2009/01/31 Sat
今日も、
お寿司屋さん・義純でランチ。

今日は、
にぎりにしてもらいました。

1.5人前、
茶碗蒸しとお椀付きで、
1,100円。

美味しく、
お腹いっぱいになりました。

「土曜と祝日のランチは、
本当に暇なんだよ」

と、大将。

安くて美味しくて、
お勧めですよ、
義純★


それで夜は、
カフェ・スタイル・コジロウのマスターお勧め、
お好みもんじゃ・よこたへ。

今まで何度か傍を通った時に、
いつも満席で諦めていたのですが、
今日も満席。

一応、聞いてみようと思って店内に入ると、

「予約してますか?」

と、おかみさん。

していないことを告げると、
おかみさんが大将に聞いて下さって、

「いま丁度、一つ席が空くから、
一時間だけだったらいいって」

とのこと。

ラッキー!

予約しないとダメなほどの、
人気店だったんですね・・・。

お好みもんじゃ・よこた

もんじゃのメニューは、
よこたもんじゃと五目もんじゃの二つだけ??

よこたもんじゃにしました。

「お腹が空いてるなら1.5人前」

とのアドバイスを受け、
1.5人前を注文。

写真手前のボール一杯に、
山盛りの具材が登場。

凄いヴォリューム!

僕は、東京生まれの東京育ちなのに、
もんじゃ2回目?3回目?って感じの初心者なので、
小さい頃から自宅で普通にもんじゃを食べていたという
彼女にほぼお任せ。

でも、ここ、よこたでは、
汁が少なめで土手を作る必要がないとのことで、
彼女もあまり腕の見せ所がない感じ。

混ぜて鉄板に置いて待つ。

豪快にして痛快!

食べてみると、
ソースベースの味ながら、
ちゃんとダシの風味や具材の味が活きていて、
キャベツの甘みが特に良かった!

とても美味しくて、
お腹いっぱいになりました。

「金土日は予約してね」

と、お会計の時に、
おかみさん。

大将も、
話好きの江戸っ子という感じで、
素敵なお店でした☆
    ≫ read more
2009/01/30 Fri
今日は一日、
雨でしたね。

明日の予報も、
100%の降水確率で、
雨だそうです。

100%って・・・。

明日はロードバイクを諦めて、
インドア系で、
ゆっくりするしかなさそうです。

それで、さっき観たドラマ、
Love Shuffle・ラブシャッフル』。

またまた出ましたよ、
名言が!

「大体、盗った盗らないって、
女は物じゃねぇんだよ!」

それから、

「愛情と同情は、温かさは似ているが、
赤と青のように、色が違う」

うーん、
まだまだ現役、
やりますね、野島伸司さん。

面白いです、
このドラマ。

可愛いです、
吉高由里子ちゃん

それで、
僕がそんなことばかり言うものだから、
彼女も、

水嶋ヒロ、格好いいよね」

と、言い出しました。

はいはい、
格好いいよね。

慶應卒だって!

なんでよりにもよって・・・。


あっ、
危うく本題を書き忘れるところでした。

今日も仕事終わりに、
アシュタンガヨガのハーフプライマリー、
レッドクラスに参加。

・・・って、
欧米系外国人の男性と、
僕だけでした。

雨だから??

「危ない、危うく先生と二人きりに
なるところだった」

と、思ってしまった僕。

これがダメなんですよね。

「ちくしょう、
もう少しでマンツーマンだったのに」

こういう風に思えないと。

何でもそうなんですが、
イマイチ貪欲になりきれないんです、
wataqoo。

広いスタジオにマンツーマンだったら、
それこそ、
真の伝統的、
マイソールスタイル。

師から弟子へ。

上達への、
一番の近道。

でもでも、
広いところに僕ら二人と先生で、
ほとんど呼吸は自分のしか、
(僕には)聴こえず、
いつにも増して、
呼吸に集中することが出来ました。

もともと雨が降っている時に、
室内で読書なり、
何かするのが大好きなので、
今日のヨガも、
最高に気持ちよかったのでした。


ナマステ、ナマステ・・・。

    ≫ read more
2009/01/29 Thu
こんばんは。

お風呂上りに、
体を拭いて服を着る前後、
体をバチンバチンと、
朝青龍さながら、
無意識に叩く癖があって、

「いつからだろう」

とか、

「なぜ叩くんだろう」

とか、
我ながら謎が多い行動に、
悶々としているwataqooです。


それで、
定額給付金について、
初めて書きます。

定額給付金は、
民主党やメディアに指摘されるまでもなく、
無駄が多い上に、
金額も中途半端で、
各自治体に負担をかけるだけの、
まったく意味がない施策だと思っています。

彼女と、

「どんな経済政策だったら、
お金を消費に回すかなぁ」

と話していて、

「消費税を一時的にでも引き下げることが、
最も効果的だろう」

という結論に達しました。

少なくとも僕らは、
時限的にでも消費税が3%なりに下がれば、
大きい冷蔵庫を買うでしょう。

お金持ちや資産家にこそ、
倹約家が多かったりしますから、
大きな買い物が活発になるかもしれません。

そして、そうした消費の積み重ねが、
経済を盛り上げ、雇用を生み、
良い流れにつながるのだと思います。

定額給付金は、
公明党が推しているという話ですが、
公明党の支持母体であるところの
創価学会員の方々は、
果たしてこの政策について、
どのようにお考えなのでしょうか。

ご意見を伺ってみたいところです。


それで話は変わって、
昨日に続いて通販ネタですが、
今日、梅干が届きました。



僕が以前お世話になった方のブログで、
梅いちばん」というお店が紹介されていて、
読んでいるだけで唾が口に溢れ、
たまらず注文してしまった次第です。



3種類の梅干と、
モンドセレクション最高金賞受賞の梅酒、
お手ごろ価格の梅酢、
併せて梅エキスを注文。

本物の梅の小枝が同梱されていて、

「一輪挿しにどうぞ」

との添え書きが。

ふっくらとした蕾がいくつもあって、
今にも花を咲かせてくれそう。

なんて風流で粋なことを!

この素敵なお店、
メールのやりとりにも
温かい気遣いを感じました。



とりあえず今夜は、
梅エキスだけ食してみたのですが、
これ、本当に凄いです。

今まで食べてきたあらゆる食べ物のなかで、
一番、酸っぱい!

