2005/08/31 Wed
MR.A-Z
音楽の存在意義が、
そのオリジナリティにあるとするなら、
Jason Mrazの生み出すメロディーは、
とても独特です(歌詞も凄い才能ですが)。

僕はこのアルバムの一曲目、
『Life Is Wonderful』にヤラれました。

「この曲だけで買う価値がある」

アルバムを聴いていて
そう思うことがありますが、
この曲は、まさにそうでした。

もちろん他にも、ライヴ受けしそうな
『Wordplay』であったり(超Mraz節!)、
『O.Lover』であったり、
胸打つバラード、
『Mr.Curiosity』であったり、
宝箱のようにキラキラしたアルバムです。

流れ的には、
『O.Lover』から『Please Don't Tell Her』のつなぎが好き♪

彼の素晴らしさは、卓越したリズム感です。
ライヴを実際に見たことはないですが、
テレビを通してステージを見た時も、
リズム感が素晴らしいなっていうのが
第一印象でした。

独特の早口でリリック(歌詞)を、
バッチリはまる呼吸で音に当てられた時は、
そのセンスにびっくりしました。

食わず嫌いせず、
一度聴いて欲しいアーティストですね☆★
2005/08/30 Tue
砂漠
すべてが思い通りに
いくわけではない
すべてが当たり前に
ずっとあるわけではない

落としたリップに気づかないように
確実に時間は流れ
環境は変化する

いつしか置いてきぼりになって
必死に呼びかけてみても
火影のように揺らめいて
大事なものが
去ってゆく

わがままな自分
王様な自分

すべてが思い通りに
いくわけではない
すべてが当たり前に
ずっとあるわけではない

わかっていたはずなのに
気づいていたはずなのに

オアシスはもう
遠く蜃気楼に消えた

それならば!

また歩くしかないではないか
自らの一歩を
踏みしめるしかないではないか

確実な一歩を
砂に埋もれない
一歩を
2005/08/29 Mon
ANTIK DENIM
ANTIK DENIMのMSD2086、通称『McQueen』です。

シーム(縫い目)のデザインでブーツカットにも見えますが、
実際はストレートだと、僕は思います。

履き心地、さわり心地の良さは、さすが。
デニム生地から厳選しているだけあります。

Trueなどに比べて、ANTIKは生地が厚めなので、
最近は暑くて履けなかったのですが、
今日は涼しかったので、やっと履けました!

オシャレは我慢と知りつつも、
どうしても快適な方に走ってしまいます。

これから秋、冬になってくると、
ANTIKやTAVERNITIにも活躍してもらいまっせ!

まぁ、言うても、普段はスーツですから・・・。(涙)
    ≫ read more
2005/08/29 Mon
Ben Folds
いまさらですが、
最近ずっと聴いていたアルバムです。

Ben Folds Fiveからソロになって初の作品。
ギターも効果的に使っていて、
珠玉のメロディーが詰まった作品になっています。

ニューアルバムも出ましたが、
気に入っているので、もちょっとこっちを
聴いてからにしようと思っています。

このアルバムの好きなナンバーを挙げると
全部になってしまうので、
特に好きな曲について書きます。

『Annie Waits』は1曲目ですが、
このアルバムの傾向を代表する曲になっています。
爽やかなピアノと、切ないlyricと歌声。
大好き。

6曲目の『The Ascent Of Stan』も美しく、
かなり感情を動かされる曲です。

それから12曲目の『The Luckiest』。
歌詞が本当に素晴らしく、
それをピアノ一本でつむぐように歌います。
詩情に溢れていて、
場面がブワッと拡がります。

他にも、僕の大好きな6/8拍子の
『Gone』など、ちょっと書ききれません。

ってか、全部好きです☆

ちょっと前のアルバムですが、
最近お気に入りに出会えないという方、
美しいメロディーが好きという方、
ピアノの音色がたまらないという方、
是非聴いてみて下さい♪
2005/08/28 Sun
ドンキホーテ道頓堀店
大阪2日目。
昨日は丸々USJで楽しんだので、今日は街中へ。

まずホテルをチェックアウトすると、
心斎橋はアメリカ村を突っ切り、道頓堀を通って、
なんばまで散歩しました。

アメリカ村は、ちょっとしか見てないですが、噂通り、原宿っぽい。
原宿と新宿を足して2で割った感じです。

というか、道頓堀でも感じたけれど、街が汚い!
新宿が最近すっかり綺麗になったので、更にそう感じたのかも。

そして昨日は、自分が大阪にいることを
あまり意識できなかったけれど、今日は嫌でも意識させられました。
グリコの大看板や道頓堀のくいだおれ人形、
写真のドンキホーテ道頓堀店の観覧車から見た通天閣、
街にあふれる大阪弁、
たこ焼きやお好み焼きのソースの香り、などなど・・・。

日曜日でごった返していたのもあると思いますが、
何というか、パワーと熱気に溢れていて、
さすが大阪、独特の街でした。

ファッション的には、女性はいわゆるセレブジーンズ率が高く、
東京よりもたくさん、トゥルーやセヴン、チップなどを見掛けました。
大阪だけに、エビスも多かった!

あと、どこのかわかりませんが、フラップポケットで、
フラップの部分が白かったり茶色かったり、
素材的な切り替えになっているジーンズの女性をやたら見ました。
東京ではまったく見ないんですけど・・・。

ただ、アメ村もアバクロやトゥルーの偽物が氾濫しているそうですが、
なんばでもたくさん見掛けました。
しかも定価か、それよりちょっと安いくらいで売っている!
偽物なら偽物らしく、もっとわかりやすい値段設定にせな、卑怯やろ!

