活用しようっと★


それで、
彼のブログ
初めて見てみたのですが、
さすが映像作家というだけあって、
写真のクオリティー、
構図にセンスが感じられて、
素晴らしいんです!


wataqoo、
完全に、
見た目で先入観を持って、
彼のことを
見ておりました。


反省。


高城剛氏の今後の活動には、
これからも注目してみたいと
思います。

    ≫ read more