まるで罰ゲームのような酸っぱさに、
梅好きを自認する彼女でさえ、
文字通り閉口しておりました。

僕は、マンガの中の、
梅干を食べた時のおばあちゃんのように、
顔のすべてのパーツやシワが、
中央に寄り集まるような感覚がして、
体中の毛穴が開き、
汗が出ました。

栄養たっぷりで、
滋養強壮、
美容にも効くみたいなのですが、
こりゃ、いかにも効果ありそうです。

お世辞にも美味しいとは言えませんが、
不味くはないですよ。

ただただ、
強烈に酸っぱいです。

あぁ、書いていたら、
また口の中が、
唾でいっぱいになりました。

梅干や梅酒も、
試したらまた、
感想を書きたいと思います。

    ≫ read more
2009/01/28 Wed
毎週水曜日は、
近くのピザ屋さんの、
半額dayです。

今日も、
ピザを買って、
ピザパーティーとなりました。

とても美味しかったのですが、
お腹にズシンときます。

それで、
彼女に買ってあげた
ウチのMP3。

ロードバイクで聴くのも危ないですし、
電車もあまり乗らないですし、
休日は二人一緒にいたりするので、
放っておかれて、
全然活用されていませんでした。

なので、
スピーカーを購入しました。

MP3につけられます。



コンパクトで、折りたためて、
何より電源不要なところが良いです。

その分、出力は弱くなってしまうのですが、
近場で聴く分には、充分な音量。

これでMP3を台所に置いて、
彼女が料理する時や、
僕が珈琲をドリップしたりする時に、
音楽を楽しむことが出来ます。
    ≫ read more
2009/01/27 Tue
ようやく、
注文していた
ケンウッド特定小電力トランシーバーUBZ-LK20
届きました。



タバコの箱くらいの大きさで、
本体自体は驚くほど軽量なのですが、
単3電池を3つ入れると、
結構重いです。

早速、

「もしもし」

とか、

「聴こえますか?どうぞ」

とか、
彼女と試してみましたが、
静かな我が家の夜では問題ないものの、
実際に走りながらでないと、
走行中の使用感は、わかりません。

イヤホンマイクを利用する場合、
VOX機能(音声に反応して自動的に交信が始まる)は使えないので、
話したい時にはどうしても、
片手をハンドルから離して
PTTボタンを押す動作が必要になります。

高校3年間を
毎日ドロップハンドルで過ごした僕にとっては、
片手運転もお手の物ですが、
彼女にとっては、
どうでしょうか。

少し不安が残ります。

片手運転が無理そうなら、
イヤホンマイクは使わず、
本体をどうにかして胸元付近に装着して、
VOX機能でハンズフリー、
なんて妄想をしております。

走行中の、
風が正面からビュービュー吹き込むなか、
果たしてVOX機能が有効に使えるのかどうか、
疑問が残りますが・・・。

でも、そんな僕らの姿。

一昔前のマンガの世界のようで、
男の子としては、
たまりません。

早く使ってみたくて、
ワクワクします★
    ≫ read more
2009/01/26 Mon
2009年、
1月の新月、
ムーンデイである今日は、
寒い一日になりました。


昨夜は調子に乗って、
また夜更かししてしまった僕。

なので、
当然ですが、
今日はずっと、
眠気との戦いでした。

社会人として、
どうなんでしょうか・・・。

おまけに、
全身、筋肉痛まではいかないのですが、
背中の筋肉、
広背筋が特にダルくて、
眠ダルな一日となりました。

それで、ロードバイクを漕ぎ続けることで、
代謝が良くなっているのか、
朝ごはんを食べて行ったのに、
すぐにお腹が減って、
昼食の前に間食してしまいました。

更に、お昼ご飯をガッツリ食べたのに、
午後もすぐにお腹が減って、
帰宅してすぐ、夕飯に飛びつく始末。

彼女も同じように、
とにかくお腹が空いた一日だったみたいで、
夕飯の量が、
いつにも増して多かったのですが、
残さず完食。

昨日使ったエネルギーを、
今日で必要以上に、
補給してしまった感じです。

ロードバイクを
正しいフォームで乗ろうとすると、
太ももの筋肉もそうですが、
広背筋や腹筋も使います。

そのどれもが大きい筋肉ですから、
エネルギーをたくさん、
消費するんでしょうね。

全身運動で、
有酸素運動で、
且つ、ジョギングなどに比して、
体や心肺機能に無理な負担をかけない。

素晴らしいです!
    ≫ read more
2009/01/25 Sun
今日は朝から快晴。

早速、
昨日買っておいたパンをリュックに詰めて、
ロードバイクを出し、
サイクリングへ出掛けます。

彼女は、
昨日落車(転倒)して、
膝頭を痛々しく腫らしているので、
ちょっと不安そう。

「ペース合わせるから、のんびり行こう」

と、彼女に声を掛け、
いざ出発。

また荒川サイクリングロードを北上し、
川越方面を目指します。

ビンディングペダルは、
走り出しちゃえば
ペダリングの効率も上がり、
色んな筋肉を使えるので、
至極快適なのですが、
ストップ&ゴーの時の着脱に、
やはりまだ不安が残ります。

例えば、
昨夜の両国国技館周辺は、
盛り上がる大相撲初場所の為でしょう、
物凄い量のタクシーで、
丸々一車線は、
縦列駐車によって軒並み塞がれていました。

その脇を通る時など、
ビンディングペダルにまだ不慣れな僕らとしては、
ちょっとした恐怖でした。

駐車している車が、
いつ発進するかもしれない、
いつドアが急に開くかもしれない、
いつ幅寄せしてくる左折車と
挟み撃ちにされるかもしれない・・・。

それに比べれば今日は、
車のいないサイクリングロードを走るわけですから、
かなり気が楽でした。

行きは割と順調で、
今日は荒川の左岸(東側)をメインに走ったのですが、
車止めを抜ける時に彼女がフラついて、
ちょっと肘をぶつけた以外は、
川口や戸田を抜けて、
彩湖まで無事故で到着。