たこ焼きは、行列のお店で買いましたが、普通でした。(涙)
でも、お好み焼きは、有名な『千房』というお店で食べましたが、
メチャメチャ美味しかった!

生地はふわふわ、肉はイイ感じにカリカリで、
イカは柔らかく、エビは風味抜群で、大満足♪

吉本新喜劇の、なんばグランド花月も、外側だけですが見てきました。
地下が吉本の資料館になっていましたよ。
僕は入りませんでしたが、吉本好きの人にはたまらんでしょうね。

にしてもこの観覧車・・・。
大阪人は、凄い物を作りますなぁ(ド派手やし)。
なんでも、内部ゴンドラが回転して水平を保つ構造と、
建物の壁面に沿って楕円形に動く形状は、世界初らしいです。

料金は2人で乗って1200円ですから、
ちょっと高いなと思ったのですが、
乗ってみるとかなり高いところまで上がるし
新鮮な乗り心地なので、乗って良かったと思えました。
きっと夜景が綺麗なので、これからの方には、
昼間ではなく夜乗ることをお勧めします(深夜2時まで営業)。

そんなこんなで東京に帰ってきました。
何だか、東京の方がずっと人が少なく思えて、
熱気もなくクールに淡々としている印象です。

新宿を歩いているはずなのに、
とても淋しくなってしまいました。

大阪パワー、恐るべし。

今回の旅行では、みなみや大阪城には行けなかったので、
次回はそっちの方も行ってみたいです。

いやぁ、大阪、
面白い、けったいな街やったなぁ☆★
2005/08/27 Sat
USJ
まいどっ!

突然の思いつきで、今日から大阪に来とんねん。
新幹線でビューっと通り過ぎたことはあるねんけど、
降りてみたのは、実際、生まれて初めてやったりする。

朝4時半に起きて6時過ぎ品川発の新幹線で向かい、
速攻で今回一番の目的、ユニバーサルスタジオジャパン、
USJに行ってん!

大阪自体が初めてなわけやから、当然USJも初体験。
はじめまして、大阪シティ、
はじめまして、USJ☆


そんなわけで、今日は朝10時過ぎから夜の11時くらいまで
USJにいたわけですが、楽しかった~♪

登場するキャラクターは、スパイダーマンやシュレック、
T2やETなどのハリウッド関係から、
セサミストリートやスヌーピー、キティからベティーなどなど、
何でもありかいっ自分!と思わずツッコミたくなる布陣です。

でも、王者TDLに対抗するには、
やっぱりこれくらいしないと、ダメなんでしょうね。

ってな具合に、どうしてもTDLと比較をしてしまうのですが、
パーク内の装飾や細部までのこだわりでは見劣りするものの、
アトラクションでは全然負けてなかったです。

『バックドラフト』は凄い迫力で、きっと忘れられないし、
『スパイダーマン』は思ってたのと全然違ってたけど楽しいし、
『ジュラシックパーク』はメチャメチャだし(笑)、
『ET』はじわっとくるものがあってノスタルジックだし。

今回、ショーはあまり見られなかったので、
今度行く時は、ショーをもっと見てみたいです。
『モンスターライブ・ロックン・ロールショー』とか。

『ブルース・ブラザーズ』や『ライフセーバー』の
ストリートショーが素晴らしかっただけに。

総じて思ったのは、USJはあまりTDLを意識しない方がいいということ。
例えば最後の『ハリウッド・マジック』というショーにしても、
かなりDisneyを意識した作りで、同じようなことをしているので、
もっと大胆に、全然違うショーの作り方をした方が、
面白いし差別化も図れるのに、と思いました。

その意味では、別料金になりますが、期間限定でやっていた
ウォーターワールド・スペシャルショー』は、
あまりにもくだらないものの、それがとても大阪らしくて、
最初は冷めて見ていたけれど、最後にはしっかり、
笑わされてしまいました。

こうした、Disneyにはないもの、出来ないものをどんどんやってくれると、
USJ自体も、もっともっと繁盛するのではないかと思うのです。
言うても、この日はかなり混んでて、並びまくりでしたけどね・・・。

もうかってまっか?

とにかく、行ったらショボくてガッカリするんじゃないかとドキドキしてましたが、
行ってみたら、とても楽しくて、めっさ帰りたくない感じで、
また行きたいと思わせてくれました。

おおきに、USJ!
また行くで~★
2005/08/26 Fri
Magic Spice
下北沢に『マジックスパイス』という、
札幌発のスープカレー屋さんがあります。

いわゆるカレーライスとはまったく違いますが、
野菜いっぱいのスープに各種スパイスがブレンドされ、
甘すっぱ辛い、絶妙の味になっていて最高に美味!!

初めて食べた時は、感動で五感が打ち震えました。
ビリビリってきた食べ物は、今まで生きてきて、
そんなにないです。

とにもかくにも、僕の大好きなお店なんです。
だから、台風が来ようと、食べに行くのであります。

で、そこは辛さを好みで調整できるわけですが、
昨日は、「極楽」レベルを初体験してきました。

覚醒→瞑想→悶絶→涅槃→極楽→天空→虚空という
7つのレベルで辛さが上がっていきます(更に上もあるとか・・・)。

いつもはその一つ手間の「涅槃」レベルなんですが、
それでも僕にはかなり辛いです。
顔のこんなところからも出るんだってくらい、
汗と鼻水の世界です。

もうここまで来ると、
涅槃と極楽の違いは正直わからなかったのですが、
やっぱり美味でした★

ただ、問題が一つありまして、
食べた翌朝、必ずお腹を壊して大変な目にあうのです。

辛さのせいだと思うのですが、
それでトイレを出られず、
2回仕事に遅刻したくらいです。

そして今日も、朝トイレとお友達になっていたので、
遅刻しそうになっとります…。

まったく辛さでもなんでも、
自分の体に合ったほどほどなものが、
いいですよね!