「今日は秋ヶ瀬公園まで行けるかな」

と思いつつ、
彩湖サイクリングロード入り口で停車した瞬間、
後ろから来て同様に停まろうとした彼女が、

「あぁ、どうしよう!」

と叫び、
落車(転倒)。

昨日とまったく同じ転び方で、
まったく同じところ(左足の膝頭)を
アスファルトに強打。

あまりの苦痛にしばらく動けない彼女。

ほとんど停車していて、
確かに右足のビンディングは外れていたのに、
なぜ左側に倒れて昨日と同じ転び方をしたのか、
理解できずに混乱する僕。

とりあえず、
彼女が動けるようになるのを待って、
場所を移して休みます。

昨日強打して、
尋常じゃなく内出血していた、
まさに同じところを打ちつけたわけですから、
相当痛かったと思います。

「今日はここでパン食べて、引き返そう」

と、僕。

でも、パンを食べてゆっくりすると、
彼女も落ち着いてきたらしく、

「秋ヶ瀬公園まで行く」

と、気丈に顔を上げました。

なので、
またロードバイクにまたがり、
彩湖を抜けて秋ヶ瀬公園入り口まで行ってから、
引き返しました。

同じルートで帰ることにして、
再び彩湖を抜け、
荒川左岸の土手に入ろうとして、
車止めの前で停車した瞬間、

「あぁ、どうしよう!」

と、背後から再び彼女の叫び声と、
ガシャンという音が。

昨日今日と、
3度目の落車(転倒)、
しかも同じところを強打。

もう、
見ていられない痛がり方でした。

「あたし、普通のペダルに戻したい・・・」

恐怖心で、
すっかり意気消沈してしまった彼女。

3度も同じところを打ったのですから、
当然ペダリングにも影響が出ます。

かといって、
どうすることも出来ず、
ゆっくりゆっくり、
帰ることに。


こうして無事にウチに帰ることが出来たのは、
彼女の根性のお陰です。

もともと彼女は、
自転車を停車する時に、
右足をついて停まる癖があったようです
(普通は左足をつきます)。

左足が利き足の僕でも、
左側通行の場合、
左に足をついた方が安全なので、
左につきます。

増して右足が利き足であれば、
左に足をついた方が、
スタートで踏み込む時にも
(右足で踏み込むことが出来て)、
楽なはずなんですが・・・。

一体どうして彼女は、
右に足をつくようになってしまったのか。

そうは言っても、
長年の癖は、
なかなか一朝一夕に
抜けるものではありません。

「危ないから少しずつでも
左足をついて停車するように、
練習しなさいね」

と僕が言ったことが、
彼女を混乱させてしまったのかもしれません。

折角、彼女も喜び楽しんでいたのに、
これでロードバイクを、
嫌いになって欲しくないのですが・・・。
    ≫ read more
2009/01/24 Sat
今日は、
寒い一日になりました。

まず亀戸のフレンチ、
西洋料理ビストロ雄にてランチ。

前菜付きBコース1,500円を食しましたが、
サーモンは肉厚で脂が乗っていたものの、
ちょっと塩気が多くて・・・。

デザートは美味しかったです。

それから、
ロードバイクを駆って、
なるしまフレンドへ。

ちゃんと道を調べて行ったので、
スムースに到着。

購入後一ヶ月の点検をお願いして、
ビンディングペダルとシューズを物色。

特に下りでは、
物凄いスピードの出るロードバイク。

普通の靴とペダルでは、
足が外れてしまったりして、
大事故につながってしまうので、
スキーのビンディングのように、
ペダルとシューズを、
カチッと嵌めるようになっています。

僕は予定通り、
シマノ XTR PD-M970 SPDペダルと、
同じシマノのシューズを購入。



彼女も同じくXTRにするつもりだったのですが、
アドバイスを求めたなるしまの店員さん(超詳しかった!)が、

「TIMEの方がロードによく馴染んで使いやすいですよ」

とか、

「『カチッ』とハマった感、外した感があるのはTIMEですね」

とか仰ったので、
彼女はTIME (タイム) ATAC XE ペダルに。



これが大正解で、
彼女には、
とても使いやすいペダルになったようです。

「公道に出る前に」

と、裏道で練習したのですが、
その時に彼女が、
停車している状態から、
バランスを崩し、
ビンディングを外した足の逆側に倒れ、
まさかの落車(転倒)。

頭こそ打たなかったものの(ヘルメットはしてます)、
シューズをペダルに固定されている為なのか、
膝頭からアスファルトに打ちつけたようで、
大変痛がっておりました・・・。

車もいなかったですし、
頭も打たなかったのは何よりだったのですが、
初めての落車ということで、
彼女も意気消沈。

真っ直ぐ帰ることにして、
走り始めた直後、
珈琲豆を焙煎するいい匂いが・・・。

「ちょっと豆、買ってくる」

たまらずロードバイクを停めてお店に入る僕。

パウルコーヒーという自家焙煎の豆売り専門店で、

「酸味の効いた珈琲を」

と指定したら、
モカ・シダモを勧められ、
200g購入。

何故か100gずつ小分けにされたのですが、
毎日飲まない人だと、
焙煎から時間が経ちすぎてしまい、
味や風味が落ちてしまうので、
それを防止する為かと思われます。

いえいえマスター、
僕はたくさん飲むので、
大丈夫ですよ!

それで、お店を出ると、
待っていてくれた彼女が、

「ケガした私より珈琲なのね」

と、フクれておりました。

ご、ごめん・・・。

僕のペダル、XTRは、
最初、停車時に練習した時には、
とても嵌めにくくて弱ったのですが、
実際に走りながら踏んでみると、
スムースに嵌まって、
しっかり外れてくれます。

デザインも格好いいし、
色味も、愛車のDEFY1にピッタリ!

まだ慣れないので、
突発的な急停車時に、
つい足を持ち上げて外そうとしてしまったり
(本当はかかとを外側にひねることで外します)、
危なっかしいところがあります。

そして、
そもそもドロップハンドルにさえ
まだ不慣れな彼女は、
もっと危なっかしいのです。

車のいないところで、
もうちょっと練習を積まないと。

ふふ。

段々と、
僕らのロードバイクも(ロードバイクは?)、
箱根仕様に近づいてますよ!

それにしても、
SPDシューズ(ビンディングペダル用の靴で歩きやすい)、
通気性が良すぎて、
寒すぎです。

夏は良いのでしょうが、
冬は風がシューズの中を通り抜けて、
つま先の感覚が無くなりました。

シューズカバー、
買わないとダメかなぁ・・・。



ロードバイク。

一通り揃えてしまうまで、
なかなかにお金のかかる、
スポーツです。

    ≫ read more
2009/01/23 Fri
こんばんは。


「楽しい思い出の方が、
後で苦しくなることだってあるから」


ドラマ『ラブシャッフル』の中の、
玉木宏君のセリフの一節に、
グサリとヤラれた、
wataqooです。

やっぱり野島伸司さん、
そこらの脚本家とは、
言葉のセンスが違います。


さて、
税理士でCFPの長嶋佳明さん
その存在を紹介して頂いた、、
きんざい(社団法人金融財政事情研究会)が運営する、
ファイナンシャル・プランニング技能士センター

年会費10,080円。

僕が登録したのは、
昨年の11月終わりくらいだったのですが、
ようやく会員証と、
本が送られてきました。

1級ファイナンシャル・プランニング技能士

ファイナンシャルプランニング技能士手帳と、
個人の税金ガイドブック、
法人の税金ガイドブック、
金融商品ガイドブック。

きんざいは、
銀行系のFP会員が中心。

それだからか、
窓口等で案内する際のポイントを中心に、
よくまとめられた冊子が届いたので、
ビックリしました。

手帳も、
見た目の安っぽさこそありますが、
中身はとても実務的で、
有用です。

これらがすべて、
年会費に込み。

付録程度の
簡単な冊子が届くものと思っていたので、
良い意味で、
予想を裏切られた感じです。

前後して届いた、
「KINZAIファイナンシャル・プラン」という月刊誌も、
日本FP協会が発行する月刊誌、
「FPジャーナル」に比して、
むしろ実務的で濃い内容となっています。

この月刊誌も、
もちろん年会費に込み。

日本FP協会でCFP資格を名乗る為に、
年会費が2万円、入会金もかかります。

それに対して、
きんざいのファイナンシャル・プランニング技能士センターは、
年会費が10,080円で、入会金はかかりません。

また、きんざいの方にも、
資格更新の為の、
継続学習(ポイント制)があるのですが、
月刊誌に関する小テスト等をこなすことで、
無料で(年会費に込)
ポイントを積んでいくことが出来ます
(セミナー等は有料)。

ちなみに、
日本FP協会において、
ポイントを得る手段は、
月刊誌の小テストも含め、
すべて有料です。

この差といったら!

CFP資格を捨てて、
国家資格である
一級ファイナンシャルプランニング技能士のみで
営業活動をされるFPの方も多いそうですが、
日本FP協会も、
きんざいに負けないよう、
実務的で優良なサービスの提供を、
今後、頑張って欲しいです。
    ≫ read more
2009/01/22 Thu
Black Gold

劇場で上映していた頃、
観に行きたい観に行きたいと思っていながら、
毎度のことながら(?)
観に行けなかった映画、
おいしいコーヒーの真実』。

ようやくDVDで観ることが出来ました。



原題は、
『BLACK GOLD』。

まずはこの予告編を、
ご覧下さい。
  ↓


スターバックス本日のコーヒー、
トールサイズが340円(2009年1月現在)。

その内、
コーヒー農家が手にする利益は、
3~9円。

珈琲好きを自認する者として、
知っておかなければならない、
現実です。

Black Gold

この映画は、
問題提起として、
優れたドキュメンタリーに仕上がっています。

ただそれは、
問題提起に留まり、
詳細を詰めるところまでには、
至っておりません。

でも、
それで良かったのだと思います。

それくらい、
この映画の問題提起は、
強烈だから。

WTOの国際会議を前に、
アフリカの一国を代表する男性が言います。

「援助なんて必要ないんです。
必要なのは、公平な貿易なのです」

世界で行われる貿易の中で、
あと1%、
アフリカ諸国のシェアが増えるだけで、
先進諸国からの援助の数倍も、
それらの国にとって、
直接的な収入になるのだそうです。

ただ、
慶応大学の山本純一教授が指摘しているように、
この映画を、
そのまま受け止めるのも、
問題がありそう。

かといって、
コーヒーの生産から消費までの過程で、
最も過酷で大変なのは、
やはり豆の生産と、
生豆への加工なのではないかと、
僕は思うのです。

だとすれば、
やっぱりコーヒー豆の生産農家は、
もっと適正な収入を、
得て然るべきなのではないか、
現状では搾取されているといって、
間違いではないのではないか、
とも思うのであります。
    ≫ read more
2009/01/21 Wed
今日は、
このことを
書かねばなりますまい。

Obama’s Inaugural Speech(オバマ米新大統領就任演説)

What is required of us now is a new era of responsibility...

朝一のニュースから、
散々取り上げられているこの言葉。

「新しい責任の時代」とは、
どういうことなんでしょうか。

市場の規制・統制に前向きな発言があったことから、
ダウ平均株価も、
値下がりしてしまいました。

国に頼りすぎず、
自分から国に対して働きかける。

いかにもアメリカ的な発想ですが、
自己責任、自己防衛という意味では、
これからの日本人にも、
同じことが言えるのではないかと、
思いました。

少子高齢化の加速度的な進展は
規定事実ですし、
積み上げに積み上げた赤字体質の日本では、
現在のような医療制度の維持も、
金利や株価の上昇も、
年金制度の維持も、
期待できるような前向きな要素は、
とても少ないのです。

国の制度に頼らず、
自分や自分の家族の為に、
リスクを管理すること。

まさに日本にも、
「新しい責任の時代」が、
迫っているのではないかと、
思うのであります。

そしてそういう時代にこそ、
FPが必要なのではないか。


精進しないと!
    ≫ read more
2009/01/20 Tue
先日『ソロモン流』というテレビ番組に、
パーツモデルの金子エミさんが出てました。

その中で、
美しい足の条件として、
両足をぴたりとくっ付けて立った時に、

・太ももの中央付近
・膝
・ふくらはぎの中央付近

の3点が、
隙間なく触れている足、
ということを仰ってました。

その時は、

「ふぅん」

と思っていただけなのですが、
昨日のアシュタンガ・レッドクラスの際、
前にいたアメリカ人(?)の男性が、
サマスティティヒで両足をつける時、
ピターッと綺麗に、
両足がくっついていたんです。

「おおっ!」

と思って、
帰宅して風呂上がりに
僕も試してみたのですが、
全然つきません。

「ふぬぉっ!」

とばかり、
足の内側に力を込めて、
ようやく膝がつくかどうかというところ。

なので、
その状態すら、
長時間維持することが
出来ませんでした。

「なにしてんの?」

ショックに打ちひしがれていた僕に、
彼女が聞いてきたので、
経緯を説明したところ、

「ん?これでいいの?」

と、彼女。

「そんな、まさ・・・か」

ピッタリと
両足がくっついている彼女。

ガガーン。

wataqoo、
O脚なんでしょうか・・・。

だから、足が外旋しがちだったり、
外側に体重が乗りがちだったり、
Triang Mukha Eka Pada Paschimottanasanaが未だに苦手だったり、
バックベンドの時、お尻が硬くなりがちだったり、
するのでしょうか。