こんな思いまでしてもなお、
また食べたくなるマジスパ。

まだ食べたことのない方は、是非ご賞味あれ!
ホント美味いですから☆

★火曜・水曜は定休日です。
2005/08/25 Thu
Hugh Grant
小さい頃
おじさんやおじいちゃんの傍にいくと
同じ匂いがした

中学生になって
きっと大人の間で
同じ整髪料が流行っているのだと
先生にバレないように
校則に反したムースを揉みこみながら
思っていた

でもそれは
男の肢体が放つ
匂いだった

かなり大人になってから
知ったこと

それは男なら誰にも
やってくるのであって

避けようとするのは
まったく
ナンセンスなのであって

無香料クリームのようなその匂いは
イカした男がまとっていれば
きっと素敵な男の香り

大切なのは
どんな香りかではなく
どんな男の香りなのかということ

イイ男に
なろう

イカした男に
なろう
2005/08/24 Wed
しまだ
今日は、仕事が終わって、「青山しまだ」の新宿店で、
カレーラーメンを食べました。

僕はカレー好きなので、
「カレーラーメン?」
と思って、前にお店を通りかかって以来、ずっと気になってたんです。

味は、決してまずくはないのですが、
期待が大きかっただけに、ちょっぴりガッカリでした。

同じ料金(850円)なので、
ラーメンよりもカレーうどんを食べた方が美味しいです。

それから、池袋えるびすの店主が自信を持って新宿に出店し、
「同じラーメンじゃつまらない」
と、全く新しい味で出したラーメン屋「大八軒」、
今日見たら、ちゃっかり「えるびす」になってました…。

新宿に有名なお店がどんどん出てくるのは嬉しいです。

もっともっと、選択肢が広がればいいナ☆

★写真はカレーうどんの方です。
おまけなのか、無料でバターロールが付きます。
カレーにつけてみましたが、うーん、イマイチ・・・。
あと、ラーメンの大盛りは、カレーラーメンも含めて、無料です。
これは嬉しかった!
2005/08/23 Tue
music box
オルゴールを開けると
滑り出る旋律

途切れ途切れ

宝物はいつも大切にしまうのに
どこにやったか忘れてしまうんだ

いつも

かげろうのような遠景を
僕は追いかけてきたのかもしれない

ずっと

雨降って虹かかるよに
いつか心も
晴れるカナ

まぶしい空に
逢えるカナ

手をのばして
手をのばして…
2005/08/23 Tue
savanna
僕の職場はクールビズOKなので、半袖シャツも可なのですが、今日も長袖のシャツで来てしまい非常に暑い朝、皆様おはようございます。

でも、例えば昨夜は風がとても涼しくて、
窓を開けると気持ちのいい夜でした。

そろそろ夏も、
いってしまうんですものね…。

インドネシア語は、言語学的には、世界の言葉の中でも一番簡単な部類に入るそうですが、同じ簡単仲間に、スワヒリ語も入っていました。

スワヒリ語といえば、日本語やインドネシア語と同じように、
繰り返す言葉が多いですよね。

しかも可愛い!

有名なところでは、いま流行りのスローライフ代表みたいな言葉で、
pole pole
「ゆっくりいこうぜ」って意味です。

ポレポレ…。

可愛い☆

それから、
wassa wassaで
「幸せ」という意味です。

幸せがワサワサ降ってきたら、
素敵なことですね♪

ほとんど週4日勤務なのに(少なっ!)、火曜はいつも憂鬱な僕ですが、
ちょっと気分も良くなったので、今日も頑張ってきまっす★

皆様も、
いってらっしゃい!
2005/08/22 Mon
Gateway Studio
『今日できることを、明日に延ばすな』

いま我がPure VoXは、もっぱらレコーディング中なわけです。

今日も横浜のスタジオでレックだったのですが、
モチベーションの問題か、全体のサウンドが上手くまとまらず、
来週まで延期になりました。

まずは各自で確認ということになったので、
来週こそイイものが録れるよう、また一週間、
僕の出来ることを、頑張らねばっ!

今のメンバーになってからは初めてのレックですから、
妥協して作ってもしょうがないですもんね!

ということで、皆様にお聞かせ出来るまでには、
まだまだ時間がかかりそうですが、しばしお待ちを…☆★
2005/08/21 Sun
大江戸温泉物語
昨日は海に入ったっきり、シャワーも浴びていなかったので、
帰りに温泉につかろうという話になりました。

丁度、お台場を通りかかったので、
これはもう、以前にゆりかもめの上から見かけた、
大江戸温泉物語」に行くしかありません。

その時点で夜も22時を回っていたというのに、
物凄い人です。大人気!

料金が、駐車場1000円、入館料1987円と高いのでひるみましたが、
せっかく来たのだからと、腹をくくりました。

まず18種類ある浴衣の中から好きなのを選んで入ります。
僕は遠山の金さん柄を選びましたが、帯も選べるのが嬉しいです。
それだけ、人とかぶる可能性が減りますからね。

館内では、何と自動販売機も含めて、
ほとんど入館時に渡されるリストバンドで買い物が出来、
退館時に一括精算出来るシステムなので、
財布を持ち歩かなくて済みます。
とても便利!頭いいなぁ、考えた人!

ちなみに、タオルも無料貸し出ししてくれるので、
この温泉、まったく手ぶらで行けます。

足湯の場所では、浴衣を着たまま楽しめるので、
男女のデートでも最高ですね!
お風呂ではどうしても別々になってしまいますから。
この辺も、お台場らしい作り方です。

足湯は、石が敷き詰められていてその上を歩きます。
足つぼマッサージという触れ込みですが、とんでもない!
あまりにも痛すぎて、ありゃ、修行ですよ・・・。

温泉は、勿論、サウナ・露天完備!
全体的にカルキ(塩素)臭いのが気になりますが、
さすが天然温泉!
あがった後はつるすべの肌になります。

お風呂の他にも、縁日のようなお祭りスペースや食事処があり、
寝心地最高のテレビ付きシートで休憩(仮眠?)が出来たりと、
一日楽しめそうな感じです。

結局3時間くらいで出てしまいましたが、
今度は昼間っから、一度行ってみたいです。
2005/08/20 Sat
新舞子
今日は遂に、海で泳いできました!
贅沢にアクアラインを使って千葉は内房、
新舞子海水浴場までドライヴです。

出発が遅かった為、到着した時には既に午後も遅い時間でしたが、
ゆったり泳ぐには、日差しも強くなくて良かったです。

体を焼きたいってことにこだわらなければ、
夏の夕方の海、かなりお勧めです。

新舞子は、透明度が高くて綺麗という触れ込みでしたが、
砂が黒く、この日は風が強く波もあったので、
潜っても何も見えなかったっす。

やっぱり綺麗な海には、白浜くらいまで行かなきゃ、
出会えないですかね・・・。

まぁ、綺麗な夕日を浴びながら、
心配していたクラゲに刺されることもなく、
平和にぷかぷかしてこれたので、良しとしましょう!

帰りには美味しいお寿司も食べて、
温泉にもつかって(別記事参照)、
大満足の一日でした☆
2005/08/19 Fri
cicada
蝉の海を泳ぐ夜
急に動きだす落ちた蝉に
驚いて心臓がとまる

ここにも
ほらあそこにも

泣き声はピークに達し
地下から始まる
彼らの長くて短い一生が終わる

Oh, Gee...
What a life!

夏の夜は濃ゆすぎて
どんな色でも
薄まらない

哭け哭け!
力の限りに
2005/08/18 Thu
Hi-Jack
テレビをつけると、自民党関連の選挙報道ばかりで、ホント自民党のメディア戦略は巧いなぁ、逆に他党はチャンスの筈なのに、それが下手くそだなぁと思ってしまう今朝、おはようございます。

昨日は仕事を早々にあがると、新宿ケントスに向かいました。

新宿ケントスはアルタ近くのLive Barで、Hi-Jackというレギュラーの箱バンドがいて、70年代Disco・Soul中心のナンバーを楽しみながら、飲み食い出来ます。

Hi-Jackさんには、以前、川崎クラブチッタのイベントで演奏して頂いたり、他のイベント打ち上げでお店に遊びに行ったり、大変お世話になりました。

昨夜はリーダーのスーパーヴォーカリスト、修さんこと野村修一さんがお休みで(残念!)、以前お世話になったVo&Tpのヤスさん、超イケメンBassistの倫(リン)さんが長期休業ということで別の方に代わってましたが、名物ギター&ファルセットの川田さんや髭ドラマー本田さん、いつからマジシャン?のぞみさん、セクスィSaxカオリンさんなどは健在で、とても楽しい夜を過ごすことが出来ました。

木曜の夜だというのに店内は混み混みで、しかも皆さんノリノリなので、2ndステージ辺りからは踊るスペースもないほどでした。

EW&FからStevieまで、4本ものホーン隊やキーボードを携えた熟練バンドの一糸乱れぬ迫力の生演奏に身をゆだねながら振り付けを一緒に楽しめば、そこは贅沢な、往年の古き良きDisco…。

ケントス行ったら踊らにゃ損々でっせ!
2005/08/17 Wed
Money Mark
慢性的に睡眠不足でフラフラなこの頃、皆様おはようございます。

昨日は仕事終わりに、渋谷のDUOまでLiveを見に行きました。

マニー・マークという、ビースティーボーイズのキーボードで有名な人。
巷では第4のメンバーと言われてるらしいです。

会場に到着すると、ゲスト出演するとのことで楽しみにしていたトミー・ゲレロのショーは既に終わっていました。(泣)