今後は、
歯磨きの時、
ドライヤーで髪を乾かす時、
食後に洗いものをする時、
珈琲をドリップする時・・・。

気づいた時に、
出来るだけ足をつけられるよう、
トライしていこうと思った、
そんな今夜なのです。



    ≫ read more
2009/01/19 Mon
今日も仕事終わりに、
アシュタンガヨガのハーフプライマリー、
レッドクラスへ。

昨日夜更かししてしまったので、
今日はどうなることかと思ったのですが、
お仕事もヨガも、
集中して取り組むことが出来ました
(電車では爆睡でしたが・・・)。

それで今日のスタジオは、
かなり人数が多くて混み混みで、
インターナショナルで、
ウジャイー呼吸の音が調和して、
あっと言う間の90分でした。

先生が以前、

「人数が多いとエネルギーに影響されて、
頑張りすぎちゃうことが多いから気をつけて」

と仰っていたのですが、
今日はまさに、
そんな状態でした。

これを書いている今も、
肩周りに硬さというか、
筋肉疲労の蓄積を感じます。

ヨガは本来、
呼吸によってエネルギーを体内に取り込んで
(プラナヤーマ)、
循環させるのですが、
今日の僕の場合、
明らかに肩周りで
気が滞っているわけで・・・。

うーん、
今日もいい練習が出来たとは思うのですが、
もうちょっと上手く力みを抜くことが出来ると、
もっと気持ちよくなると思うのです。

頑張りすぎて、
無理をしちゃうんでしょうね。


人と比べないこと、
無理をしないこと、
ほんのちょっとのチャレンジをしてみること。


とはいっても、
wataqoo、
やっぱりアシュタンガが、
大好きなのです★
    ≫ read more
2009/01/18 Sun
今日の天気予報は、
曇りのち雨。

本当は今日もロードバイクで
サイクリングに行きたかったのですが、
朝からいかにもな曇天だったので断念。

レンタルしっ放しで観ていなかった
映画『バベル』を、
遅まきながら鑑賞しました。



公開時には酷評されることの多かった本作ですが、
なかなかに見応えがありました。

タイトルをバベルとしたのは、
もちろんバベルの塔のことを指すのでしょうから、

「人間は人種も国も言語も違うけれど、
元々は一つなんだよ」

ということを
言いたいのでしょうか。

「つながっているんだよ」

ということ。

つながり・・・。

つまりは、
「ヨガ」のことなんでしょうか。

ちょっと強引ですが、
そんなことを感じました。

キリスト教の基礎知識が弱いことが、
いつもながら歯がゆいのですが、
それを差し引いても、
かなり観客に自由を持たせた演出、
ストーリーなので、
色んな見方が出来るのでは?

アカデミー賞にふさわしい、
風格と味のある、
土っぽい作品でした。
    ≫ read more
2009/01/17 Sat
起きてゆっくりして、
まずはランチ。

お寿司屋さんの
『義純』へ。

今日で2回目。

ブログ等でチェックしたら、
このお店の大将は、
昔かたぎの江戸っ子で、
例えばお茶のおかわりを頼むと、

「茶ぁばっかり飲みやがって!」

とか、
ご飯の大盛りを頼めば、

「マンマは高ぇんだぞ!」

など怒鳴られる頑固親父ということで、
ドキドキしながら来店したのですが、
今日の大将も前回と同じ、
温和で笑顔を絶やさない、
気持ちの良い方でした。

彼女が、

「絶対、別に大将がいるんだよ!」

と言うので、

「いつもお一人でされてるんですか?」

と聞いてみたところ、

「土曜は俺一人だけどね、
普段はオヤジがいるよ、
ウチのオーナーね」

とのこと。

だとすると、
口コミで話題の江戸っ子大将は、
そのオヤジさん、
オーナーのことなのでしょう。

あぁ、なるほど、
スッキリしました。

そして今日の漬け丼も、
絶品でございました★


さて、
そんな今日も快晴。

サイクリング日和になりました。

腹ごなしも済ませたので、
抜けるような青空の中、
ロードバイクを駆って、
彼女と走ります。

荒川サイクリングロードを、
ひたすら北上。

川越を目指します。

今日は風が無くて、
ほぼ無風状態。

北上するということは、
川下から川上に向かって走るわけですから、
ずっと登り坂だということ。

傾斜がほとんどないので、
ロードバイクだと、
登りということを、
ほとんど感じません。

向かい風も無いので、
呼吸もペダリングも乱れず、
気持ちのよいサイクリングになりました。

順調に漕ぎ進んだのですが、
なにしろスタートしたのが14時だったので、
朝霞水門を越え、
昭和水門に近づく頃には、
既に陽が傾いてました。

「雨の日と夜には、
ロードバイクに乗るな」

先日読んだ、
エンゾ早川氏の本に、
書かれてました。

川越は諦め、
引き返すことにした僕ら。

夕陽に川面や街並みが
オレンジに染まるなか、
土手の上を走るのは、
青春してるみたいで、
楽しかったです♪
    ≫ read more
2009/01/16 Fri
今日も仕事終わりに、
アシュタンガヨガのハーフプライマリー、
レッドクラスへ。

その中で先生が、

「アシュタンガヨガは、
やっぱりフルプライマリーが基本。
是非フルプライマリーに参加して下さい」

と、仰ってました。

そうですよね・・・。

のんびりと自分のペースでアシュタンガを続け、
まだまだハーフプライマリーでも、
納得のいくアサナの少ない僕ですが、
今年は積極的に、
フルプライマリー、
参加していこう。

なにせ、ケン先生(ケン・ハラクマ師)が
アシュタンガの練習を始めた頃には、
いきなりフルプライマリーだったそうですからね。

それが仮にマイソールスタイルで、
ほぼマンツーマンでの指導であったとしても、
ちょっと信じられません。

でも、参加していかないことには、
上達もないわけで。

アシュタンガヨガ。

一体全体どうやって、
どういう過程を経て、
これほどまでに
完璧なメソッドに仕上がったのか。

アシュタンガヨガにおける
アサナ(ポーズ)のつながりと、
そこから得られる肉体と呼吸の調和といったら!

まるで、
隙のない芸術作品のようです。

ハーフプライマリーでは、
どうしても間が抜け落ちてしまいます。

今年はヨガの面でも、
確かな一歩を踏み出したい。


とりあえず今日も、
集中した、
良い練習が出来ました。


何気にロードバイクで走っていることが、
ヨガにも相乗的な効果を、
及ぼしている気がします。

どちらもコアの筋肉を意識した、
有酸素運動ですからね!

ヨガで常に意識している呼吸の安定も、
ロードバイクを走らせる時、
心拍数やケイデンス(ペダル回転数)の維持に、
効果テキメンだったりします。


文字通り身一つで、
精神と肉体をブラッシュアップしてくれるヨガは、
ロードバイクに限らず、
ほとんどすべてのスポーツに対して、
有効に働いてくれるのです。


ナマステ★
    ≫ read more
2009/01/15 Thu
今日も、
抜けるような青空でした。


朝、ウチを出て、
思いきり息を吸い込んだら、
鼻の粘膜が
冷気に震えてツンとして、

「あぁ、冬だ」

季節を感じた
wataqooです。


僕が冬を大好きなのは、
寒さに震えても、
その分、空が綺麗だったり、
景色がパキッと美しかったり、
月や星など、
夜空が素敵だからなんです。


ほっこり。


テレビをつければ、
嫌なニュース、
悪いニュースしかやっていない昨今ですが、
少しでも日々の生活の中で、
楽しみや幸せを見つけて、
今を大切にしたいですね。


    ≫ read more
2009/01/14 Wed
今日も寒い一日でしたね。

東京も、
本格的な冬の気候に
なって参りました。

さっきコンビニに立ち寄った際、
彼女が雑誌『an・an』を見ていて、

「あっ!自転車特集があるよ」

と言ってきました。

覗いてみると、
確かに自転車特集が!

an・anでも取り上げられるなんて、
本当に流行ってるんですね、自転車。

    ≫ read more
2009/01/13 Tue
先日のインデックス投資ナイトについて、
水瀬ケンイチさんのブログに、
詳細なレポートが出てました。

インデックス投資ナイト実況レポートその1
インデックス投資ナイト実況レポートその2
インデックス投資ナイト実況レポートその3

水瀬ケンイチさんは、
インデックス投資家の間では、
日経新聞や雑誌ZAiなどメディア出演も多く、
かなり有名なブロガーさんです。

様々な投資を経験されて、
インデックス投資に落ち着かれただけに、
FP的見地から拝見しても、
『インデックス投資』という、
現時点で最も有効と思われる資産運用手法の一つを、
惜しげもなく提示公表・実践されていらっしゃいます。

BestではないかもしれないがBetter。

資産運用云々よりも、
まずは人生を楽しみたい。

投資にかける時間と手間は、
最小限に。

今でこそ
だいぶメディアでも取り上げられるようになった
インデックス投資ですが、
ほとんど誰も提唱していなかったような頃から、
実際に独力で試行錯誤されていた水瀬さんは、
インデックス投資パイオニアのお一人と言って、
間違いないと思います。

なので、そんな水瀬さんのブログも、
もちろん素晴らしい内容なのであります。

いつも勉強させて頂いてます!

残念ながらお話は出来なかったのですが、
会場で遠目にお姿を拝見することが出来ました。

休憩時間には、
投資家の方々に囲まれ、
さすが大人気でいらっしゃいました★

それにしても、
冒頭にご紹介したレポート。

これが凄いんです!

ポイントを突いたまとめがされていて、
水瀬さんの注釈(突っ込み?)付き。

読み始めたら、
当日の熱気が思い出されて、
興奮してしまいました。

あと、僕の好きな山崎元さんがUPされた
インデックス投資に関連して思うこと」も、
若干専門的になりますが、
さすが、とてもよくまとめられています。

ご興味のおありになる方、
是非ご覧になられてみて下さい。


    ≫ read more
2009/01/12 Mon
若洲海浜公園

今日は早起きして、
おにぎりを作って、
ロードバイクを出し、
サイクリングへ行きました。

荒川サイクリングロードを経由し、
南砂を通って新木場に入り、
海沿いのサイクリングロードを通って、
若洲海浜公園まで。

新木場周辺には、
自転車が全然いなくて、
ストレスフリーに走ることが出来たのですが、
若洲海浜公園は、
かなりの数のファミリー連れで賑わっていて、、
小さいお子さんなどが怖くて、
恐る恐るのライディングになりました。

若洲海浜公園

途中、おにぎりを食べて、
ゆっくりした辺りから、
天気の雲行きが悪くなってきて、
曇ったり晴れたりの繰り返しに。

晴れて陽がさした時には、
海がキラキラして、
植えられたソテツの木の効果もあって、

「ここは本当に東京?」

といった景観が
拡がりました。

若洲海浜公園

のんびりしたり、
また走ったりして、
帰途につきます。

すると、再度、
荒川サイクリングロードに入ったあたりから、
雨が降り始めました。

僕らのロードバイクには、
泥除けもチェーンカバーも、
雨の対策になるような装備は、
何もありません。

ロードバイクに乗っていて、
初めての雨に、
ちょっと焦りましたが、
火照った頬を雨が打って、
なんだか気持ちよくもありました。


    ≫ read more
2009/01/11 Sun
2008年1月の満月、
ムーンデイである今日は、
六本木の国立新美術館まで、
独立書展を観に行ってきました。

書道の展覧会というものを、
初めて見ました。

広い会場の中、
見渡す限りの、
「書」。

素人の僕ら。

結論から言うと、
まったく理解出来ませんでした・・・。

わかりやすく上手い字もあったのですが、
完璧なデッサンを極めて後、
キュービズムの境地に至ったピカソのように、
大部分の作品は、
「文字」というよりは、
芸術作品でした。

特に、一文字の大書が多く、
一筆入魂という感じ。

でも、読めない・・・。

「あっ!『桃』って書いてあるよ!」

と、彼女。

「ホントだ!」

いそいそと傍まで行って、
タイトルを見てみると、

「挑」

・・・。

「あっ、桃じゃなかったね」

こういう書というものは、
読もうとしてはいけないのでしょう。

読むのではなく、
感じるのです。

Don't read, just feel!

楽しめたとは言い難いのですが、
新鮮な体験でした。

独立書展 森大衛氏・礎
↑笑っていいとも!でも有名な書道家、
森大衛氏の大書『礎』。


    ≫ read more
2009/01/10 Sat
今日は、
バスでお台場まで行ってきました。

バスでも行けるんですね!