そんなビッグネームが、まさかしょっぱなにやるなんて…。

今回のGigは、マニーのニューアルバムリリースパーティーだったわけですが、そのフライヤーやインタビューの中で彼自身、語っていたように、

「俺といえばキーボードと思われがちだけど、本当はギターを弾いてる方が楽しいんだよ」

…そんなLiveでした。

お下がりのエレキを与えられ、アンプやディストーションを通してパワーコードを鳴らしたら、もうギターの虜…というLive。

なので、ギターを抱えてブルース・ハープまで使い、ロックガンガンだったわけですが、いかんせん、本人はどこから見てもリーマン親父、ロックスターには見えません。

対して、サポートのギター、ドラム、ベースは若手のイケメンミュージシャン…。

キャラ負けもいいとこで、やっぱりロックは、見た目も大事だなぁと痛感した次第です。

勿論、見た目といってもルックスというよりは、むしろオーラであったり雰囲気であったりだと思うんですが、彼はちょっと地味すぎました。

歌にしても、あの構成なら、若い他のシンガーを持ってきて、自分は裏方に徹していた方が、よほどカッコイかったと思うのですが、まぁ、彼のソロですからね…。

とは言っても、たまにキーボードの前に座った時、それはほんの2~3回しかなかったわけですが、やっぱり光ってましたね。

ちょこちょこっと弾くフレーズに非凡さを感じましたし、その時はやっぱりオーラが出てるんです。

総じて、普通のロックバンドと見れば、リズム隊もしっかりしていたし、タイトな演奏を楽しむことが出来ました。

歌は要らないと思ってしまいましたし、印象に残った曲も特にありませんが、やっぱり生バンドはいいっ!

…という感じです。

★途中ゲストギタリストで登場したトミー・ゲレロ。
クリアな音色で巧くソロを乗せていました。
ちゃんと彼のステージも、見てみたかったナ…。
2005/08/16 Tue
sunset after the rain
夏の夕暮れは美しく
特に雨上がりにはグッとくる

朱色と藍が戦って
色の彩がつらなって
世界中の言葉を探しても
随一の色言葉を持つ僕らでも
言葉に詰まる美しさ

これを表現したくて
これをキミに伝えたくて

でも僕はただ
息を呑むしかなくて

夏の夕暮れ
ただ蝉しぐれ
2005/08/15 Mon
yoga
ずっとヨガに行きたいと思ってまして、それはホットヨガで探していたのですが、かなり先まで予約が埋まっていたりして、断念していました。
ところが、職場の同僚にヨガを最近始めた人がいて、彼の通う所が、ホットヨガではないのですが良さげなので、そこに目星をつけています。

で、今日は練習がお盆で休みだったので、ヨガる絶好のチャンスでした。
しかもしかも、その学校で、今日は初心者コースのレッスンがあったのです!

しかし、寝坊と準備に手間取ったのと、はじめてのヨガに気後れしたことで、
ウチでうだうだしている間に、レッスンに間に合わなくなってしまったのでした・・・。

あぁ、へたれな自分!

何事も、新しいことを始める時って、ドキドキしますよね。

そして先ほど、コメントをつけて頂いた、てぃださんのブログを見ていたら、「恋愛頭脳」ってのがあったので、面白そうなのでやってみました。

僕は恋愛に、「適」していて、恋愛観レベルは「先生」だそうです。
内容は普通でどうってことないって感じでした。
でもこういうのって、やってみると面白いですね!

僕の結果と相性診断できるみたいです。
やってみたい方は、どうぞ・・・。

金持ち頭脳というのもやってみました。
僕の結果は、こちらです。
2005/08/14 Sun
mille-feuille
今日は久しぶりに宅配ピザを注文しました。
ドミノピザのトリプルミルフィーユ・黒カリー

本当は夏のクワトロってのにして、4つの色んな味を楽しみたかったのに、オーダーをミスって、全部、黒カリーに・・・。

パパイヤやズッキーニも入っていて、とても美味しかったのですが、生地の中にチーズが挟み込んであって、それが濃いこと濃いこと。

2切れくらいでお腹一杯になってしまいました。

今のピザって、こういうクワトロタイプな、
色んな味を楽しめるタイプが主流なんですかね。
確かに、同じ味で1枚丸々って、それが普通だけれど、飽きますよね。

ってか、ファッティー!

たまに食べると美味しいけれど、
こんなのを毎日のように食べている、
イタリアンならぬ、ニューヨーカー。

そりゃ、あの体型になりますわな・・・。
セントラルパークを走る前に、食生活を見直したらどうでしょうか。
2005/08/13 Sat
Tokyo-Bay
第18回東京湾大華火祭へ行ってきました。
東京湾は久しぶりです。

主会場である晴海第一会場には、7月に事前に整理券を中央区HPで申込み、
抽選でそれが当たれば入れるのですが、毎年忘れ、
「来年こそは抽選に申し込むぞ!」
と思うのですが、今年もしっかり忘れました・・・。

オークションサイトで、その整理券は5000円前後で飛ぶように売れるので、整理券は中央区民優先の抽選になるらしいですから、なかなかイイ商売です。

今年もオークションを見てみましたが、相変わらずの高値で大人気なので、今回も断念、おとなしく晴海第二会場に陣取ることにしました。

ところが、今年からなのかわかりませんが、規制が非常に厳しくなっていて、何年か前の前回に行った時は、朝会場に行ってシートで場所を取ったら、例えば晴海トリトンなど、近くのファッションビルやお台場まで繰り出して遊び、19時の打ち上げに間に合うように帰ってくれば見られたのが、今年は会場入りの際に紙に署名させられ、それをシートに貼らなくてはなりません。

曰く、
「15時以降に誰もいなかった場合、シートを撤去しても構いません」
と、こんな文言の紙です。

これでは、いつものように場所だけ取ったら遊びに行くパターンは使えません。
主催者側が本当に実行に移すかはわかりませんが、その可能性がある以上、せっかく朝から場所を取っても、行ってみたら撤去されていたではシャレになりませんからね・・・。