ヴィーナスフォートのバーゲンで、
彼女の買い物に付き合ってから、
お目当てのイベント、
インデックス投資ナイトへ。

会場の東京カルチャーカルチャーは、
ステージに対して横長で、
かなり変わった作り。

僕らは早めに行ったので、
ステージを見やすい席に
陣取ることが出来たのですが、
ちょっと謎な設計です。

それで、
今日のイベント。

テレビで見ていて、
その軽妙な語り口で、
僕の資産運用指向に近いトークをされる、
山崎元さんや、
アセットアロケーション関連の本が売れに売れている
内藤忍さん、
投資信託関連の著書で、
実態に即した良質な投信を勧められている
竹川美奈子さん、
海外ETF投資を積極的に勧めるFPとして著名な、
カン・チュンドさんという、
そうそうたるメンバーによるトークイベント。

前売りわずか1,500円でしたから、
かなりお得でした。

といっても、
内容がインデックス投資に関することですから、
特に目新しいことがあるわけでもなく、
その目的は、
ともすると不安になって、
途中で挫折したり方向転換してしまいがちな、
「インデックス投資」という、
地味でマイナーで退屈で孤独な投資手法(←良い意味で)
に対して、

「そのままでいいんだよ」

とか、

「間違ってないよ」

とか、

「ほら、こんなに仲間がいるじゃないか」

という、
安心を得る為の、
イベントであったように思いました。

実際、僕は、
安心できました。(笑)

ただ、
一緒に連れて行った彼女にとっては、
投資に関してはほとんど無知なので、
事前にある程度の予習はしてもらっていたのですが、
それでも、

「話してることが全然わからない・・・」

とか、

「これからインデックス投資を
始めたい人も対象の
イベントなんじゃなかったの!?」

とか、

「なんだか私、
凄く場違いな気がする・・・」

とか、
本当の初心者にとっては話が(言葉が)難しすぎ、
実際に投資を実践している人にとっては、
無難で平凡で斬新なところが無かったという、
対象者を絞りきれない、
何とも中途半端な感じがありました。

ベテラン(?)に対して、
特に新しく語ることもないのであれば、
むしろ本当の初心者にも分かるような、
導入的なイベントにした方が、
面白くなったんじゃないかと思います。

一から説明して分かってもらうことって、
実際すごく難しいですし、
説明する方にとっても、
大変、勉強になることですからね!

あと、住信アセットマネジメントの方が
折角来られていたのであれば、
是非とも第一部に参加して頂いて、
もっとじっくり、
お話をお伺いしたかったです。

最後にチョロっとだけだなんて、
勿体なさ過ぎでした・・・。

    ≫ read more
2009/01/09 Fri
僕は、猫舌です。

熱いものは、
かなり冷まさないと、
食べられません。

無理して食べようとすると、
舌をヤケドして、
しばらく味覚がおかしくなり、
折角の美味しい料理を、
充分に楽しめなくなります。

さっきテレビで、

「猫舌は食べ方の問題」

というのをやっていました。

猫舌の人と、
そうでない人の食べ方の違いを、
スローカメラで検証。

猫舌の人は、
熱いものを食べる時、
敏感な舌先を使ってしまい、

「アツっ!」

と感じます。

猫舌でない人は、
無意識に舌先を下の前歯裏に巻き込み、
鈍感な舌の奥の方で味わうので、
それほど熱さを感じないのだそうです。

そして、
確かにwataqoo、
熱いものを食べたり飲んだりする時にも、
舌先を積極的に使っています。

なるほど・・・。

今度、熱いものを食べる時には、
舌先を下に丸めこんで、
食してみようと思います。

丁度母音の、
「あ(a)」と「え(e)」の間を、
発声しながら食べるといいそうです。

でも、あまりにも熱いものは、
猫舌であるないに関わらず、
口の中をヤケドするそうですから、
どっちにしろ、要注意ですね★



    ≫ read more
2009/01/08 Thu
最近、
夜は特に冷えますよね。

明日は東京も、
雪のち雨という予報です。

ウチでは、
朝しかエアコンはつけなくて、
夜はもっぱら、
セラムヒートを弱めにつけて、
遠赤外線で暖まってます。



天気のいい晴れた日に、
窓辺にいるような暖かさで、
ぽかぽか。

気持ちがいいのです。

温度設定をかなり高めにしないと、
遠くまで暖かさが届かないのですが、
本を読んだりパソコンをする時のお供としては、
最小の設定でも近くに引き寄せれば、
充分な暖かさ。

電気代も節約になります。

そんな陽だまりのような温もりの中で、
ぬくぬくと本を読んだりネットをしたり、
テレビを見たりしていると、
なかなかお風呂に入る気になれません。

お風呂は24時間換気扇が回っていて、
寒いのです。

彼女と二人なので、
せっかく風呂トイレ別のお部屋なのに、
浴槽にお湯、溜めません。

そうすると、
自然、
寝る時間も、
ズルズル遅くなります。

いつも彼女が先にシャワーを浴びて、

「早く入りなさい!」

と言われるのですが、
ダラダラと入らない僕。

「もう!○○さんとか△△さん(←職場の人)に言っちゃうぞ!」

と、脅してくる彼女。

「ちょっと!イメージが崩れるからやめて!!」

しょうがなく (?)、
いそいそと服を脱ぎだす僕。

お風呂、
入ってしまえば、
さっぱりして気持ちがいいんですけどね!

って、
これは秘密の話だったのですが、
こうしてブログに書いた時点で、
秘密ではなくなってしまいました・・・。

    ≫ read more
2009/01/07 Wed


図書館で借りた、
芸術新潮 2008年 09月号 [雑誌]』。

面白くて面白くて面白くて、
それはもう、
感動的な完成度でした。

フェルメール展を先日鑑賞してから、
wataqoo、
何冊か本を借りて読んでいたのですが、
内容の濃さ、読みやすさという点では、
圧倒的にこの本が最高でした。

紙も印刷も大変質が良く、
雑誌だけに誌面も大きいので、
素敵な絵を、
存分に堪能出来ます。

しかも、所蔵している美術館の外観、
地図、絵が配置されている風景などなど、
写真も豊富に載っています。

とにかく皆さま、
図書館で見かけたら、
是非読んでみて下さい。

特に興味深かったのは、
『そこまでやるか!画中品探索人ウェリュ』
というコラム記事。

それと、
『鏡から消えた画』という、
これもまたコラム。

こうしたコラム記事が、
20ほども掲載されているのですが、
正直、全部面白い。

とにかく内容が洗練されていて、
しかも読みやすく、
深いんです。

さすが新潮社!