しかも晴海第二会場の場合、満員になった後は入場制限がかかり、再入場さえも規制するなどと言ってきました。

随分、厳しくなったものです。

そんなわけで、15時から炎天下の中(曇りがちでしたが)、ひたすら打ち上げまで耐えること2時間半、17時半頃からは結構な雨に降られました。
夕立だからすぐやむだろうと思いきや、降ってはやみ、降ってはやみの断続攻撃、最後はシートにたまった水を掻き出すのもやめてしまいました。

途中、虹が見えたのは思わぬ収穫です。
やっぱり花火大会は体力勝負!
トイレは混むので計画的に我慢、花火が終わった後も帰りの大渋滞と、かなり気合いを入れてかからないと、近くで楽しむことは出来ません。

花火空撮クルージング(東京湾大華火祭)

花火が始まる頃には雨もやみ、恒例の火柱から遂に始まった東京湾!
2箇所からの打ち上げですが、それが近いので、隅田川のように両方見るのがしんどいということはなく、ベストポジションを取れば、本当に見やすいです。

目玉の尺5寸玉は、やっぱり音が違います。
ズシーンとお腹に響く音。
これも近くで花火を楽しむ醍醐味です。

東京湾の良さは、尺5寸玉と、小玉の連発、
火柱で適切に大会を区切って打ち分けをわかりやすくしていること。
でも、毎回やる、ドラえもんやニコマークやミッキーやハートの連発は、形もわからなくなるしゴチャゴチャするし、それぞれの個性が活きなくてやめた方がいいと思うんですよね・・・。
今年もしっかりやってましたが。

綺麗だったのは、赤や白のキラキラしたやつで、長い時間キラキラして消えていく様は、夜空にとても映えてました。
あとは、これって新色?という、あまり見ない色のも綺麗でした。
青と緑の間で、明るく澄んだ色でした。

総じて今回の東京湾も楽しめたのですが、
やっぱり僕的ベストは横浜の、神奈川新聞花火大会ですね!
玉数、種類、打ち分け、打ち上げの順番、場所や周囲の環境・・・。
僕はこれが一番好きなので、今年練習で行けなかったのが残念です。

花火は疲れますが、ホント、いいものですね☆★
2005/08/13 Sat
Performer

遠くから撮ったので、非常に小さくて荒いですが、晴海トリトンでパフォーマンスしていたアメリカンです。

バスドラを右足に、スネアを左足に、クラッシュシンバルを右ひじに連動させ、口元にはマイクとブルースハープを設置、ギターを抱えて手元にはキーボードといった装置を使って、The Beatlesやカーペンターズのナンバーを演奏してました。

演奏自体は普通でしたが、独りで全部同時にやって形にする様は凄いです!

もう15年も日本にいるらしく、日本語ペラペラで、この装置を作るのに1年以上かかったそうです。

そして、前に写っている子供は、お金を入れて…いるのではなく、逆に取ろうと箱の中に執拗に手を伸ばしていて、彼を困らせてました。

彼も、演奏に集中するどころではなかったでしょうね☆
2005/08/12 Fri
Murphy

さっきまで降ってた雨を軽んじて、傘を持たずに出たら
結構濡れてしまった今朝、おはようございます。

お盆とはいえ通勤ラッシュの時間帯、いま乗っている電車が人身事故で止まってしまい、いつ復旧するのか誰もわからず、罵声が飛び交うなか、バスによる振替輸送があるとのことで、僕はそちらに向かいました。

並んで振替輸送券を受け取り、バス停を探していると、電車が急に動きだしました。

復旧したのです。

こないだもそうでした。
総武線が信号機故障で止まり、ずっと動かなかったので、地下鉄に乗り換えようとホームを歩き進んだその瞬間、運転が再開されて、僕の乗っていた電車が行ってしまいました。

かと思えば、先の地震の際は、電車が動きだすまでに何時間もかかりました。

飛び交う怒号と謝罪。
そこが現場ではないから、誰にも詳しい状況、復旧の目処はわかりません。

残るか、別の輸送手段を利用するか、選択の結果は運次第です。

かつて『マーフィーの法則』という本がベストセラーになりましたが、人生の選択って、得てしてそういうものですよね。

★小泉総理が、今までになかった選挙をしようとしています。
やるなら徹底的にやって欲しい!
癒着や馴れあいの関係から、実力が試される選挙へ…。
僕は、クールビズの恩恵も受けているし、確かに郵政民営化よりも優先すべきことはあると思うけれど、彼を応援したいと思う、今日この頃です。
2005/08/11 Thu
TAVERNITI

今日はまた、ジーンズについて書きたいと思います。
TAVERNITI SO JEANSの、"DESTROY 60' WASH"です。

『TAVERNITI SO JEANS』は、イタリア系フランス人のデザイナー、Jimmy Tavernitiが2004年アメリカはLOS ANGELESで立ち上げたブランドです。

日本ではまだまだ無名ですが、肌触りの良い最高級のデニム地を使い、細かいディテールに凝りに凝った、僕の大好きなこだわりジーンズです。

僕は今まで、No Spandex(ポリウレタン混ではない綿100%のノーストレッチ)であること、ボタンフライであることにこだわって選んできましたが、このジーンズは、2%ですがSpandex混でストレッチが入り、且つTALON製のジップアップです。

そもそもこれを買おうと思ったのは、TRUEにしても、ANTIKにしても、ベルトなしでは腰履きならぬ尻履き、それで走ろうものならパンツ全開ってサイズで選んでいたものですから、ベルトなしでも履ける、ワイルドでセクスィなローライズストレートを探してたんです。

TRUEをまた買うのもつまらないし、ノンウォッシュのNUDIE JEANS(スウェーデンのブランドです)や、EARNEST SAWNもカッチョイイと思ったのですが、もう日本でもブランドが浸透してきていて、結構履いてる人いるし、誰も履いてないようなのがいい!と思っていたら、TAVERNITI SOにぶつかったのでした。

TAVERNITI SO JEANS[タヴァニティソージーンズ]VINTAGE 60'SWASH

履き心地は、ストレッチが入っているのでとてもいいですね。
とは言っても、決して入りすぎてはいないので、コットン100%に感触は近く、その点も気に入っています。

ブラストやシェービング加工でヴィンテージ感も出ていて、それでも程良い感じなので、これから履きこむと、また違う表情になりそうです。
股下も長すぎないので、これなら十分切らずに、ロールアップもなく履けそうです。
ANTIKやTRUEは、さすがに長すぎるので、サンダルばかりの夏場は、常にロールアップ状態ですから・・・。

あっ、あとこのジーンズを買うと、必ずドッグタグがついてきます。
このタグがとても良く出来ているので、とにかく手抜きのない職人による製品という意気込みが感じられ、実際に手にすると嬉しいです。
写真でも見られるのですが、小さくて見にくいですね・・・。
アメリカでは、これ(もともとチェーン付きです)をつけたまま履く人もいるみたいですよ。
    ≫ read more
2005/08/10 Wed
20050810091805

皆様、おはようございます。
今日は、くもくももくもく。
昨日届いたばかりの、Ezra Fitch最新シャツを着てきました。

相変わらずの着心地の良さですが、ブルーのストライプばかり増えてしまって、ちょっと後悔です。

Ezraのシャツも、例えば白地に薄いグリーン系の模様だったりイエロー系だったりをさりげなく入れた、爽やかなテイストも出して欲しいのですが、ブルー系ばかりです。

まず首後ろのタグが代わりました。
あと特筆すべきは、アバクロエンブレムとも言うべきムース君(ヘラジカ)が胸ポケットから消え、前まで「Ezra Fitch」の刺繍があった裾の部分に移動しました。

パンツにシャツをたくしこむと、丁度見えなくなる位置です。

見えないオシャレというか、
「おっ!それはアバクロだね?」
みたいなのが無くなりました。

袖(カフス)の形を崩さない為のベルベットテープは残ってますが、襟(カラー)を維持するプレート(抜き差し可能な)はなくなっています。

総じて、これでこの価格なら、日本のシャツを買うよりいいよなぁって、また思ってしまいます。

なのでEzraには、原点に帰って、無地の白シャツで思いきりクールで凝ったやつとか、作って欲しいですね!
    ≫ read more
2005/08/09 Tue
Discovery

野口さんの乗ったスペースシャトル・ディスカバリーが、日本時間21時過ぎ、無事に着陸した。

一度宇宙に出て、宇宙に15日間も滞在して、地球を219回もグルグルしてまた帰ってくるなんて、ちょっと想像も出来ない。

どんだけ頭のいい人たちが、この計画を立て、青写真を描いたのだろう。

しかも、今も国際宇宙ステーションには、ずっと残って住んでる人がいるという。

ロマンだ!
それも圧倒的な!

ともあれ本当に、
お帰りなさい、野口さん♪

このニュース写真があまりにも素敵だったので、
書かずにはいられませんでした。


★で、天気の関係でカリフォルニアに着陸した機体。
次の飛行の為にもフロリダに戻したいわけですが、
なんと飛行機に乗っけて小判鮫のように運ぶらしいです!

超貴重な写真!

ロ、ロマンだ!
2005/08/08 Mon
Monroe

Happy birthday to you...

今日も逗子で練習&レコーディングでした。
海で泳ぐ人達を尻目に、海風に負けないよう発声を頑張り、また日焼けした気がします。

Pure VoXは、アウトドアなグループなのです。

TOMOOとYUSUKEは日焼けしにくく、赤くなっちゃうので可哀想なのですが…。

そして今日は、そんなTOMOOの誕生日でした!

おめでとう、TOMOO!

彼はとても真面目で誠実、博学の情熱家で、メンバー随一の音感の良さを持っています。

ベースマンとしても、PVの屋台骨を担ってくれています。

特に何もしてあげられなかったけれど、いつも一緒に歌えて、僕は幸せです。

本当におめでとう♪

この歳も、TOMOOにとって素敵な歳になりますように☆★
2005/08/07 Sun
20050808104203

パソコンソフト、『はじめてのインドネシア語~初級者~』を買いました。

やっぱり言葉ですから、ただ本を読むよりは、音で聴きたいですよね!

そうすると、CD付きの本か、パソコンソフトでないかなぁと思って探していたら、なんと、ありました!

元はアメリカのソフトみたいですが、他にも色んな言葉のヴァージョンがあって、マニアックな言葉もカバーしてるみたいです。

内容は、基本会話で使うような言葉や、数、時間の読み方など、500の例文を収録しています。

ポイントは、やはり、現地の人の発音を聴けることです。
しかも、男声と女声とそれぞれに2パターン入っているので、その人特有の癖とかも中和され、標準的な発音で聴くことが出来ます。

ナチュラルスピードで聴けるので、リエゾン(単語と単語がつながって聴こえること)の仕方もイメージすることが出来ます。

外国語会話を勉強する時は、日本語にない発音やリエゾンに強くなることが鍵ですから、これは大きいですね。

基本の言葉を勉強したら、ゲームをしながら知識を定着させることが出来るのも、パソコンならではの楽しみ方です。

あくまで初級者用なので、深くは突っ込んでないですし、本と違って解説も不親切ですが、実践して覚えろって欧米人らしい大雑把な作り方、僕は好きですね。

別にマイクを使えば、自分の発音を録音して聴いたり、ネイティブとの比較をしたりということが簡単に出来るようです。

まだ試してないですが、それもやってみよう!