この雑誌、
今まで読んだことが無かったのですが、
他の号も、
こうなってくると、
気になります。

図書館で借りて、
休日にゆっくりと、
珈琲でも飲みながら、
読みたい雑誌。

丁度、今年9月16日~10月12日の予定で、
ウィーン・ミュージアム所蔵、
クリムト、シーレ ウィーン世紀末展」 が、
東京・高島屋アートギャラリーで予定されていることですし、 
是非とも、
僕の最も敬愛する画家、
エゴン・シーレに関しても、
芸術新潮にて特集して頂きたい!
(↑熱望



    ≫ read more
2009/01/06 Tue
そういえば、
書き忘れていましたが、
3日のサイクリングの後、
初詣に行きました。

亀戸天神社。

お祈りすることは、
昔からずっと一つのことに、
決めています。

毎年必ず、
同じ願いにしている僕。

去年は、
無事、叶えて頂きました。

ありがとうございました!

今年も神様、
どうぞよろしくお願い致します。

お参りを終えてから、
例年同様、
普通のおみくじと、
恋みくじを引いたのですが、
どちらも大吉でした。

「これ以上良くならない」

的なところが気になるところですが、
ここはポジティヴに捉えましょう!

やった!大吉だ!

こりゃ、年始から幸先いいですぞ★


それで本題。

前回の札幌旅行時、
機内で読んだJALグループ機内誌「SKYWARD」に、
浅田次郎氏のエッセイがありました。

つばさよつばさ』。

「領収書で最近、
漢字を正確に書いてもらえない」

という話から、
日本人の識字率が高いのは
勤勉さや能力の高さのゆえんではなく、
狭い国土と人口の多さが要因なのではないか、
それを自らの国民性と才能の為であると勘違いしていると、
ネット社会とゆとり教育の中で、
あっという間に日本人の国語力は堕落してしまうであろう、
という論を展開していたのですが、
とても面白く読んで、感心しました。

「これは他のエッセイも期待できる、
是非読んでみたい」

と、図書館で取り寄せて、
読んでみたのが
この本でした。



結論から言うと、
ガッカリでした・・・。

集められているエッセイの8割は、
筆者である浅田次郎氏の、
自慢話で占められ、
よほど彼のファンでなければ、
辟易してお腹一杯になってしまいます。

「おいおい、またかよ・・・」

とか、

「これはヒドイ・・・」

とか、

「はぁ・・・(溜め息)」

という感じで読んでいると、
横にいた彼女が、

「もう読むのやめたら?」

と提案してくる始末。

それでも最後まで読めたのは、
僕の物好きな性分と、
ちゃんと読んでから批評したいと思ったから、
というのもあるのですが、
ベストセラー作家たる彼の筆致が、
そんな僕にも(最後まで)読ませたという部分も、
やはり少なからず、
あったと思います。

そこはさすが、
人気作家の面目躍如といったところでしょうか。


    ≫ read more
2009/01/05 Mon
今日が仕事始め。

カフェ・スタイル・コジロウで購入した、
ケニアを早速ドリップして持参します。

上品な酸味が
旨みと絡み合って、
美味しい♪

ちょっと前までは、
とにかく苦味にこだわっていた
wataqooですが、
最近は、
酸味にハマってます。

仕事自体は、
ちょっと欲求不満の消化不良だったのですが、
明日からはスパッといくでしょう!

人生、長いようで短いですから、
何事も、
力を抜きたくはないものです。


    ≫ read more
2009/01/04 Sun
今日は、
カフェ・スタイル・コジロウに、
新年のご挨拶も兼ねて、
行って参りました。

結構な盛況で、
入れ替わり立ち代り、
お客さんが入ってました。

一杯目は、
スマトラ・リントンという、
珍しい珈琲を点てて頂きました。

濃厚で、
苦味も強いのですが、
酸味もしっかり残って、
ガツンとしたパンチのある、
強烈な珈琲・・・。

美味しゅうございました。

二杯目は、
通常のスマトラで、
苦味を楽しみます。

うーん、満足。

豆も購入して、
すっかり長居してしまいました。


    ≫ read more
2009/01/03 Sat
今日も朝から、
彼女とロードバイクでお出掛け。

荒川を南下して、
葛西臨海公園でのんびり。

ローディー(ロードバイク乗り)が、
たくさんいました。

快晴で、
海がキラキラしていて、
ただただ、
ゆるりと
時間が過ぎていきました。

それから、
デズニーランドゥが見えたので、
そこまで走ろうということに。

そうして、
ランドゥの周りを一通り走った後、
荒川に戻ってまた走り、
ヘロヘロになって自宅に戻りました。

今日も北風が、
丁度向かい風になって、
疲れました・・・。

サイクルコンピューターによると、
走行距離は、
56.7km。

頑張りましたが、
帰宅してから、
またその消費カロリー分以上に、
食べてしまった気がします。

ロードバイク、
お腹が減りますね。


    ≫ read more
2009/01/02 Fri
9時に目覚ましをかけて就寝したのですが、
起きて止めて二度寝をしたら、
見事に12時起きでした。

そんな今日も、
ゆっくり実家で過ごし、
久しぶりにお会いする
伯母様ご夫妻もいらして、
楽しい時間を過ごしました。

それで晩御飯までお腹いっぱい食べて、
またロードバイクで帰途に。

行きとはルートを変えてみたのですが、
これが大成功で、
かなりエネルギーを節約して
帰宅することが出来ました。

サイクルコンピューターによると、
距離33km、
走行時間1時間19分
平均時速24km/h、
最高時速45.7km/h
でした。

ロードバイクでも、
上り坂はキツイです
(もっと楽なものかと思ってました)。

ただ、安定したスピードで、
長距離を巡航するには、
最高の自転車ですね!

途中、後楽園近くの下り坂で、
あまりにもスピードが出過ぎて、
怖くてブレーキをかけ、
速度をセーブしたのですが、
その時が最高速度だったんだと思います。

スキーとかでもそうですが、
自分が確実に止まれる速度、
確実にコントロールできる速度でないと、
暴走になってしまうので、注意です。

またまた信号にたくさん捕まりましたが、
楽し気持ちよかったです♪


    ≫ read more