大型量販店にて、3800円くらいで買えます。

お勧めですよ!
2005/08/06 Sat
moon

今日は、朝から早起きして、上野の国立西洋美術館に行ってきました。

ドレスデン国立美術館展―世界の鏡

ドイツ極東の地ドレスデンに居城を構えたザクセン選帝侯のコレクションが展示されています。

ドイツの画家の絵が中心なのかと思ったら、そうではなく、むしろトルコ、イタリア、フランス、中国や日本、オランダの作品を中心とする展開で見せて、最後にその結実たるドイツ・ロマン主義で締めるという構成でした。

入るといきなり、金色に輝く、巨大な集光鏡が現れ、他にも地球儀やら測量器具やらオスマントルコ軍の鎖かたびらやら、なにやらかにやら、博物館に来たのかと思ってしまいます。

途中、最初レンブラントの絵として購入され、その後はレンブラントの弟子の作品とみなされて日陰に放置されていたというフェルメールの『窓辺で手紙を読む若い女』や、こちらは本物レンブラントの『ガニュメデスの誘拐』などの大作もありますが、僕的な山場は、ヨーロッパで初めて磁器製作に成功した、いわゆるマイセン磁器のコレクションでした。

最初は中国や日本の単なるコピーだったものが、徐々にオリジナリティを確立していく過程が、とても興味深かったです。

あとは、最後のドイツ・ロマン派、フリードリヒの『月を眺める二人の男(写真の絵です)』、
及びダールの『満月のドレスデン』。

各国文化の奔流の中で、自らを見つめ、昇華させていく。

この絵たちがあるからこそ、この美術展には意味がある…。

僕はそう思いました。

★『ドレスデン国立美術館展―世界の鏡』
上野は国立西洋美術館にて、9月19日まで。

★この美術展に限らず、こうした美術展では、
音声ガイドを借りることをお勧めします。
たった500円で、何倍も美術展を楽しむことが出来ます。
当時の音楽などを聴きつつ見る絵は、最高ですよ♪
2005/08/05 Fri
Q.T.Honey

仕事を終えると、うだるような暑さの中、
今日も多作に行ってきました。

本当にヤバかった!

一昨日いったばかりなのに、こんなに日をあけずに行ったのは、
今日、Queen's Tears HoneyのLiveがあったからです。

Queen's Tears Honey、略してQ.T.Honeyは、アカペラ界で絶大な人気を誇る神戸のアカペラグループで、女の子ばかりの6人です。

ずっと前に、僕がまだアカペラを初めて間もない頃、インターネットも今ほど普及していなかった時代に、アカペラ関連のHPで、初めて彼女たちのオリジナル『暗闇坂』という曲を、サビの部分だけだったと思いますが試聴して、僕は衝撃を受けました。
あまりの素晴らしさに・・・。

それ以来、見たい見たい、いつか見るのだと思い続け、ようやく今日、この目で見ることが、聴くことが出来ました。

実際に見る彼女たちは、写真よりも、みんな可愛らしくて、ファッションもキマッていて、それぞれのキャラも立って、関西系だけに、トークやかけあいも抜群に面白く、驚くことにダンスや振り付けもおてのもの、抜群に上手いのでした。

そして何よりも、歌が最高です。

女の子だけなのに、ホントWonderful!
リーダーであるベースのHANAさんは、安定した深い響きと正確なトーンで曲調にあったリズムを刻みつつ、コーラスの根っこを支えます。
ウチのメンバーTOMOOからも噂は聞いてましたが、その女性とは思えないベースっぷりは見事!

リードヴォーカルのMalwさんの歌声は力強く、あれだけの歌唱力を持っていて、且つステージで華のある歌い手は、なかなかいないと思います。
彼女の歌う『暗闇坂』も、ようやく生で聴くことが出来ました。
やっと聴けた!感動!素晴らしかった!

でも、何より際だっていたのは、アルトのtaraBさん。
今月の10日をもって、Q.T.Honeyを脱退するそうです。

惜しい!惜しすぎる!!

Malwさんも素敵なのですが、taraBさんの歌の方が、僕にはグッと伝わってくるものがありました。

どの曲を歌ってもMalwさん色であるMalwさんに比べ、taraBさんは、曲によって時に強く、時にしなやかで繊細に、その表情を変えていました。
それは意図的ではなく、内から溢れ出る彼女の感性であり、言葉が、メロディーが、命を吹き込まれた歌となって、暖かく聞き手に届きます。

彼女の歌は、とてもキラキラしていました。
オリジナルの『小さな海』は、絶品でした。

明日も吉祥寺の曼陀羅でワンマンライヴをするそうなので、taraBのいるQ.T.Honeyを聴きたい方は、是非、足を運んでみてください。

替わって加入する新メンバーのten-tenさんも、その実力はわかりませんが、彼女の後ではプレッシャーでしょうね・・・。

とにもかくにも、
僕はアカペラの可能性を、過小評価していたかもしれない。

そう思わせてくれる、素敵なグループです。